映画評「サイコ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1960年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第47作。
 12歳の時初めて観て外に出られなくなるほど恐い思いをした。それから現在に至る三十余年の間に何度か観ているが、今では怖さよりテクニックに惚れ惚れする事が多い。特に同じ脚本で作られたリメイク・カラー版「サイコ」と比較すると、演出テクニックの差を感じずにはいられない。
 本作以前は、こうした精神病や神経症を扱った作品をニューロティック・スリラーと呼んでいたが、以降はサイコ・スリラーやサイコ・ホラーと呼称されることになった。それ程影響力があった作品であることは言わずもがな。

アリゾナ州フェニックスのOLマリオン(ジャネット・リー)がサンフランシスコに住んでいる恋人サム(ジョン・ギャヴィン)との生活を築く為に、社長から預けられた四万ドルをネコババするが、大雨を避けるべく立ち寄ったベイツ・モーテルで無残にも殺されてしまう。

ここまで50分足らずでヒロインと思われていたマリオンが呆気なく殺されてしまうことに当時の観客は驚いた。ヒッチコックは脇役に過ぎない彼女をヒロインのように扱って観客を本当のテーマから逸らしたわけだが、このような手法を業界用語で<薫製にしん>と呼ぶ。
 もう一つ驚いたのは出演者の中でトップ・スターだったジャネット・リーを途中で<消してしまった>ことである。そもそもハリウッドでは、人が次々と死んでいく場合、給料の安い順に死んでいくので最後に誰が生き残るか分ってしまうという馬鹿げた時代もあり、「悪の花園」という典型的な例がある。  
 マリオンが殺される有名シーンは70カットくらいあるそうだが、ヒッチコックの華麗なカット構成に圧倒される。説明には及ぶまい。
 また、後半の主たる舞台となるゴシック風建物の様式美もムード醸成に貢献すること大である。

この作品の後半は、出世作「下宿人」や「疑惑の影」「フレンジー」と同じ系列に属する精神異常者(サイコ)の末路を描いているわけだが、観客の心情を最も自由自在に操っているのはこの「サイコ」ということになろう。
 何となれば、マリオンに注がれていた観客の気持ちはいざ彼女が死ぬと、彼女の死体を処理するノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンズ)へと節操もなく移り、死体を乗せた車がなかなか沈まないとドキドキしてしまう。尤もこの時点ではノーマンの正体は誰にも判っていないので当然でもあるが、ノーマンが怪しいとなればまたフラフラしだす。

真相及び詳細については念の為伏せておくが、トリックがインチキもしくはインチキ臭くならないように工夫を巡らしたカメラワークが大変素晴らしい。
 一個所だけ注文を出すとしたら、足が見えないようにノーマンの母親には長いスカートを穿かせるべきだったであろう。

ヒッチコックの慧眼には驚かされることが多いが、トリュフォーが「マリオンの妹(ヴェラ・マイルズ)が保安官を訪れる場面だけが緊張感を失っている」と指摘すると、「(観客は、何故登場人物が警察に逃げ込まないのかと疑問を呈するが)登場人物が警察へ逃げ込むと映画がだらけるだけだと証明したのだ」と答えたことは「ヒッチ畏るべし」の感を強くする。

"映画評「サイコ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント