映画評「渚にて」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1959年アメリカ映画 監督スタンリー・クレイマー
ネタバレあり

キューバ危機の前、冷戦がピークに達した頃に作られた反核SFで、初めて観たのは1970年代中学生か高校生の頃。徹底して静かであるが故に怖く、極めて強い印象を残した。二回目は多分今世紀に入ってブログを始める前に衛星放送による完全版で観たと思う。今回は図書館から借りたDVDでの鑑賞。

製作5年後の1964年が舞台だから当時としては近未来。お話は既に第3次世界大戦で核兵器合戦により北半球が全滅した後から始まる。恐らく米ソ以外の国の大半は核兵器による直接死ではなく、原爆症による死と考えられる(追記:コバルト爆弾とのこと)。
 グレゴリー・ペックが艦長と務める米国原子力潜水艦が潜航中に帰るべき母国が廃墟になった為、依然放射能に汚染されていないオーストラリアに寄港する。乗組員の大尉アンソニー・パーキンズにとっては祖国で、妻ドナ・アンダースンとの間に子供が生まれたばかり。ペックは、パーキンズや潜水艦関係者の科学者フレッド・アステアらの招待で、市井で暫しの休憩を取る。その中に孤独な美人エヴァ・ガードナーがいて昵懇になっていくが、亡くなった妻子を慮って深い関係にはなれない。
 潜水艦が捉える不思議な交信を追ってペックらはサンフランシスコに向かう。そこの水力発電所が発信源で、その意味を探る為である。しかし、厳重な装備で上陸した乗組員がそこで見たのは、カーテンの紐とコーラの瓶と風による合作に過ぎない。
 彼らは帰還する頃にはオーストラリアも既に死の灰がやって来ており、人々は最期にあたってそれぞれの覚悟をしていく。

本格的に核戦争が起きれば、この映画(原作は直前に発表されたネヴィル・シュートの小説)が描いたようなことが起こるかもしれないが、個別的な核兵器合戦では人類滅亡までには至らず、SFアクションなどが描く荒廃した世界のほうが近いであろう。しかし、あれらの映画の描く荒廃ぶりも些か極端とは思う。

いずれにしても、この映画が描く立場と違って、核兵器は強力であればあるほど抑止力は高くなり(「ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに」で述べたように技術的理由による発射は別問題)、下手に小型の核兵器など作ればそのほうが世界にとっては危機であると僕は考える。そうではあっても、この映画の価値は小さいなどとは全く思わない。

作者は(現在の分析では、ここで起こる現象は実際以上に過剰と思うが)放射能の恐怖を扱ったわけで、核というものは原発を含めて人間の御せるものでないという、我々が東日本大震災を通じてよく知るに至った事実と重なる。

長いとか退屈という人がいるが、想像力の欠如による退屈感であろう。それどころか、多くの上映時間を割く、登場人物の最後の静かな日常の描写群は、大変な感銘を生む。彼らの生活が平凡であればあるほど、この状況下においては、強い意味を呈する。特に三組の男女、ペックとエヴァ、パーキンズ夫妻、提督と秘書の最後は余りに美しく、じーんとさせられてしまう。今世紀に入って盛んに作られた終末論映画と重なるところもあるが、そういう宗教や哲学ではなく、もっと人間的なレベルで語ったところが胸に迫るのである。

製作者上がりに余り成功した監督はいないが、スタンリー・クレイマーは良い作品を色々と作り、その中でも本作は白眉。

保守には国家を個人より重んじる全体主義故に経済を理由とする原発維持・推進派が多いが、IMFの研究結果によると、日本の技術力であれば、原発から再生可能エネルギーに大幅に転換すれば、しない場合と比較して、GDPが毎年数兆円増えていくらしい。この報告が正しければ、原発推進派は意に反して日本に経済損失をもたらすことになる。現時点では断言しないけれど、世界経済の安定と成長にしか興味がないIMFが言うことだから傾聴すべきものがある。

"映画評「渚にて」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント