映画評「ガラスの城の約束」

☆☆★(5点/10点満点中)
2018年アメリカ映画 監督デスティン・ダニエル・クレットン
ネタバレあり

一家を挙げてヒッピー生活を続け、学校に行かせない子供達には夫婦が勉強を教えるという家族の絆について描いた「はじまりへの旅」(2016年)というアメリカ映画に結構似ている。

こちらの夫婦は、理系の父親レックス(ウッディー・ハレルスン)がガラス張りの家(城と称す)を作るという変な夢を持つ変人で、アメリカ各地を夜逃げ同様に転々、夢が上手く達成できない忸怩たる思いからかアル中。母親ローズマリー(ナオミ・ワッツ)は絵描きを気取って碌に家事もしない。
 子供たちは完全に嫌い切れないものの、年頃になるとまともに育児する気もない親たちから離れようと貯金をし始める。

こうしてニューヨークへ出て今やコラムニストとして名を成し始めた美人の次女ジャネット(ブリー・ラースン)が結婚することを報告する為(それを歓迎してくれそうもない)父親に会う前に、色々と回想するわけで、現在進行形で彼女の現在の心境を描く狭間に大火傷を負った幼女時代から大学時代までの過去が紹介されるという体裁。
 とは言っても、実際には7割くらいを過去が占める。というのも、本作がジャネット・ウォールズなる女性コラムニストの風変わりな経験を映画化したものだからである。

こういう形式の作品の定石通り、終盤近くになって過去が現在に追いついて、やがて失意で瀕死の床に就く父親を見舞い、やがて姉弟(年齢順に長女、ジャネット、長男、三女)で自分に正直で夢多き父親を偲ぶ。

現在の先進国社会では大問題となるネグレクトという虐待をし続ける夫婦で、母親は幼いジャネットに料理をさせて大火傷を負わせ、父親は次女の脱出資金を酒に使い果たしてしまうなど、ひどい人たちである。微笑ましいと言いたくなるところすら殆どないが、父親は大学に進学したジャネットの学業資金が尽きようとすると、ポーカーで稼いでくるなど人並みの情けは持っていて、最終的には子供たちには憎めない親に見えるのだから、本作には、絆の持てない親子は例外ではないか、と教えてくれるようなところがあるような気がする。先日の「ワイルドライフ」同様にこの映画でも、御しがたい親たちを子供が親らしくさせるところがありはしないだろうか。

本作はかなり特殊の家族を描いているが、特殊なお話のうちに家族の絆を抽出して普遍性に昇華させる。本作の価値はそこに尽きると思うが、一回観た限りにおいて過去の現在の往来のさせ方が強引で気に入らない。もう少しマッチカットを使う(現在から過去に移動する場合はこれを使うと非常にスムーズ)などしてシフトを自然に見せたら良かったと思う。少し古い映画観かもしれないですがね。

こういう家族を描くアメリカ映画がたまに出て来るところを見ると、かの国にはこうした家庭が一定程度あるということが伺われる。勉強になりますな。

"映画評「ガラスの城の約束」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント