映画評「ドアーズ/まぼろしの世界」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督トム・ディチロ
ネタバレあり

まだ小学生だったがリアル・タイムでドアーズは知っていた。「ハートに火をつけて」がラジオの洋楽番組でよく流れていた。しかし、ドアーズが好きになったのは「地獄の黙示録」で「ジ・エンド」を聞いてからで、まずベスト・アルバムを買ったらどの曲も格好良いので、結局ジム・モリソンが在籍しているドアーズのオリジナル・アルバムは全て買った。どのアルバムも聴き応え十分で基本的につまらない曲はないが、ビートルズのように詳細まで知りたいと思うほどではない。

現に僕はジム・モリソン(ボーカル)のワンマン・バンドと思っていたが、歌詞は詩人志願のモリソンが殆ど全て担当しているものの、作曲は友人で最初のバンド・メンバーたるレイ・マンザレク(キーボード)が結構担当しているらしい、ことを本作を見て初めて知った。
 基本的に全員の共作になっているパターンが多いので、クレジットを見ても解らない。ビートルズの場合はレノン=マッカートニーとなっていても、メイン・ボーカルを務めている方が大体作っているという方程式があるのとは違う。本当のファンならその辺も解るのだろうが。

4人組にも拘らずベースのいないこの変則バンドでは、マンザレクのキーボード(左手)がベースの代りを務めている。

日本では劇場公開されたこの作品は、TVシリーズ"American Masters"の一つとして2009年にTV放映されていて、マンザレクの力も侮れないものの、文字通り麻薬的な魅力を持ち実質的に人気の支柱だったモリソンがドラッグとアルコールに溺れ、ツアー中の猥褻訴訟など裁判問題を挿入して、自滅に向っていく様子を綴っていく。かなり興味深いドキュメンタリー作品としてロック・ファンは必見と言える。

モリソンがふらふらだった間に発表したどのアルバムも結果的に(少なくとも僕には)良い出来で、特に遺作「L.A.ウーマン」ではバンドはぐっとブルース色を強めモリソンは力強いボーカルを聞かせ、デビュー・アルバム「ハートに火をつけて」と甲乙つけがたい出来映えになっている。因みに、第2作の「まぼろしの世界」も愛聴盤。初心者は「ハートに火をつけて」から聴くのが無難ではないかと思う。

出張先のロサンゼルスで「L.A.ウーマン」がラジオから流れて来た時は感動したなあ。

"映画評「ドアーズ/まぼろしの世界」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント