映画評「グリーンブック」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2018年アメリカ映画 監督ピーター・ファレリー
ネタバレあり

2018年度アカデミー賞作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した話題作。

1962年。ニューヨークのクラブで用心棒をしているイタリア系トニー・ヴァレロング(ヴィゴー・モーテンセン)が、クラブ改築で休職に追い込まれ、家計に窮する。
 そこへドクター・シャーリーなる人物(マハーシャラ・アリ)の運転手の仕事を紹介される。医者かと思った相手は黒人のピアニストで、黒人に偏見を持っている彼は雑務もすると聞かされて断るが、何故か彼が気に入った相手は細君(リンダ・カルデリーニ)を説得、結局二か月の予定で黒人差別が跋扈する南部各地を回るツアーに出発する。
 無教養でがさつなトニーは、ソ連でクラシック・ピアノを習った上品な紳士であるドクターとそりが合わない感じで暫く進むが、根が気の良いあんちゃんで、相手の能力にびっくりし、あるいは北部にはない南部独自の差別に次第にドクターに傾いていく。ドクターも彼を色々と指導するうちに憎めない気持ちを抱き、次第に喧嘩友達的な関係になっていく。

30年前に評判になった「ドライビングMissデイジー」を思い出すが、本作では白人の方が運転手ということが捻りになっていようか。同じ白人でも遅れて来た為に他の白人から差別されがちなイタリア系と、才能があっても演奏以外の面では差別される黒人とが、その対照的な性格にもかかわらず、同病相憐れむようなところもあって、友情を育んでいく物語という表現で済ませられる内容だが、特にがさつな白人側の成長物語という側面が重要だと思う。

実話ブームということがあるにしても、今この実話が取り上げられるのは、やはりトランプ大統領の誕生で深刻になりつつある人種・民族間の分断や有色人種に対する差別の問題が意識されてのことであろう。
 この映画を一種のアメリカ万歳映画と見なすのは無理がある。僕はリベラル側からのアメリカ社会への抵抗を示していると理解する。主人公が“俺はドイツ野郎は嫌いだ”というのは、ドイツ系移民の子孫と言われるトランプへの当てこすりかもしれない。
 僕はかつて「硫黄島からの手紙」(2006年)で“種から個を。或いは個から種を判断する危険性”について述べたが、必ずしも相手をよく思っていなかった二人は互いに種から個を判断する過ちに陥らなかった。彼らの成長ぶりに単なる友情を超えた感動性があるわけである。

個人的に一番ぐっと来たのは、大雪のなか北部の(白人)警官が車のパンクを教えてくれる場面。これも警官という属性で決めつけていけないという教訓になっている。南部で警官にひどい目に遭わされた直後だけに、そうでない官憲の存在に触れて僕も感情移入してしまった次第だ。トニーが旅先から出す手紙が異様に洒落ているため真実に気づいていた細君がドクターにお礼を言う幕切れも味わい深い。

兄弟で変てこ映画ばかり作っていたピーター・ファレリーとしてはホームランと言って良い。しかし、彼が変てこ映画のうちに差別の問題を潜ませていた事実を思い出させもするのである。

野村克也死す。テスト生で一旦首になった彼が戦後初の三冠王になったのは凄い。ファレリーも突然目覚めて、謂わばアカデミー賞で三冠を獲った感じでございます。

"映画評「グリーンブック」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント