映画評「UDON」

☆☆★(5点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・本広克行
ネタバレあり

映画版二本をCM寸断版にて観ているもののTVを観ない僕にとってTVシリーズ「踊る大捜査線」のスタッフ云々という宣伝文句など馬耳東風であるが、本広克行には前年の「サマータイムマシン・ブルース」が時間SFの傑作だったので割合良い印象を持っている。しかもあの映画のメンバーと大学教授(佐々木蔵之助)が少し出演するおまけ付き。

アメリカでコメディアンとして成功する夢に挫折したユースケ・サンタマリアが故郷の香川県に戻るが、反対を押し切って渡米した為に製麺業の父親・木場勝己とは折り合いが悪い。
 悪友に誘われて入ったタウン誌の売り上げを延ばす為にコラム形式で香川各地の隠れたうどん名店を紹介したところ、全国的なうどんブームが起ってしまう。

という前半部分では、タウン雑誌に加わる前のサンタマリアと編集部員・小西真奈美が山林をうろうろする序盤の長い一幕など殆ど無駄みたいなもので、些かバランスに難があるが、ただの民家のような店を次々と探訪し、伊丹十三の傑作「タンポポ」の如くクロースアップでうどんが捉えられ薀蓄を聞かされるマニュアルものとしての一連の場面はなかなか興味深い。
 映画としての価値はともかく、全県に900軒も店舗があるという讃岐うどん紹介の効果はあるだろう。

後半もこの調子で進むのかと思えばさにあらず。
 盛者必衰の諺の如くブームの終焉でタウン雑誌を廃刊に追い込まれたサンタマリア君の店を継ぐ決意も後の祭、親父さんはその直前に急死してしまう。姉・鈴木京香は四十九日に店を畳む決心をするが、彼はその前に父親のうどんに近づくべく製麺に試行錯誤、何とか学校に届けられる麺が出来たのを確認すると、再び渡米するのである。

後半は全く別のお話になって二本立て興行のような構成の為に居心地の悪さを覚えるが、それ以前に終盤の展開がどうもよく理解できない。結果的に姉夫婦が製麺業を引き継ぐことになったから良いものの、何だか主人公の行動が無責任なように感じられてしまうのである。
 構成的にも、父親の幻影をあれだけ執拗に出しているのだから、「うどん屋」としてのサクセス・ストーリーで終わったほうがお話としてすっきりする。【朝の連続TV小説】みたいな印象になってしまうのは否めないが。

讃岐名物【うどんタクシー】誕生秘話?

"映画評「UDON」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント