映画評「未知との遭遇(ファイナル・カット版)」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1977年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

スティーヴン・スピルバーグの劇場用映画第3作だが、傑作TV映画「激突!」を劇場で観た日本人にとっては第4作のイメージが強い。

25年前に僕が映画館で見たのは「特別編」(132分)と称されたもので、このファイナル・カット版(138分)とは上映時間が6分違う。オリジナル版(135分)は観ることが難しいようだ。

フランスの科学者フランソワ・トリュフォーがメキシコの砂漠で1945年に行方不明になった米軍軍用機を発見、次に米国インディアナ州で大規模の停電が発生しアイスクリーム型UFOが目撃される。
 目撃者の一人リチャード・ドライファスはそれ以来岩山のイメージが頭をよぎり、何とか再現しようとするが、異様な様子に妻子は逃げ出す。が、TVの有毒ガス報道によりその岩山が実在するのを知り、幼い息子に失踪された女性メリンダ・ディロンと共に岩山に接近、一度は当局により排除されるが再度近づいた結果、地球人と異星人の初めての遭遇が試みられようとしている現場を目撃することになり、さらに...。

5年後に作られる傑作「ET」を経験した目には中盤のサスペンス小出しは物足りないが、やはり終盤の、あの音と映像を利用した相互接近場面と、シャンデリアのようなUFOには今でも興奮を呼び起こされる。
 物足りないとは言ったものの、サスペンスの小出しはなかなか巧く、「激突!」で披露されたスピルバーグの天才性を再び感じずにはいられない。

スピルバーグ以上に僕が評価する映画監督トリュフォーが出演しているのも嬉しいが、スピルバーグとトリュフォーという天才二人の間にどんな会話があったのか知りたいものである。

"映画評「未知との遭遇(ファイナル・カット版)」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント