映画評「自由を我等に」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1931年フランス映画 監督ルネ・クレール ネタバレあり 「巴里の屋根の下」「巴里祭」と併せてルネ・クレール三大傑作(?)を成す。相変わらずサイレント的で、今日のように眠気の強い時に見るとなかなか理解が覚束ない。しかし、見直すと、実にきちんと作られていることが解るのである。多分3回目の再鑑賞。 …
コメント:0

続きを読むread more