映画評「レーサー」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1969年アメリカ映画 監督ジェームズ・ゴールドストーン
ネタバレあり

ポール・ニューマン追悼企画第2弾。

僕が前回(最初にして最後に)観た40年近く前、映画界は始まったばかりのニューシネマに湧き、カーアクション・ブームだった。正にその時代を象徴するような作品で、ニューマンが愛妻ジョアン・ウッドワードを妻役に、自らの副業でもあったカ―レーサーを演じているので、虚実が入り混じるような思いをしながら楽しく観たものである。

ストックカー・レースに優勝してご機嫌のニューマンが店の番をしていた離婚女性ジョアンを見染めて結婚、彼女の連れ子リチャード・トーマスとも打ち解けるものの、インディ500開催が迫った頃妻が同じチームのレーサー、ロバート・ワグナーとベッドインしているところを目撃して家を飛び出す。
 そんな状態での予選では調子が上がるわけはないが、義理の息子から多大な信頼を寄せられ気持ちが盛り上がり予選最終日をトップで通過、平均スピードによる16番スタートから大逆転で優勝、ジョアンともやり直す気になる。

「栄光のル・マン」のようなレース映画の要素も十分あるが、眼目はレーサーをテーマにした人生模様で、必ずしも上出来ではないものの、ジョアンがレースでの勝利にしか興味のない夫に寂しさを募らせて不倫に走る心境を上手く演じているし、息子の反応もそれなりにきちんと描き出されている。

とは言え、一番の見どころは臨場感満点のドキュメンタリー・タッチのレース場面で、これはといった作品を残していないジェームズ・ゴールドストーンは時に現在のアクション映画に通ずる短いショットの畳み掛けを使いながらも、見せるべきどころはきっちり見せる。現在の作品が終始細切れでアクションを捉え切らず、観客を欲求不満に陥れるのとは大違いである。

"映画評「レーサー」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント