映画評「クリスタル殺人事件」

☆☆★(5点/10点満点中)
1980年イギリス映画 監督ガイ・ハミルトン
ネタバレあり

アガサ・クリスティーのミス・マープルものの映画化で、40年ほど前に映画館で観た、但し二番館(名画座)で。
 この映画を再鑑賞する前提で、原作に当たるクリスティーの小説「鏡は横にひび割れて」を読み、読了後早速数年前にNHK-BSで録画したハイビジョン版で観てみた。その意味で画面は文句なし。

舞台は1950年代前半の英国で、戦前の名女優が復活をかけた映画に関係する催し物の最中に一人の健康的な女性が突然亡くなる。刑事の外に素人探偵ミス・マープルも事件解決に頭を働かす。というのがごく大まかなアウトライン。

さて、原作と比較して、脚本家が映画化に当たってどう改変しているかチェックするのは映画研究の上で非常に役に立つ。結論を先に言うと、主題が違う。主題の微妙な変更と時間短縮の為(長い小説ではないが、原作通りに作ると多分2時間半くらいは必要になる)全般的に随分効率化が図られている。
 例えば、原作では、外出中に足を負傷したミス・マープル(アンジェラ・ランズベリー)を助けるのは後に催し物の最中に最初に毒殺されることになる中年女性だが、映画版では、映画撮影関係の催し物の会場においてミス・マープルが怪我をする。被害者とは全く関係しない。ここで既に医者も出て来ている。
 あるいは、刑事(エドワード・フォックス)を彼女の甥とし(小説では登場しないが甥は別に存在する。しかし、刑事は確かに彼女を叔母のように尊敬している)、証言者の話を一緒に聞く場面まである。小説では刑事が聞いた話をミス・マープルに伝えたり、その逆もあって、考え方によっては小説の展開はまだるっこいので、効率を云々する上では最適な場面である。

その代わり、小説には全くない、教会で牧師が見せるミステリー映画が途中で上映できなくなり、彼女が明晰な頭脳を発揮する場面が冒頭に置かれている。マーブルをよく知る観客には全く意味のない場面であるが、知らない人には彼女の紹介編として機能する。

小説では監督と名女優が買い取り模様替えした町の屋敷を披露する催し物だったのが、映画では映画撮影に関する催し物に変えられている。それは彼女マリーナ・ラッド(エリザベス・テイラー)とライバルである同世代のベテラン女優ローラ・ブルースター(キム・ノヴァク)とで火花を散らせる為の映画の作戦だ。小説では、かつて二人は全く出て来ない前夫を巡って争ったことはあるが現在ではその不和は解消している。映画では前夫ではなくマリーナの現在の夫である監督ジェイスン(ロック・ハドスン)が不和の原因で、小説では旧作扱いの「スコットランドのメアリー」が、撮影する映画となっている。
 これは、ローラとその夫である製作者(トニー・カーティス)が犯人ではないかと安易なミスリードをさせるのが目的なのだが、ここがこの脚色の一番の失敗で、二女優の仲違いをあれほど大袈裟に描きながら、いつの間にかこの夫婦(小説では他人)はどうでも良い扱いになってしまう。自ら仕掛けた罠を自ら放棄している。
 監督の秘書(ジェラルディン・チャップリン)の扱いもまずい。あれほど動き回るのをカメラが捉えたら、本格ミステリーでは犯人ではないと自ら告げているようなもの。

ミステリーとしては更に問題があり、被害者が殺されるのは彼女自身の発言に要因があったからなのに、それをミス・マープルが解明するところで初めて出して来る。本格ミステリーであるにもかかわらず、観客にも推理させるという目的が脚本家に全くなかったと思うしかない。

映画は女優の一生がテーマで、小説は女優もナイーブな女性であるというのがテーマ。似ているようだが全く違う。映画版は、脚本家がエリザベス・テイラーを念頭に当て書きしたような感じ。
 地味なミス・マープルものということもあり、ガイ・ハミルトン監督のクリスティーものでは「地中海殺人事件」のほうが大分上出来である。但し、この脚本ではこれ以上は無理でありましょう。

因みに、本作の撮影の一部(多分スタジオの部分)は、現在僕が延々とCD化を図っているビートルズの「ゲット・バック・セッション」前半が行われたツィッケナム撮影所(後半はアップル・スタジオ)が使われている。エンディング・ロールで名前が目に入ったので、一応書いてみた。

意味不明の邦題の典型じゃね。

"映画評「クリスタル殺人事件」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント