映画評「007/美しき獲物たち」

☆☆★(5点/10点満点中)
1985年イギリス映画 監督ジョン・グレン
ネタバレあり

シリーズ第14作で、ロジャー・ボンド第7作。これでロジャー・ムーアの007は見納めとなった。監督は3作続けて堅実なジョン・グレン。

ボンドが雪山でソ連が盗んだICチップを探り出す。
 007に限らず、80年代以降のアクション映画のファースト・エピソードは主題と直接関係しないことが多いが、珍しくも本作ではこのICに導かれてお話が進んで行く。

ソ連のチップがフランスの先進企業ゾリン産業製の回路と全く一致していることと掴んだ007は、社長ゾリン(クリストファー・ウォーケン)の持つ競走馬が異様に強いことに不審を抱き、馬を買う振りをして社長に接近、馬がステロイド剤をうち込まれITでコントロールされていることを掴む。ステロイドによる遺伝子技術を開発したのがナチ絡みの老科学者で、知能指数の高いゾリン自身も人工的に生まれた可能性を掴む。
 さらに色々なピンチを切り抜けながら調べていくうちに彼は、ゾリンがシリコン産業を独占しようと人工地震を起こしてシリコンバレーを水没させるという陰謀に辿り着く。

ユア・アイズ・オンリー」にも似て比較的即実的なタッチであるが、同作が大々的な見せ場を長丁場で見せたのとは違って小粒な見せ場を多く連ねていく感じである。
 その中で一番楽しめるのは、007が敵の殺し屋その名もメイ・デイ(グレース・ジョーンズ)をエッフェル塔から追い続け、街を壊しまくる一連のアクション。続くのは、007と石油会社令嬢(タニヤ・ロバーツ)が消防車を乗っ取り、警察との間で繰り広げられるカー・チェースだろうか。

クライマックスは敵基地でのアクション。地下坑道に水が押し寄せるなどスケールは大きいながらも、ショーン・コネリー時代から繰り広げられて来た敵基地パターンの繰り返しで、面白味でパリのアクションに及ばない。

コネリーの初期作品のようなスパイ映画らしさや古典的な冒険映画らしさが復活気味なのは良い。しかし、クライマックスに至るまで地味でしばしば退屈させられる。30年以上前に初めて観た時は面白かったらしく、IMDbでは7点を進呈(勿論当時ネットはなく、後年ノートを見て投票)したが、こうして連続してシリーズを見て来ると、作品の性格が半端でぐっとつまらないのである。

音楽はジョン・バリーで、人気絶頂だったデュラン・デュランと主題歌を共作している。しかし、聴感上は全くデュラン・デュランですな。

ロジャー・ボンドも終わったことだし、今年の007はこれで打ち止めかな。

"映画評「007/美しき獲物たち」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント