映画評「シャレード」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1963年アメリカ映画 監督スタンリー・ドーネン
重要なネタバレあり

地上波の不完全版で3回、BS等での完全版で2回ほど観ているオードリー・へプバーン主演の傑作サスペンスである。5、6年前にリメイクを観たが、比較するのが御本家に申し訳ないような出来映えだった。

素晴らしいタイトル・デザインに続いて列車から一人の男性が投げ落とされる夜の場面があり、その直後打って変わって陽光が降り注ぐアルプスの露店で食事をしているオードリーに向けて銃を向ける者あり。「すわっ、一大事」と思っていると子供の水鉄砲と解るという流れからしてご機嫌で、ここで彼女と知り合ったケイリー・グラントが最後までお付き合いすることになる。

アメリカ人の彼女が夫と暮らしているフランスに帰ってみると、家には何もかもなくなっており、離婚しようと思っていた夫が殺されたことを警察から知らされる。ファースト・シーンで殺されたのがその彼である。
 警察が不思議がるほど彼女は夫について何も知らないが、友人と二人でしんみりと葬儀に参列していると、死んでいることを確認するかのように三人の男ネッド・グラス、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディが次々訪れる、という場面の面白さも格別と言うべし。

アメリカ政府の役人ウォルター・マッソーは、彼らが彼女の夫が持っていたと思われる25万ドルを戴きに訪れたことを告げ、最初は味方と思っていたグラント氏も実はこのグループの仲間であるらしい。

新作ならこの辺でストーリーは止めておいた方がよろしいが、50年近く前の旧作につきもう少し書きますと、グラント氏の正体は二転三転し、マッソー氏の正体も判明、終盤にはいよいよオードリーを巡って彼らの対決が誠にサスペンスフルに展開、手に汗を握らせる。

監督をしたスタンリー・ドーネンはミュージカルだけの人かと思ったらこんなおいしい御馳走を作る才能の持ち主でござった。その前の3人の悪漢の殺された方も圧巻で、25万ドルをめぐる謎も序盤からヒントが出されていることが判明する。僕は何度も観ているからすんなり入って来るが、初めてご覧になる方はさすがにそれがヒントだとはお気づきになりますまい。

唯一の難点は、スター・システムのせいでグラント氏とマッソー氏という配役によりどういう結末になるか予想ができてしまうことくらいでしょうか。

いずれにしてもグラントが出ているせいもあってヒッチコック映画に通ずるサスペンスにユーモアを交える面白さがあり、実際ホテルでの一幕など「泥棒成金」を彷彿とする。ヒッチコックは同じ年に傑作「」を作っているが、縁の深いユニヴァーサルの作品なのにこの脚本が自分のところに回って来なかったのが癪に障ったのではないだろうか。

ヘンリー・マンシーニの主題曲もお気に入りで、オードリーの魅力については言わずもがな。

洒落度(シャレード)100点の傑作。

"映画評「シャレード」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント