映画評「ベスト・オブ・メン~人間の最高~」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2012年イギリス映画 監督ティム・ホイットビー
ネタバレあり

まだ100%確定したわけではないが、一年延びた東京パラリンピックの前に観るにはうってつけの作品。

1944年、亡命ユダヤ人医師のルートヴィヒ・グットマン(エディー・マーサン)がロンドン郊外にあるストーク・マンデビル病院国立脊髄損傷センターに所長として赴任する。彼は過保護に患者(傷痍軍人ばかり)に何もさせない状態が却って患者を死に追いやっていると思い、必要な道具を揃え、看護婦の意識を変え、そして患者自身の意識を変え、多くの患者を、肉体的には勿論精神的な苦痛から救っていく。

これがこのTV映画前半の主題である。

他の病棟の所長以外の全員を味方につけるうちに終戦を迎える。戦後、彼は自ら車椅子で自由に動けるようになった患者たちがホッケーを楽しむのを見る。ホッケーは怪我が多いと判断してバスケットやアーチェリーに変え、1948年患者たちが健全に競う競技会を病院で行ったらどうかと提案し、実現の運びとなる。

これが当初ストーク・マンデビル車椅子競技大会と知られ、1964年にオリンピックと共に行われるパラリンピックの基になったのである。ストーク・マンデビル大会自体は車椅子に限られているわけで、前回の東京大会では国内障碍者のみで行われる部門を加えて、二部制になっていた。
 この時はまだパラリンピックという名称は用いられず、正式に大会名として使われるのは1988年のソウル大会になってから。この時代には様々な障碍者が参加する全面的な障碍者大会になっていた次第。

本作の内容において何が感動的かと言って、患者(半身不随者)に生きる目的を見出させることに奮闘し、その為に患者を過保護に扱う固定観念をひっくり返したグットマンの考えである。

TV映画であるから映画芸術的に凝ったところはないが、解りやすくそれでいて安直に陥っていない見せ方は日本のTV局にも見習って貰いたい。英国のTV映画は、ミニ・シリーズを含め、質が高いと感心させられることが多いのである。
 残念ながら、日本でTVドラマと言えば、シリーズものか、2時間のミステリーもの(ジャンルとしては好きだが、敢えて見るほどのものはなかなか見出せない)くらいで、良質な単発ドラマは非常に限られてしまう。

オリンピックの開催期日を決定するほど莫大な放送権料を払っているアメリカNBCが今年のオリパラ開催に疑念を呈しているという記事を読んだが、それならオリンピックの秋開催を認めろと言いたい。自国の都合ばかりで、他国あるいはアスリートの事情を考えないなんて誠にけしからん。10月に延期すれば3カ月延びる。その間にワクチン接種者が相当増えるから感染拡大の危機はかなり軽減でき(その前に変異株が蔓延していなければだが)、関係者の負担も相応に減じるはず。NBCの発想では1年単位の延期になるから問題が多いのだ。一方、一昨年日本のTV局のモーニング・ショーで、有名なコメンテーターが“東京オリンピックを真夏に開催するのは、高校野球に通ずる日本人の根性論のせいだ”とデタラメを言っていた。実際には開催日決定に日本は全く絡めていないのだ。TV局在籍の経歴のある彼がNBCの事情を知らないとしたら、甚だ不勉強である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

モカ
2021年04月12日 14:54
こんにちは。

>TV映画であるから映画芸術的に凝ったところはないが、解りやすくそれでいて安直に陥っていない見せ方

 同感です。 
 イギリスらしい抑揚が効いていて「お国自慢風どや顔」(?)していないところがとっても良かったです。
 下手すると再現ビデオみたいになりかねない所をうまく避けられたのはエディ・マーサンの起用が一役買っているように思いました。 
  

 
モカ
2021年04月12日 14:58
追伸で書くことでもないのですが、正直者なので書きますがこれを観るまでパラリンピックの起源に関して全く何も知りませんでした。
オカピー
2021年04月12日 22:35
モカさん、こんにちは。

>イギリスらしい抑揚が効いていて

これは全くそうです。

>下手すると再現ビデオみたいになりかねない所をうまく避けられたのはエディ・マーサンの起用が一役買っているように思いました。

役者らしい役者ですし、一味違いますね。

>パラリンピックの起源に関して全く何も知りませんでした。

昨年春先に観たドキュメンタリー「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」を見て、パラリンピックについてちょっと調べてみました。それまでは僕も全く知らなかったです。