映画評「勝利への脱出」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1981年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジョン・ヒューストン
ネタバレあり

学生時代、映画館で観た。多分それ以来の鑑賞だろうから、およそ40年ぶりの再鑑賞となりましょう。
 競技人口は多かったものの現在のようなサッカー人気がなかった当時の日本でも、シルヴェスター・スタローンの人気に援護射撃されヒットした。サッカー・ファンでなくても多くの日本人が知っていたサッカー界の大スター、ペレのバイシクル・シュートが映画ファンの間でもかなり話題になったのを憶えている。

第二次大戦中のドイツの捕虜収容所で、英軍の元サッカー選手マイケル・ケインが連合軍の捕虜たちにサッカーを指導している。それを見てドイツ往年の名選手マックス・フォン・シドウの大佐が、ナチスの宣伝の為に占領下のパリで試合をすることを提案する。ケインは選手の待遇を良くするという条件で承知する。
 一方、スタローンが単独で脱走しようと計画中で、集団脱走を企む連合軍グループは彼と試合を抱き合わせて集団脱走への実行計画を立てる。その第一弾が単独脱走したスタローンがパリでレジスタンスの連絡係と接触、不本意ながら捕まって収容所に戻って情報を伝えるというもの。パリではレジスタンスが地下水道を脱出経路に仕立てる。
 そして、キックオフの日を迎える。

収容所脱走映画の傑作「大脱走」、収容所ものの秀作「第十七捕虜収容所」、看守と囚人たちがアメ・フトの試合をする「ロンゲスト・ヤード」を併せたような内容ではあるし、監督がジョン・ヒューストンだから、きちんと要領よく見せている。

前半はそれほど面白いという程ではないが、作戦を煮詰めていく過程が一応楽しめる。俄然面白くなるのは、試合が始まってからで、アメリカさん(様でも産でも良い)は試合の見せ方が大体において上手く、本作も抜群と言って良い。ペレが考えた試合展開らしい。

ハーフタイムを利用して脱走するはずだったのに、試合に勝ちたいと試合を続行するという展開は、映画としては厳しさが足りないが、スポーツマン精神の発露として微笑ましく見られる。

0-4からの大逆襲で同点に追いつき、連合軍を応援するパリの人々が雪崩れ込んできたのに乗じて“棚から牡丹餅”の脱走を遂げる。それを見てシドウ大佐がやれやれと椅子に座り込むのも良い感じ。彼は典型的なナチ軍人ではなく、こういう人物を見て不愉快になるはずがない。
 ある種の映画におけるドイツ軍なら市民に向けて発砲したかもしれないが、そこまで残忍にする必要もあるまい。実際のドイツ軍ならどうしたか僕には解らない。

世界中の人々が家に閉じ込められている。コロナからの脱出はいつになりましょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

用心棒
2020年05月06日 18:40
なんかコメントの順番がおかしな感じになっています。ただしくはこちらですので、前のものは消してくださると幸いです。


こんばんは!

なかなか「戦争は終わった!」とはなりませんね。
最近は映画より音楽メインになっており、ビートルズ、サラ・ヴォーン、マディ・ウォータースなどをレコードで聴き続けています。

近くにビートルズレコード専門店が営業してくれているので、フランス盤『カム・トゥゲザー』シングルのモノラル盤を聴いた後にジョン・レノン『ロックン・ロール』の『ユー・キャント・キャッチ・ミー』を聴くというお遊びもしています。

映画館活動が出来ず、楽しみを奪われていますが、ものは考えようで、楽しいことを探し出すのも人生でしょう。

この映画を初めて見たのは80年代初頭、その後ビデオ、DVD、BSなどで何度も見ています。サッカー・ファンなので、ペレに目が行きますが、サッカーをメインに据える映画の中では今でも最高峰かもしれませんwww

ぼくもそうですが、持病がおありですし、用心しながら過ごしましょう!

ではまた!

オカピー
2020年05月06日 21:08
用心棒さん、こんにちは。

>なかなか「戦争は終わった!」とはなりませんね
>映画館活動が出来ず、楽しみを奪われていますが、ものは考えようで、
>楽しいことを探し出すのも人生でしょう。

最近の僕は映画館から遠ざかっていますから、直接的な影響はほぼありませんが、今年のベスト10選出などに影響が出るのではないでしょうか? 他人事ながら心配です。
 図書館の閉鎖に閉口(まあ洒落です^^)。図書館は貸し出し・返却に特化すれば三密になりません。図書館で話をする人などいませんから。図書館側がきちんと対処すれば問題ないのですがね、まあ6月1日からは貸し出し・返却は再開するでしょう。

>最近は映画より音楽メインになっており、ビートルズ、サラ・ヴォーン、>マディ・ウォータースなどをレコードで聴き続けています。

映画館がこういう状態ですから、必然的にそうなるでしょうねえ。
 僕は、最近ジャズ(バップ)を良く聞いています。モダン・ジャズの中では圧倒的に聞きやすいです。
 去年から本ブログの常連になったモカさんの影響で、ブルースも結構聞くようになりました。先日までロバート・ジョンソンのCDを車で聞いていましたよ。

>フランス盤『カム・トゥゲザー』シングルのモノラル盤を聴いた後に
>ジョン・レノン『ユー・キャント・キャッチ・ミー』を聴くというお遊び

それは楽しそう。

>サッカーをメインに据える映画の中では今でも最高峰かもしれません

そうですね。
 ちょっと系列は違いますが、スウェーデン映画「サッカー小僧」なんて印象に残っています。

>ぼくもそうですが、持病がおありですし、用心しながら過ごしましょう!

僕の膵炎はともかく、用心棒さんは糖尿病ですから、本当に用心して下さいね。
用心棒
2020年05月06日 23:01
こんばんは!

>ロバート・ジョンソン
デルタ・ブルースのLPは僕も持っていて、『クロス・ロード』はクリームの曲だと思っていたのが彼のナンバーだったので驚きました。

>図書館
図書館のみならず、施設などの営業はひとつ席を空けて座っていくとか、入場制限か、もしくは時間制限などを設ければ、そんなに危ないとも思いません。

食べ物屋さんや旅館もそうですが、長期にわたる補償なしの休業は難しいので、上記対応の拡大解釈でしのぎ、だましだまし営業していくしか道は無いように思います。あとは法改正して、有事には行き過ぎた人権保護は止め、山梨のケースのように明らかに反社会的行動をする者は名前と行き先などを公開すべきでしょうね。

ではまた!
オカピー
2020年05月07日 18:32
用心棒さん、こんにちは。

>『クロス・ロード』

僕の車のCDはチェンジャーではないので、大半が2テイクずつ収められているロバート・ジョンソンの二枚組から、別テイクのものは全て除いて一枚に編集したところ、一曲分余ったので、昔から知っているこの曲だけは煮て2テイク収めました。
 大学時代にクリーム「クリームの素晴らしき世界」という二枚組を買ってこの曲を知りました。

>そんなに危ないとも思いません。

医療関係者は100%を求めるので、どうしても厳しくなりますね。但し、僕は医療関係者が3月末に緊急事態宣言をしろと言った時にやっていれば、連休明けで解除ができたと思っています。10日早めれば20日以上短縮できた計算です。学校の休校もその時一緒で良かった。

>食べ物屋さん

固定費をまかなう為に工夫をして開いている店に、嫌がらせをする輩は怪しからんですね。金儲けでやっているわけではない。リーマン・ショックの時に数千人経営破綻で自殺者が増えたそうですが、彼らは自殺者を増やしたいのでしょうか!

>山梨のケース

年に一度の帰省もしない人が多い中で大変残念でしたね。上記の飲食店のケースとは全然事情が違いますから。