映画評「凪待ち」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2019年日本映画 監督・白石和彌
ネタバレあり

最近邦画で注目される監督にバイオレンスを得意とする人が多いのはある意味困ったものだが、その一人白石和彌監督の新作。一種の大震災後遺症映画である。

競輪に金をつぎ込んで同居するパートナー亜弓(西田尚美)に迷惑をかけている元印刷工員郁男(香取慎吾)が、競輪を卒業し、末期がんの彼女の父親勝美(吉澤健)が暮らす被災地・石巻で巻き直しを誓う。仕事は近所の小野寺(リリー・フランキー)が紹介してくれた印刷会社勤務だが、社員が競輪をしているのに気付くと、ついその気を起こし、ノミ屋に通い出す。
 彼女の娘美波(恒松祐里)はそんな彼に馴染んでい、やたらに煩い母親に反発して夜遊びに出た後、連絡を取れなくしてしまう。心配する余り彼を責めた亜弓を車から追い出した郁男は健全な遊興場に彼女を発見するが、彼女が母親に電話すると刑事が出る。亜弓は何者かに殺されたのである。
 かくして自責の念に苦しめられた郁男はノミ屋による競輪に益々のめり込み、殺人に関し良からぬ噂を流した同僚と喧嘩して会社を首になる。設備破損の被害を受けた会社への損害賠償は小野寺が立て替える。
 小野寺の勤める製氷会社に勤務することになった彼には200万円のノミ屋への借金がある。その返済額を彼の為に廃業を決めた猟師の勝美が船を売って作り出す。懲りない郁男は余った金を最後の一勝負と大きく賭ける。彼が大勝ちするとノミ屋は暴力のお返しをする。
 後日ノミ屋の備品を破壊しまくった郁男は経営する暴力団に拉致されるが、組長(麿赤兒)が勝美に若い時代の貸しがある為解放され、金も支払って貰える。小野寺が亜弓を殺した犯人と判明して逮捕される。儲けた金で船を買い戻し、町を離れようとした郁男は、亜弓が生前婚姻届けを父親に預けたことを知る(勝美が “俺の息子だから” と組長に言う背景はこれである)。サインをした婚姻届けは美波と勝美の三人で乗った船から海に投げ込まれる。荒んでいた郁男の心に遂に凪が訪れる。

【Yahoo!映画】での評価は非常に高く(4.38/5点満点中)、IMDbでは極端に低い(4.8/10点満点中)。最近の邦画はIMDbでの評価が異様に低く、何か陰謀さえ感じるほどだが、それはともかく、【Yahoo!映画】は高い平均点の割に酷評が目立つ。高い評価の人にコメントしない人が多いということになるが、酷評には三つの傾向があると思う。
 一つは例によって、人間的に問題がある登場人物への評価を映画への評価とするタイプ。一つは自分がつまらない思う作品は全て駄作とするタイプ。一つはまだ幾らかいるであろう SMAP 嫌いの連中。他にもギャンブラーを愚弄するな、被災地を馬鹿にしたひどい映画といった意見があるが、多分一番目二番目のタイプの人が大分被っていると思う。

一番については、投稿者たちは自分を立派な人間と思っているようだが、かく自分に過剰に自信のある人間が他人を思いやれるはずもない。とにかく、彼らの喜ぶような善人や問題のない人ばかり出して映画が面白くなるわけがなく、そうなると彼らは途端に二番目のタイプに変身する。やれやれ。僕など、彼のような人物を見ると、自分に負けるなと応援したくなりますがね。
 三番目については、香取君は健闘の部類と思う。コメディーばかりで問題にするような役がなかったことを考えると役柄を大きく広げることになっていくに違いない。但し、本作で一番称賛に値する演技を見せたのは、勝美役の吉澤健。惚れ惚れする演技というのはこういうのを言うのであろう。

作劇的には些かご都合主義的すぎるところがある。特に新しく勤め始めた中小企業で早速競輪に賭ける同僚を見出す辺りは出来すぎではないか。
 ミステリー的になっていないのは、小野寺が亜弓を殺すという部分。昔から幼馴染として横恋慕していた小野寺が思い余ってということなのだろうが、その背景の解りにくさの問題以上に、作劇的に些か無理があると思われる。本作最大の弱点であろう。

省略を思い切って使っているので解りにくいようでいて、実は案外解りやすい。例えば、勝美と組長の関係は昔の仲間で、彼らの世界で “貸し” と言えば身代わりの服役である。 IMDb での平均点が低いのはご都合主義的なところか、説明不足と思われるところのどちらか故だろうが、本質的に解りにくいのは上述した小野寺の殺人だけで、苛酷さと優しさが共存する社会を描く人間劇としてよく計算されていると言っても良いくらい。

タイトルが何を表すのか解らないと仰る人がいるが、勿論、主人公・郁男の精神状態について表す。港町の石巻を舞台にして象徴的に海の用語を使ったのであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント