映画評「東京暮色」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1957年日本映画 監督・小津安二郎
ネタバレあり

この小津安二郎作品は、前作「早春」(1956年)に続いてまたまた異色作である。とりあえず梗概から始めよう。

銀行のお偉方・笠智衆が帰宅すると、長女・原節子が一人娘を連れて来宅している。大学で講師をしている夫に愛想をつかして出て来、暫く帰らないらしい。夜出歩くことが多くなった次女・有馬稲子も珍しく在宅している。
 次女は同学の田浦正巳の子供を宿し、安くない中絶費用の捻出に奔走している。彼女が浮かぬ顔をしているのはそのせいだが、ある時雀荘の女将・山田五十鈴から親しげに声を掛けられ、妙に自分たち家族に詳しいことを不審に思う。戦前父を捨てて出て行った実母ではないかと疑って姉に問うが、そんなはずはないと答えられる。その答えとは裏腹に長女は首実検に向い、間違いないことを確認する。
 次女は何とか中絶手術を終えるが、姉の行動を知って事実関係を察知、中絶をした罪悪感が元で電車にはねられて帰らぬ人となる。姉はそれを母親が現われたせいと思い糾弾、母親は居る場所がないと感じ、北海道に新天地を見出した現在の夫・中村伸郎と共に青森へ向かう汽車の人となる。

小津には全く珍しい純悲劇である。徹底して暗いトーンの内容をロー・キーの画面が強調する。だから季節は小津らしからぬ冬に設定されている。小津の審美眼にはこのお話に冬以外の季節は受け付けられない。よって「早春」以上の異色作となったのである。

最後に姉は夫の許に帰る。妹の死の原因を知らない(誤解した)まま、しかし、それと関連ある理由で彼女は家に戻って行くのである(後述)。そこが面白い。
 妹が荒れるのには理由がある。母親の愛情を知らない孤独だ。それは父親がいくらカバーしようとしてもしきれない。そして妊娠した。子供を捨てるような、母親の二の舞をしたくないから次女は子供を堕ろす。その直後彼女は姉の娘がよちよちと自分の方に迫ってくるのを見て身を斬られるような罪悪感を覚える。
 この場面がこの映画のハイライトと僕には思える(AllcinemaのG氏によるこの場面への“品のなさ”という言及に唖然とする。品がないどころか、鬼気迫る場面はないか。他の作品へのコメントを見てもG氏はアンチ小津らしいが、それにしてもひねくれすぎている)。
 結局は彼女も子供を捨てたのだ。「子供は持たない。子供を持つなら、子供を大事にする」と母親に捨て台詞を残しつつ、自責の念に堪えられず、彼女は死ぬ。心理映画として実に鮮やかと言わなければならない。

小津マニアに否定的に捉えられた作品だが、それは小津らしさという考えに自縄自縛になった結果であろう。悲劇たる所以は、次女の死だけでなく、家族が次女の死の真の理由を知らず、それが母親が離京する原因となったことである。だから、山田五十鈴が素晴らしい演技を見せる列車の場面は強い悲劇性を漂わす。

姉が夫の許に帰るのは、やはり子供が理由である。娘を父なし子にできないというのだ。小津は片親の不在、特に母親の不在は子供にとって問題だと、恐らくは言うのである。これが核家族化の認識に伴って考える小津の家族観なのであろう。

演出的に注目したのは時計の音。特に、中盤の姉妹と父親が会話する居間、姉妹の部屋、父親の寝室…と場面が変わっても常に聞こえて来る秒針の音が家族の間に漂う緊張感を醸成し、かなり実験的な感じを覚える。

日本における世評以上に優れた作品と思う(IMDbでの評価を見ると頷ける)が、余りの暗さに抵抗がある。

この映画とは余り関係ないが、核家族化を早くも戦前から描いていた一連の小津作品を観ると、昭和の政治家・官僚たちは将来の少子化を予測し対策は取れなかったのか、といつも思う。それどころか、昭和末まで子供を増やさない政策を講じていたというのだからお話にならない。

"映画評「東京暮色」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント