映画評「セルピコ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1973年アメリカ=イタリア合作映画 監督シドニー・ルメット
ネタバレあり

ロードショーで観て以来45年ぶりではないだろうか。純粋なティーンエイジャーだった僕は汚職警官にショックを受けた。パンフレットが出てきたので貼付しておきます。今では全く珍しくなくなった実話もの(当時はそれを売りにはしない)。しかし、ジャンルは【伝記/実話】でなく【刑事/犯罪】にしておきたい。

1960年代初めにニューヨークの警官になったイタリア系のフランク・セルピコ(アル・パチーノ)は、転々と渡り歩いた分署のいずれにおいても同僚たちがギャングたちから賄賂を貰っている現実に失望、彼だけが賄賂を受け取らないので孤立し生命の危険も感じるようになる。上部組織に訴えても隠すのに一生懸命らしいので益々失望、ニューヨーク・タイムズへ告発、やがて公聴会で証言する。

原作はピーター・マーズによるノンフィクションで、お話は1971年に重傷を負ったところから始まり、それを起点とする回想形式(正確には巻き戻し形式)で展開する。

最近権力に頭が上がらない我が国の官僚に情けない思いをしているが、我が国の現在の官僚も、半世紀前のかの国の汚職警官も赴任当初は高い目的意識をもって仕事を始めたと思うが、結局は自分が可愛くなって本来の目的を忘れてしまう。それでも、恐らく十人に一人か百人に一人セルピコのように物凄く正義感の強い人間がいる。二番目の恋人ローリー(バーバラ・イーダ=ヤング)に頭がおかしくなる水を最後に呑む王様の例え話にされても、彼はどうしても自分の信念を変えることが出来ない。その為に彼女にも最初の恋人レスリー(コーネリア・シャープ)にも去られてしまう。悲しいが、真面目で不器用すぎると言われる僕などには実によく理解できる人物像である。

監督は60年代後半から不調に陥ったシドニー・ルメットで、本作で復活した。彼らしくセミ・ドキュメンタリー・タッチで、淀みなく精確に進めて見応え十分。地味だからつまらないと思われるムキもあるが、僕は前回も今回も手に汗を握り、義憤に駆られ、堪能した。

製作からたった2年前に遡るだけだから、所謂“際物”に属する。昨今では“際どいもの”の省略のように使われる言葉だが、本来の意味は、実際の事件をただちに取り上げた文学作品などのこと、である。

画像

"映画評「セルピコ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント