映画評「リオ・ブラボー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1959年アメリカ映画 監督ハワード・ホークス
ネタバレあり

何回も引き合いに出しているのにアップしていない作品の代表格「十二人の怒れる男」は先日遂に上げた。これもそれに次ぐ作品で、どういうわけか、二回目の鑑賞は映画館であった(1980年頃)。Allcinemaで調べる限りはリバイバルはされていないのだが。その後一度観ていると思うので、今回が4回目になるだろう。しかし、久しぶりではござる。

メキシコ国境に近いテキサスの小さな町。酔いどれのディーン・マーティンを揶揄ったクロード・エイキンズが一悶着の末に丸腰の男性を殺害、この出入りに関わった保安官ジョン・ウェインが逮捕して詰所(留置所)に留め置く。
 エイキンズの兄の大牧場主ジョン・ラッセルが弟を移送させまいと町を封鎖した為、保安官はマーシャル(=連邦保安官)の到着を待つことにするが、その間にも、保安官に協力しようという旧友ウォード・ボンドが殺されるなど、エイキンズを解放しろという圧力がかかる。実際ウェインや助手に加わった元部下マーティンも襲われ、結果的にマーティンを拉致され、エイキンズとの交換を要求される。
 かくして保安官は窮地に追い込まれるが、ボスを殺されたボンドの若い子分リッキー・ネルスンや詰所で頑張っている足の悪い老人ウォルター・ブレナンの力を借りて、反撃を試みる。

というお話だが、ハワード・ホークス監督は極めて安定したリズムでお話を進め、場面転換の呼吸も良く、物凄いスピードで見せるわけではないが小気味いい。

総じて静の後の動という構成が鮮やか。その代表は、ウェインとネルソンが敵と見つめ合ったままじっと相手の動向を伺う最中、ウェインにすっかり惚れ込んでしまう元踊り子アンジー・ディキンスンが花瓶を投げて窓ガラスを割り、そちらに向いた敵側三人をウェインとネルスンが撃つという場面。ここでネルスンが一人を撃つと同時にライフルをウェインに渡して更に彼と共に一発ずつ撃ち込んで三人を仕留める、という離れ業に魅了されるのである。
 他方、マーティンは酔いどれだが、元来拳銃の腕前は超一流で、手綱を射撃で切るという当時としては珍しい離れ業に活躍する。ウェイン一人に見せ場を集中させないのがこの作品の工夫である。

そして、マーティンとネルスンは人気歌手でもあったから、二人が歌って音楽ファンを楽しませる場面がある。余興に過ぎる印象があるも、敵側が相手を威嚇する為に流す“皆殺しの唄”との対照を成す目的が明確なので、無駄とは言い切れない。

終幕のスペクタクルになっている爆弾投入は、後年色々と使われるようになるが、この時点のガンファイター系西部劇では珍しかったと思う。

脚本を書いたリー・ブラケットは本作がお気に入りだったか、或いは内容に不満足だったのか、1966年に同じくホークスとのコンビで「エル・ドラド」という事実上のリメイクを発表している。あちらも悪くない出来。

銃の離れ業、爆弾の使用、「皆殺しの唄」の哀愁漂う曲調。5年後に本格始動するマカロニ・ウェスタンへの影響がありそうな気がします。

"映画評「リオ・ブラボー」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント