映画評「マイ・ブックショップ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2017年イギリス=スペイン=ドイツ合作映画 監督イザベル・コイシェ
ネタバレあり

監督はスペインのイザベル・コイシェであり、純粋な英国映画ではないが、英国を舞台に英国人らしい俳優が出て来ると、英国映画そのものになってしまう。ペネロピ・フィッツジェラルドという女流作家のブッカー賞受賞作の映画化で、ビター・エンドなから実に味わい深い作品・・・と大いに気に入った。棺桶に片足を突っ込んだ爺の僕にふさわしい。

1943年に戦死で夫を失った未亡人エミリー・モーティマーが、1959年本好きが高じて一念発起、使わずにおかれている古い家を買い取って高品位の書店を開店する。お手伝いとして12歳くらいの少女オナー・ニーフシーを彼女の空き時間に雇う。敷地から一向に出て来ないが読書が趣味と言われる古屋敷の老人ビル・ナイの眼力に頼って評判の「ロリータ」が良い本かどうか(道徳家の言う良書の意味ではない)意見を伺ううちに、孤高の二人は意気の通ずるものを覚える。
 ところが、古い家を芸術センターにしたがっている実権を持つ初老婦人パトリシア・クラークスンは、所期の目的を達成しようと、混雑を理由に裁判にしようとしたり、手伝いの少女を法律の名で排除させたり、遂には価値のある古い家は行政府が強制収用できるという法律を作らせる。その前にパトリシアを翻意させようと、ナイ老は滅多に離れない屋敷を出て、彼女と談判するがにべもない態度を取られ、激昂した結果帰らぬ人となってしまう。
 かくして不自然な法律が実際に適用され、エミリーは土地を離れる。エミリーと店がお気に入りだったオナーは彼女にいつか読めと薦められた本を持ち出すと、家に火を放つ。

ビター・エンドだが、ある意味痛快である。苦い味だが、悪い後味ではない。このお話を無理筋にハッピー・エンドにしたらそれこそ何にも残らないし、寧ろ心ある観客にとっては後味の悪い作品になってしまう。後味を安易に語るなかれ。

権力者の横暴にヒロインは形としては敗れるが、彼女は人との交流を避けて来た老人という信ずるべき人を得、彼もまた亡くなる前に信ずるべき人を得る。それだけの価値が本にはあり、世知辛い世の中にあって僅かにでも希望が持てたことは彼女の人生の糧になったはずである。
 それから半世紀近く経ち、初老になった少女は、読書が嫌いだったのに、エミリーと同じように素敵な書店の店主となる。

英国一地方の風景が湛える厳しさに似た酷烈なお話ながら、行間に心温まるものがある。コイシェは元来好きな監督だが、これは彼女の中でも上位に入れたい作品だ。

ディケンズの精神ここにあり。

" 映画評「マイ・ブックショップ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント