映画評「チア・アップ!」

☆☆★(5点/10点満点中)
2019年アメリカ=イギリス合作映画 監督ザラ・ヘイズ
ネタバレあり

高齢者が何か思い切ったことをやるというのは「最高の人生の見つけ方」(2007年)以来一ジャンルを形成しつつあるが、本作もそれに沿った内容。

末期ガンを患う元教師ダイアン・キートンが都会の住居を去って、ある町にある老人ばかり集まるシニアタウンに引っ越す。早速親しくなった隣の老女ジャッキー・ウィーヴァーとの会話から、昔ユニフォームを作っただけで終わったチアリーディングを再開する羽目になり、コミュニティのなかなか厳しいハードルを乗り越えて、総勢8人平均年齢62歳のチアリーディング・クラブ創設に漕ぎつける。
 そして周囲の嫌がらせにもめげず、そしてそれを乗り越えて遂にチアリーディング・コンテストに出場する。

老人の挑戦を描く内容の中でも前述「最高の人生の見つけ方」に似てヒロインの余命が限られていることや、周囲の嫌がらせを乗り越えて一定の成功を得るという流れは青春映画を含めてこの手の作品の型通りに過ぎず、映画としては甚だ物足りない。

勿論、余命の問題がなくても、本作に限らず、老人たちが何かに挑戦する姿は、この映画の老女たちからさほど遠くない年齢にある僕の胸を打つものがあるが、映画評は内容に新味があるか、あるいは内容や主題をいかに技法的に正しく効果的に綴っているか、即ち映画芸術的達成度を考察するものであるから、その意味で物足りないということである。

現在二回目のワクチン接種の副反応で左腕に激痛。右手だけで打っています。熱も結構あります。もっと上がらないうちに記事を仕上げたのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント