映画評「特別な一日」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1977年イタリア映画 監督エットーレ・スコラ
ネタバレあり

エットーレ・スコラの監督としての知名度はこの作品あたりから高まったと記憶する。

1938年5月ヒトラーが伊独協定成立を記念してローマを訪問し、ローマはお祭り騒ぎになる。熱烈なファシスト党員である一家がこぞって式典に参加、6人の子供達の母親ソフィア・ローレンが家に取り残される。
 彼女は、可愛がっている九官鳥が向かいの建物に逃げたので、住人マルチェッロ・マストロヤンニの部屋に入って見事奪還する。彼は同性愛のかどでラジオ局を追われ、相手が既に遠島に付されている為に自殺を図ろうとしていたところだった為、遠回しに彼女(の訪問)に感謝する。
 彼女に何か惹かれるものを覚えた彼が数時間後「三銃士」を届けることを名目に彼女の家を訪れ、コーヒーを飲むなどするうちに、彼女は日頃の抑制的な生活にたまった鬱憤を晴らすように激しい愛情を彼に示す。
 家族の帰宅後、官憲に付き添われてローマを去っていく彼の姿を迎いの建物に確認すると、ベッドに向かう。またいつもの生活に戻るのだ。

構成は演劇的で、僕が相当数読んできた一幕戯曲のような余韻が味わい深く実に素晴らしい。或いはチェーホフの好短編の、苦みと哀しみの交じったような、後味に近い。

と言って、お話だけの映画でもない。
 開巻後ヒトラー訪問の白黒フッテージ映像の後鮮やかなナチスの旗のアップからカメラは移動し続け、ソフィアの家に入っていき、彼女が家族を叩き起こす場面まで続く長回しを筆頭に、随時パンや移動撮影を駆使して登場人物の情感を静かに醸成する技巧ぶりは極めて映画的である。向かい合う建物の構造を生かした見せ方が良い。

十数本の映画で共演した実績のあるソフィア・ローレンとマルチェッロ・マストロヤンニは阿吽の呼吸で演技を繰り広げて絶品。殆どノーメイクと思われるソフィアは濃いメークの彼女より寧ろ好印象、疲れてはいるがまだ女性としての気持ちを持っている中年女性を素敵に演じている。

少し飛びましたが、実は、個人的事情による″ブルーレイ消滅危惧作品”の第5弾。

"映画評「特別な一日」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント