映画評「遠すぎた橋」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1977年アメリカ映画 監督リチャード・アッテンボロー
ネタバレあり

1970年代前半はニューシネマ時代で、英米発の本格的な戦争映画は見られなかったと記憶する。後半に入ると「スター・ウォーズ」などスターシステム時代のような映画が復活し始め、「スター・ウォーズ」と同じ77年にこの作品も発表された。
 ここで問題となるのが製作国で、IMDbではアメリカ映画、ウィキペディアでは英米合作、Allcinemaでは英仏合作。その他、英国映画という表記もある。僕はIMDbを一番信用しているので、とりあえずアメリカ映画とする。調べてみると、アメリカ人ジョセフ・E・レヴィンの会社が単独で製作しているのである。この事実から推してアメリカ映画であることは間違いないだろう。

原作は「史上最大の作戦」と同じくコーネリアス・ライアンのドキュメンタリーで、スケールが同じくらい大きく、何よりも出演者の顔ぶれが凄かった。下記ストーリーの中で紹介し、はみ出た場合は別途記すことにしましょう。

ノルマンディー上陸作戦(「史上最大の作戦」のテーマ)の成功で撤退するドイツ軍の戦力低下に乗じ、ショーン・コネリーとライアン・オニールが夫々指揮する英米の空挺部隊とジーン・ハックマン指揮するポーランド空挺部隊がまずベルリン突破への急所となるべき橋を急襲、その要衝となるオランダはアーネムを目指す作戦を立てる。アメリカのパットン中将にライバル意識を燃やす英国モントゴメリー元帥の対抗意識が生みだした無謀な作戦である。
 この作戦を具体的に指揮するのはダーク・ボガードの中将だが、ハックマンは最初から渋い顔をする。空挺部隊が橋を占拠した後、地上部隊がアーネムに進行する作戦で、地上部隊では、橋の前の住宅を拠点に橋を渡って来るドイツ軍に攻撃を仕掛け続けるアンソニー・ホプキンズの奮闘、敵が容赦なく襲ってくる場所で渡河して奮闘するロバート・レッドフォードの部隊が強い印象を残す。上官を救ってジープで敵中突破する軍曹ジェームズ・カーンの挿話も印象深い。
 民間では傷病兵に手を差し伸べる病院長ローレンス・オリヴィエと彼の要請に応えて家を病院代わりにするリヴ・ウルマンが出て来る。

ハックマンを筆頭にボガード以外は懐疑的だった作戦は案の定失敗に終わって撤退するのだが、モントゴメリー(姿は一度も見えず)は「90%成功だった」と強弁するのである。マーケット・ガーデン作戦という、戦争通には悪名高い作戦らしい。
 ハックマンの反抗的な態度を見ても、最終的に死んでしまう兵士が懸命に持ち帰ろうとした荷物の中味が英国空挺部隊のベレー帽という落ちを見ても、反戦的、より正確に言うなら反軍隊的な内容となっている。

昔観た時よりは面白く観たが、やはり各部隊の地理的関係が全く解らないので、強力なサスペンスになって行かない憾みが強い。ちょっとお遊び気分になってしまいかねないが、積極的に画面に地図を出すという手もあったのではないか。
 良い点はドイツ陣営にマクシミリアン・シェル、ハーディ・クリューガーといった有名なドイツ系俳優を起用してきちんとドイツ語をしゃべらせていること。アメリカ人観客に配慮してドイツ人(しかも英語がうまいドイツ兵を連合軍に潜入させる設定)にも英語を話させることで話を混乱させ潜在力を無駄にした「バルジ大作戦」(1965年)のようなヘマはしていない。色々な国が入り混じる戦争映画では当事国の言葉を話させないのは全くダメである。他方ドイツ人しか出て来ないお話では英語でもフランス語でも(欧州言語であれば)何でも良い。

監督はリチャード・アッテンポロー。既に「素晴らしき戦争」という傑作反戦ミュージカルを作ってはいるが、一般的にはまだ一流と見なされていない頃の作品ながら、終盤にこの人らしくマッチ・カットがあったのに嬉しくなった。落下傘で降りて倒れた兵士にカメラが寄った後リヴ・ウルマンの眠っている子供に繋げるのである。

その他、マイケル・ケイン、エリオット・グールド、エドワード・フォックスが出演。映画ファンなら顔触れだけでも楽しめる。

TVで放映された戦争映画でも、英語の部分だけを日本語にし、その他はそのままという形で吹き替えをするケースがあった。映画鑑賞においてこれは理想的。しかし、映画館まで行くなら洋画の実写映画は原語版で観てね。もしかしたらトム・クルーズの本当の声を知らない人がいるのではないの?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント