映画評「イングロリアス・バスターズ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督クェンティン・タランティーノ
ネタバレあり

クェンティン・タランティーノの戦争サスペンス。

画像

1941年ドイツ占領下のフランスの田舎ナンシー、ユダヤ人狩りで名を馳せる親衛隊の大佐クリストフ・ヴァルツがある農家を訪れ、言葉巧みに主人を追い詰めて近隣のユダヤ人一家を床下に隠していることを告白させる。激しい銃撃の中娘のメラニー・ローランがただ一人逃亡に成功する。

というのが第一章と呼ばれる事実上のプロローグで、ここのサスペンスは重量級である。本作のサスペンスは何気ない会話の中にじわっと醸成されるという形のものが多いのだが、この第一章が断然優れている。
 また、最初フランス語で喋っていた二人がヴァルツの提案で英語で話し始める。アメリカ映画にありがちな“何ちゃって外国語”のパロディーなのかと深読みしたら実は床下にいるユダヤ人に聞かせない為の策略であると判明する辺りも優秀。気がつかなかった僕がうっかり者であるという説もある。

画像

続いてはブラッド・ピットがリーダーを務めるアメリカの特殊部隊“イングロリアス・バスターズ”の紹介。彼がインディアンの血を引いているので捕まえたナチスドイツ兵の頭皮を剥ぐという残酷さを発揮するのが興味深い。但し、作り物としても露骨に見せなくもがな。
 もう一つ面白いのは彼の役名がアルド・レインで、低予算のフィルムノワールや戦争映画によく出演した俳優アルド・レイのもじりになっていること。僕の勘ではあるが、B級映画好きのタランティーノだからオマージュと思って間違いない。ドイツ映画の戦前の名優“エミール・ヤニングス”が最終章に少し登場するのにもニヤニヤさせられる。

さて、メラニーが映画館主となって再び登場、孤軍奮闘して英雄になり自分の活躍を描く国威発揚映画「国民の誇り」に主演した軍人ダニエル・ブリュールと知り合いになったことから、彼女の映画館がナチス上層部がこぞって出席するプレミア上映館に選ばれる。それを知った彼女は上映中に映画館に放火して復讐する決意をする。

画像

その一方、“バスターズ”の面々が映画館の爆破計画を相談する為にドイツ軍人に成り済まして酒場で英国の二重スパイであるドイツの有名女優ダイアン・クルーガーと接触することになるが、そこにドイツ兵の一団が陣取っていたことからややこしいことになる。
 ここも言語の問題を交えて、タランティーノらしい駄弁と思わせつつ相手の様子を伺う面白い場面に仕立て上げられている。

かくしてヒトラーまで出席した試写会は一方で映画館側の放火、一方でバスターズの爆破作戦が並行して進行する大サスペンスになるが、ヒヤヒヤできるものの手に汗握るというところまで行かないのは残念でした。

配役陣では、憎たらしい親衛隊軍人を演じたヴァルツが絶品。

純粋な“アメリカ人”がなかなか死なない映画。

"映画評「イングロリアス・バスターズ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント