映画評「Girl/ガール」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年ベルギー=オランダ合作映画 監督ルーカス・ドン ネタバレあり 1999年の「ボーイズ・ドント・クライ」以降性同一性障害の人々を描いた映画がぼちぼち作られ、最近では「アバウト・レイ 16歳の決断」がある。上記二作品は自分を男性と感じている女性が主人公だったが、本作は逆である。  ところ…
コメント:9

続きを読むread more