映画評「ハート・オブ・マン」

☆☆★(5点/10点満点中)
2019年アメリカ映画 監督アダム・シャンクマン
ネタバレあり

20年前に日本でも話題になり評価も高かった「ハート・オブ・ウーマン」の女性主人公版リメイクと聞き、観たわけだが、何と日本未公開でござった。
 個人的にさほど買ったわけではない前作よりさらにぐっと出来栄えが落ちる。出来栄えより下ネタに傾きすぎているのが問題。部分的には上手いと思えるところはあるものの、☆☆にしようかと思ったくらいだ。

広告マンだった主人公をスポーツ選手代理店勤務の女性に変えている。
 良い契約を取ってきたので共同経営者になれると思っていた黒人女性タラジ・P・ヘンスンは、ライバルの男性にその地位を先取されて面白くない。独身なので男探しも積極的に行っていて、ある酒場で知り合った黒人男性オルディス・ホッジとベッドインと相成るが、翌朝起きると6歳の息子が現れてがっかり。
 ところが、悪友たちに紹介された霊能者?エリカ・バドゥに変な飲み物を飲まされた後繰り出した遊興場で頭を打って失神、病院で目覚めると、男性の心の声が聞こえるようになる。最初は当惑したものの、これを仕事と恋愛成就の両方に生かそうと、あれやこれやと知恵を絞る。

ちょっとした工夫と思えるのは、ホッジとその子供を、恋愛成就と有望新人バスケットボール選手の代理人(という地位)獲得の両方に結び付けて展開させているところ。「ハート・オブ・ウーマン」と同じ形であればもはや工夫とは言えないが、すっかり忘れているので、工夫ということにしておきましょう。

ヒロインの黒人であり女性でありという、平等意識がかなり進んだ今でもマイノリティ扱いでなくもない微妙な立場を笑い飛ばすようなところに、やや風刺性も漂わせてはいる。しかし、全体的には見え見えのサクセス・ストーリーで面白味薄く、上述通り下ネタを使い過ぎるのは感心しない。

異性の心より、神(自然)の心を知りたい。多分自然が自然破壊の元凶たる人間の数を減らそうとコロナを遣わした。人がそこまで大量に死なずとも、行動制限で二酸化炭素排出量がぐっと減っている。二酸化炭素だけが温暖化の原因でないにしても、その温室効果を無視することはできない。多いより少ないに越したことはない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浅野佑都
2020年04月18日 20:16
 オリジナルのほうは、いつも熱演タイプのメル・ギブソンが、軽いタッチの本作のような作品では空回りしているようであまり評価できませんでした・・。

>多分自然が自然破壊の元凶たる人間の数を減らそうとコロナを遣わした

コロナ騒動の本質は、「既得権者」の「生存欲求」になると思います・・。

もし、全くのノーガードで、今までと変わることなく社会が動いたとしたら・・。
70歳以上の既得権者がどんどん亡くなり、社会は若者中心の活気溢れるものとなり、年金問題、介護問題などほとんど解決する。
企業、芸能界も大御所がいなくなり、TVは若い芸人で溢れるでしょう。

でも、スウェーデンなんかは、多少の規制はあるものの、社会全体として気ままに行動する自由を選んでいますね。
小中学校は普通通りだし、飲食店も営業しています。

当然、感染者や死者も増えていますが、「ま、それも自然の道理」と構えております。
スウェーデンは非常に大人の国で、第一次、第二次世界大戦ともに参戦せず、しっかり中立を守った(第二次大戦ではドイツの横車もあり、二股膏薬を張るようなことはしましたが、それも自国の安全保障のためでしょう)
ノルウェーが、スウェーデンから独立したいと言ってきたときも「OK」と、あっさり認めていますね。

今後、スウェーデンは、死者がいくら出ても、「集団免疫」の獲得まで頑張るんでしょうか?

世界には、いろいろな国があるものですね。

オカピー
2020年04月18日 23:03
浅野佑都さん、こんにちは。

>スウェーデンなんかは、多少の規制はあるものの、

世界でも最も集団免疫を目指している国でしょうね。イギリス、ドイツ、日本も最初はそうでしたが、イギリスとドイツは早々に撤退。
 日本は今その中間くらい。医療崩壊を起こすと、治療できる患者やコロナに関係ない人も死んで行きますので、それを避けるべく色々やっているというところですね。
 一早く医療崩壊したのがイタリア。いずれにしても、ドイツとスイスとポルトガル以外の西欧各国は致死率10%を超えていますね。

日本の致死率は、現状では異様に低く、統計上2%ですが、検査を受けていない無症・軽症者が多いので、多分実際の致死率は0.5%くらいでしょう。

コロナの集団免疫は人口60~65%と言われていますが、この間WHOが“まだ集団免疫には到達していない”などと発言しました。アメリカでやっと0.2%の段階で“当たり前じゃん”と思いますが、逆にそこまで蔓延しなくても集団免疫はできるということなのかなあなどとも考えてしまいますね。

>「ま、それも自然の道理」と構えております。

僕も、社会全体としてはそう考えますが、個人的にはもう10年ほど生きないといけないので、とにかく薬が一日でも早く流通してほしいと思っています。
 早ければアビガンとレムデシビルが秋から初冬にかけて承認されるでしょう。アビガンの材料は多く中国からの輸入らしいですが、夏から日本で大量生産できるように準備中とか。既に承認を前提に動いています。