映画評「鍵 THE KEY」

☆☆★(5点/10点満点中) 1997年日本映画 監督・池田敏春 ネタバレあり 谷崎潤一郎の作品には表記上の理由で読みにくいのが多いのだが、「鍵」もその例に洩れず、漢字にカタカナで綴られていて非常に読みにくかったという記憶がある。それでも、明治時代の政治小説に比べれば遥かに読みやすい(東海散士の「佳人之奇遇」などを一見すれば、…
コメント:17

続きを読むread more