映画評「過去を逃れて」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1947年アメリカ映画 監督ジャック・ターナー
ネタバレあり

日本では劇場未公開に終った有名なフィルム・ノワールで、監督はジャック・ターナーことジャック・トゥルヌール。
 ターナーは代表作たる本作や「キャット・ピープル」(1942年)が日本ではお蔵入り(TV放映とビデオ化あり)した、ある意味不遇の監督だが、輸入映画は決して少なくない。僕が見たのはつまらない映画ばかりですがね。

カリフォルニアの田舎町ブリッジポートでガソリン・スタンドを営むロバート・ミッチャムの前に、ニューヨークの私立探偵時代に関わった暗黒街系実業家カーク・ダグラスの片腕ポール・ヴァレンタインが現れ、ボスのいるタホ(湖)に来いと告げる。彼はそこへ連れて行ってくれる(行きは彼自身が運転)現在の恋人ヴァージニア・ヒューストンに、自分が逃げる羽目になった推移を告白する。
 5年以上前のこと、ダグラスを撃って40000ドルを持ち逃げした彼の女ジェーン・グリアを探すよう依頼された彼は、アカプルコで彼女を発見するが、その魅力に参って二人で逃避行を決行、サンフランシスコで暮らすが、相棒スティーヴ・ブロディに発見される。女は談判中にブロディを撃って40000ドルと記載された通帳を残して消える。
 話が終わって現在に戻り、タホに着いた彼はダグラスのそばにジェーンがいるのに呆れるが、脱税の証拠となる書類を彼の共同経営者から取り返す仕事を依頼される。

ここから映画は暫しかなりややこしくなる。というのも、彼が交渉する弁護士の秘書ロンダ・フレミングがジェーン・グリアにタイプが近かったり、ダグラスもジェーンも夫々別々に彼を罠に嵌めようとしているらしく見えたりするからで、余程集中しないと話が把握できない。しかし、これを主人公の知力と行動力を見せる為のギミックと考えれば、100%理解できなくても大勢に影響がないような気がする。

ミッチャムの雇用人の聾唖少年が絡んで、ヴァレンタインがタホ湖で墜落死する前後の脈絡が、幾つかシーンが省かれているかと想像したくなるくらい、解りにくい。見直せば解るかもしれないが、現状ではそのままに留めたい。いずれにしても、脚本に若干の問題があると思われる(ビデオで出回っていた不完全版はもっと解りにくかったらしい、当然ではあります)。

ミッチャムの発言を信じたダグラスに追い詰められたジェーンは彼を殺し、ブロディ殺しの犯人にさせられていたミッチャムは一緒に逃亡するふりをして彼女を警察に引き渡そうとする。彼女が怒って運転中の彼を撃つと警官が彼女を撃ち、車は大破、二人共死ぬ。彼の葬儀を終え、ヴァージニアは聾唖少年に彼が女と一緒に逃げようとしたのか尋ねると、少年は首を縦に振る。

この幕切れは、少年がGSの看板に記された主人公の名前に手を振るところが味となって実に気が利いている。個人的にはここが一番気に入った。少年がヴァージニアの幸福を考えた生前のミッチャムの思いを忖度し実行しているとこの動作で判るからである。

カメラワークを楽しむにはターナーの演出力は少し足りないが、ムード醸成は十分以上。基本的には俳優を楽しむ作品で、ミッチャムとジェーン・グリアが断然魅力的。

悪女よければ全て良し、という映画界の諺があるとかないとか。

"映画評「過去を逃れて」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント