テーマ:映画コラムその他

斎藤もすけ

斎藤もすけと申します。 以後お見知りおきを。 頭の固い飼い主がいつもご迷惑をお掛けして申し訳ございません。 よく注意しておきますので、ご容赦くださいませ。 ************ 飼い主です。 何の変哲もないオス猫です。 いつも機嫌の悪そうな顔…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

コラム「『ローラーボール』(1975)は駄作か、または映画における社会性の価値について」

 昨年10月初旬に「華麗なる賭け」の映画評を書き、監督であるノーマン・ジュイスンを紹介する時に「ローラーボール」を駄作と理由なしに断じた。それから1ヶ月ほどして<でたらめを言っては困る>だったか、それこそ出鱈目なハンドルネームの主から誹謗中傷的コメントが届く。  その主旨は「オリジナルの『ローラーボール』には深い社会性があって、そ…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

本ブログの読み方(1)・・・採点について

(1)としましたが(2)以降があるかどうかは分りません。 さて、本ブログを訪れる方の中には、僕がどういう基準で採点を付けているかお知りになりたい方もいらっしゃるでしょうから、簡単に説明致します。 僕が映画を本格的に観始めてはや40年近い月日が流れていますが、採点付の映画評を書き始めてからでも30年になろうとしております。 …
トラックバック:2
コメント:17

続きを読むread more

2006年私的ベスト10発表~または1年遅れのベスト10~

群馬の山奥に住み、体調も万全とは行かず、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、私の2006年私的ベスト10は皆様の2005年にほぼ相当する計算でございます。初鑑賞なら何でも入れてしまうので、時々古い作品も入ったりします。 因みに2006年の鑑賞本数はほぼ例年並の431本、再鑑賞作品はブログ記事の関係で倍増して123本。つまり…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

法廷映画ベスト・セレクション20+α

映画記事1000稿記念には何が良いかと考えておりました。大好きな映画をピックアップするのも良いだろうが、企画物がよりふさわしいかと思い、本館で止まっている<ジャンル別ベスト>をここでやってしまうことにした次第。しかし、これが映画評数稿分に相当する難作業なのであります。 ということで、今回取り上げますのが裁判映画もしくは法廷ものです…
トラックバック:3
コメント:17

続きを読むread more

【映画でカウントダウン】バトン

ご指名に与りませんでしたが、誰からともなく引き継ぎました。敢えて言えば、日ごろお世話になっている【映画と暮らす、日々に暮らす】のviva jiji姐さんからもぎ取ったと言うか。 ルールは次の通り。 1、10から1までのそれぞれの数字に関連する映画で カウント・ダウンしてください。 2、映画のタイトル(原題でも可)…
トラックバック:5
コメント:16

続きを読むread more

コラム「アルトマンかオルトマンか-人名表記について-」

 僕が人名に拘る最も大きな理由は、自分の名前が他人から正しく呼ばれたことがこれまで一度もないということである。これほど不愉快なことはない。  都合が良いこともある。間違った呼び方で勧誘の電話がかかってくる。一言「そんな人はいない」で切ってしまえるのだ。  さて、僕のブログでの人名表記が些か違うのにお気づきの方もあろうかと思い、そ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ただいま開店、レンタル屋さん!バトン

私がいつもお邪魔しているviva jijiさんの「映画と暮らす、日々に暮らす」から、 面白そうなので、勝手にバトンを引き継いで来ました。 ------ あなたは明日いきなりレンタルビデオ店を オープンしなければならなくなった。 と、とにかく今すぐタイトルを揃えなきゃ! せめて五十音につき1本ずつは揃えなきゃカ…
トラックバック:10
コメント:31

続きを読むread more