映画評「ソウ4」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督ダーレン・リン・バウズマン
ネタバレあり

大正時代に人気のあった連続活劇は40年後TVのシリーズ(厳密にはシリアル)に応用されたが、最近は劇場用映画に逆輸入された形でシリーズものが隆盛である。
 しかし、連続活劇やTVと違って長編映画は早くても1年に1回であり、ひどいものになると数年のスパンを置くので記憶も定かでなく困ることがある。今はビデオやDVDといった便利なものが利用できる時代だから(それがシリーズ隆盛の原因でもある)復習してから見れば良いわけだが、我々のような映画マニアにそんな暇はなく、シリーズものは特定ファン向けとならざるを得ない。昔のシリーズは連続性が希薄で単独で観ても十二分に楽しめるように作られていたから何の問題もなかった。

前置きが長くなったが、本作は極限状況におけるゲーム感覚の面白さが評判を呼んだホラー・シリーズの第4作。

前作で死んだジグソウことジョン(トビン・ベル)の死体が解剖される序幕からグロテスクで、いきなり嫌なものを見せられた思いを抱く。CGやコンピューター合成技術のおかげで妙にリアルなのは有難迷惑でござる。

その胃の中から音声再生装置が取り出されジョンの声が再び宣戦布告。行く先々で刑事やFBI捜査官たちが彼の音声に振り回されることになる。恐らく刑事らの場面は解剖より以前のお話で、時系列の違う場面においてさらにフラッシュバックが多用されるので、旧作特に3作目の記憶が薄れていると甚だ解りにくいが、解らなくてもグロと残酷装置のユニークさで売っている部分が目立つ故に大半の観客にとってはその点はどうでも良いことであろう。

グロさはご勘弁願いたいものの、刑事たちがジグソウに操られて彼と同じような加害者的立場を取らざるを得なくなる設定やジョンがジグソウになる過程が紹介されるのが一定の興味となる。さらに、幕切れを含めて第1作に立ち戻った印象を与える部分が多い為に、力尽きた感のあった三作目より幾分か盛り返している印象はある。

ところで、「CUBE」の直接の影響下でこのシリーズ(第一作)が生まれたと思っているが、刑事たちが究極の選択を迫られる場面を見るうちに「セブン」に感化されたところが少なくないような気がしてきた。ただ、道徳論で映画を評価する立場に批判的な僕も、そうした先行作品に比べると、神を気取って残忍な行為を繰り返すジグソウを主人公にした本作には不快な思いを禁じ得ない。

5作目も既に公開待機中。その後もそう当続きそうじゃね。

"映画評「ソウ4」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント