映画評「眠狂四郎炎情剣」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1965年日本映画 監督・三隅研次
ネタバレあり

シリーズ第5作の監督は、ご贔屓・三隅研次。

鳥羽水軍、藤堂家ということなので舞台は伊勢であろう。
 公儀に連絡しないまま海賊・鳥羽水軍の財宝を札差・鳴海屋(西村晃)に横取りさせた藤堂家江戸家老・跡部(安部徹)は海賊一味を根絶しようと、侍の妻・ぬい(中村玉緒)を色仕掛けで落とし探索役として派遣、我らが主人公・狂四郎(市川雷蔵)とも係り合いが出来る。

画像

基本的な物語はTVの「水戸黄門」並みに単純だが、真相を小出しにしてミステリー的な風味を漂わせるので、観客はゆめゆめ油断はできない。

それと関連するのが大胆な省略である。
 例えば、鳴海屋をしきりに観ていた海賊残党の処刑姿を捉えたショットの直後に、説明的描写を省いて、狂四郎が若い女を伴った鳴海屋と話合っている場面を置く。この場面で何故鳴海屋が狂四郎に女をあてがおうとするのかは後に判って来る、という具合である。

また、三隅監督作品はスタイリッシュな演出を見るだけで楽しいのだが、特徴は固定カメラとクロースアップの多用である。
 今回固定カメラの美しさは余り目立たないものの、左右に被写体を割り振ったクロースアップ/バストショットは相変わらず多い。彼の場合クロースアップの目的は凝視ではなく構図の様式美にある。それ故、被写体は顔ではなく体の一部分であったりもする。
 下記画像は幕切れの一続きのバストショットで、連続することで対称性を成した上で二人の出会うことを予感させる。三隅監督の美学が味わえる最適ショットであろう。

画像

主人公は益々虚無的で台詞も相当皮肉っぽくなっている。殺陣にも無駄がなく切れ味が良い。清水寺のように断崖に建てられた山寺での決闘は迫力満点。

"映画評「眠狂四郎炎情剣」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント