映画評「ハクソー・リッジ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2016年オーストラリア=アメリカ合作映画 監督メル・ギブスン
ネタバレあり

出来栄えに差はあるが、アンジェリーナ・ジョリーの「不屈の男 アンブロークン」と好一対を成す戦争実話である。どちらも、信心深く、それ故に信念を曲げなかった男を主人公にし、構成的にも戦場へ赴く前の時代が丹念に扱われている。本業を俳優とする人の手になる作品いう共通点もある。

第一次大戦で戦争の不毛にすっかりDV男になった父親(ヒューゴー・ウィーヴィング)が優しい母親(レイチェル・グリフィス)を痛めつけるのを見て銃を突きつけるが、結局聖書の十戒のこともあって引き金を引けなかった若者デズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)は真珠湾攻撃を知り従軍、父親との事件を機に銃に一切触れないことを誓っているので、衛生兵を目指す。しかし、基地で指導する上官たちはそれを全く理解せず、色々細工をして除隊に追い込もうと図る。彼が考えも変えず出て行きもしないため、遂には軍事裁判にかけ有罪寸前に追い込むが、父親が大昔の上官である准将にかけ合って書いてもらった手紙のおかげで衛生兵として出征を果たす。

というところで丁度半分。

後半はいよいよ戦場に舞台が移り、怒涛と言って良い戦闘場面が始まる。舞台は沖縄の前田高地(ハクソー・リッヂ)である。
 個人の趣味としては、人体損壊度が激しすぎるのが気になるが、まあ戦争を良いものだと思っている若者にはこれくらい凄惨なものを見せるのが良いのかもしれない。同時に、この目を覆いたくなる描写を“月並み”と評する人がいるのを知ると、余りえげつないものを見過ぎて感覚が麻痺しているように思い、心配になる面もあるのだが。

戦闘場面の迫力としては、紛うことなくトップ・クラス。そんな中で主人公は、単身、切り立つ崖の上で横たわる米兵は勿論日本兵も助けて崖の下に下す八面六臂の活躍をする。戦場で神の意思を見出し、文字通り神がかった活躍をするのである。後半も比較的静かな場面に推移する「アンブロークン」より強烈な印象を残す所以。

一部批判的な意見として、崖を登るための網を日本軍が切らなかったことに疑問が呈されているが、実話だから何かしらの作戦上の理由があったはずで、登ってきた米兵を(一網打尽に・・・網だけに)仕留める自信が日本軍にあったということだろう。登ってこなければ倒せるものも倒せない。

前半のドラマ部分にテクニカル面で不満が残るが、全体としてはメル・ギブスンの殊勲と言える出来栄え。

沖縄が舞台であることを配給会社が示さなかったのは、一部観客が敬遠するのを嫌がったのではないか。本土ナショナリストは、沖縄の人を日本人と思っていないと思う。僕は、政治的にではなく、純民族的に、中国に住む人がみな中国人(漢民族)でないのと同様に、アイヌ人共々日本人と思っていないが、それとは意味が違う。

"映画評「ハクソー・リッジ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント