映画評「メアリーの総て」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2017年イギリス=ルクセンブルク=アイルランド=イギリス合作映画 監督ハイファ・アル=マンスール
ネタバレあり

邦題は「イヴの総て」を意識しているが、このメアリーとは「フランケンシュタイン」を18歳で書いたメアリー・シェリー(シェリー夫人)のこと。その伝記映画である。英国文学がお好きな方には結構楽しめるのではないかと思う。

無政府主義者の作家ウィリアム・ゴドウィン(スティーヴン・ディレイン)と初期のフェミニストとして有名なメアリー・ウルストンクラフトの長女メアリー(エル・ファニング)は本屋も経営する父に似て作家志望、保守的な継母とはそりが合わないが、彼女の連れ子の妹クララ(ベル・パウリー)とは仲が良い。
 継母との関係もあってスコットランドに出たメアリーはそこで新進の詩人パーシー・シェリー(ダグラス・ブース)と昵懇の間柄となる。急遽ロンドンの実家に戻った彼女を追いかけるようにシェリーが家を訪れ、ゴドウィンに弟子入りする。が、二人の仲が不興を買って半ば追い出される形で家を離れたメアリーは姉を慕うクララを伴って三人で暮らし始める。
 やがて、既に大御所詩人だったバイロン卿(トム・スターリッジ)と懇ろになってその子を宿していたクララの許に彼から手紙が届き、三人はバイロン卿をスイスはジュヌーヴに訪れる。

かくして起こるのが、英国文学史上に名高く、「ゴシック」(1986年)や「幻の城」(1988年)でも扱われたディオダティ荘の怪奇談義である。本作は怪奇志向ではないから、あの二つの作品のような怪奇色はなく、監督がサウジアラビア出身の女性監督ハイファ・アル=マンスールであることもあって、理不尽な女性差別がかなり重要な要素として扱われている。
 本作が作られる約200年前の出来事で、今でこそ女性の自由や権利が男性に限りなく近づいている英国も、当時については現在のイスラム圏を強く批判が出来ないレベルであったと痛感させられる。サウジの女性として初めて映画を作った監督としてはメアリー・シェリーの奮闘に共鳴するものがあった筈である。

さて、その場で着想され長編小説として結実したのが、一つはバイロン卿の同性愛の相手とも言われる主治医ジョン・ポリドリ(ベン・ハーディ)による「吸血鬼」、一つがメアリーの「フランケンシュタイン」である。
 メアリーは単独で書き上げたのにシェリーの作と疑われたり、(当時女性は文学を為せないと男性社会は決めつけていたので)匿名で出版せざるを得ないなど理不尽な目に遭う。しかし、彼女が不信感を抱いていた破滅型に近いシェリーが父親の書店で実の作者名を明らかにし、三刊目にして初めてメアリー・シェリーの名前が作者として載るのである。
 これには二人が知り合った頃既婚者であったシェリーの正式の妻にもなったという意味もあり、二重の感動性が含まれている。

シェリーもバイロンも女性側にしてみれば感心できない人物であるし、男性社会にあってメアリーのような確固たる目標を持つ人物は孤独に陥る。それが孤独なフランケンシュタインの怪物に投影されている・・・だけでなく、僕は無神論主義者が跋扈するこの作品の中で、彼女がSF的恐怖小説の嚆矢とも言うべき作品を生み出す姿に、神に等しい存在であるフランケンシュタイン博士と通じるものを感じるのである。メアリー・シェリーは、フランケンシュタインでありその怪物でもあった、即ち創造主であると同時に被創造者である、という見せ方のように思える次第。

作り方は優等生的で不満に覚える人が多いと思うが、僕は大いに楽しんだ。

「嵐が丘」のエミリー・ブロンテは当初男性名で発表したし、もっと後のジョージ・エリオット、フランスのジョルジュ・サンドは生涯男性名で通した女流作家である。当時の書物を読むと“女性には文学が出来ない”という議論がよく出て来る。しかし、実際には、最近の芥川賞受賞者を見ても男性と同じくらいか、女性のほうが多いという印象すらある。とんでもない偏見だったね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年01月16日 09:40
おととしの年末に映画館へ観にいったのですよね。
エルちゃん出演なので…。
メアリーがどうやって作品を生んだのか、という興味もありました。

けっこう好きでしたが、好き度を星3つ半にしたので、年間マイベストだとベストテン入りはしませんでした…。
オカピー
2020年01月16日 22:06
ボーさん、こんにちは

>メアリーがどうやって作品を生んだのか
古典文学に興味がある人に“ディオダティ荘の怪奇談義”は有名なのですが、そこに至る彼女の経験、例えば母親を出産時に失ったり、娘をすぐに失ったり、蘇生実験を目にしたり、という経験が合わさって、「フランケンシュタイン」を生んだというのが解って面白かったですね。

>年間マイベストだとベストテン入りはしませんでした…。
そうですねえ、僕はベスト10入りするにふさわしい☆4つですけど、文学史的興味でつけたところも多いですから、【1年遅れのベスト10】に入るのは厳しいかもしれません。