映画評「菊とギロチン」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2018年日本映画 監督・瀬々敬久
ネタバレあり

2018年度瀬々敬久監督は【キネマ旬報】ベスト10で二本入賞した。8位に本年前半に見た「友罪」、2位に本作である。昨日の木下恵介の1,2位独占(1954年度)には及ばずとも、なかなかできることではない。ここ数年瀬々監督は色々なタイプの作品を作り非常に勢いを感じさせるが、僕は大袈裟すぎるので余り買っていない。大袈裟すぎることが長尺に結び付く傾向があり、本作は189分もある。

関東大震災(大正12年=1923年)前後からお話が始まる。
 ヒロインともよ(木竜麻生)は姉の夫と引き直し(兄弟姉妹の死後その配偶者と別の兄弟姉妹が結婚をすること)をした若妻だが、我慢ならずに家を飛び出し、以前見たことのある巡業女相撲に入門する。一門には訳ありの女性が多く、朝鮮半島からやって来た十勝川(韓英恵)が後段で大きな混乱を招く。
 片や、自由で平等な世界を目指すアナーキスト集団“ギロチン社”があり、かなり出鱈目な行動を繰り広げている。社のうち現場のリーダー的存在の中濱鐵(東出昌大)と線の細い若者・古田大次郎(寛一郎)が東京近郊にやって来た女相撲の巡業と遭遇し、中濱は十勝川と、古田は花菊という四股名を戴いたともよと親しくなっていく。
 ある時、かつての出兵が評価されない在郷軍人会が大震災での虐殺と同じ理屈で朝鮮人の十勝川をリンチする。この件では軍人会を逮捕した警察も女相撲巡業に本格的に口を出すようになる。十勝川は姿を消す。“強くなること”を念願としている花菊を拉致しようとする夫から護ろうと古田が頑張る。
 満州で爆弾を仕入れることに失敗した中濱が資金繰りの為に資本家を脅しに出て逮捕されるなどしてギロチン社は消滅する。

実在した結社と実在した女相撲という文化とを組み合わせたところが興味深いわけだが、結社の行動については実話に依るところがかなりあると推測される一方で、女相撲側の逸話はほぼ創作であると推測できる。

女相撲の方は社会による抑圧を象徴し、同時にそんな社会を変えようとする革命家気取りの若者たちを映す鏡となっている。そのアイデア自体は実に良かったと思う。そこを大きく買って少ないとは言えない☆★を進呈するが、瀬々監督らしく以下のように大きく目立つ欠点がある。

序盤女相撲の取り組みをほぼ全て見せ続けるのは冗長にすぎる。ここで相当尺を節約できると思う。終盤に様々な事件が続きすぎ、そうした事件が本来鏡であるべき女性力士たちに集中しがちなのも構成的にややチグハグな印象をもたらす。実際にはどうも、アナーキストたちが女力士たちの鏡となってしまったようでござる。

観ながら、作者の狙いは、閉塞している日本の政治や、一時に比べまた激しくなった一部日本人の在日韓国朝鮮人への差別を突き破る映画を作りたかったのではないかと推測した。実際【キネマ旬報】のインタビューを読んでもそれに近い発言をしている。そんな強い意図が背景にあるのを考慮しても、風俗と言語において大正時代の再現が極めて低いのが残念である。
 風俗では髪型やセーラー服。
 言葉の例。自分の妻を“自分の嫁”などと当時は絶対言わない(“嫁”は本来親だけが言える言葉)し、“ちげえ(違う、のこと)”という言葉もない。現在の若者は“ちげえよ”などと言って“違うよ”の意味としているが、“違う”の自然な母音交替ということはありえないから、名詞“ちがい”の乱暴な形容詞化なのかもしれぬ。この手の発明(変化を通り越している)は平成に起きたものである。

瀬々監督、写真によってはジャン・レノに似ている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浅野佑都
2019年11月17日 22:09
 僕らより少し若いですが、ピンク映画出身ということもあり、この監督はなかなか面白いな、と思っていました。この時代に関しては正直、監督よりも僕の方が詳しいなと感じましたね・・。

 タイトルはベネディクトの日本文化論『菊と刀』のもじりであり、“菊”はヒロインの四股名と天皇のダブルミーニングでしょう。
菊座で堅く結ばれた契りの(三島由紀夫の)盾の会と逆ベクトルながら相似形のギロチン舎など、様々なメタファーなんでしょうね・・。
 
70年代初頭の吉田喜重監督作『エロス+虐殺』、『煉獄エロイカ』あたりからの影響が見えます。
僕もそうなのですが、連合赤軍事件に遅れたが故に、オウム真理教との共通項を見い出したがる世代にありがちな帰結点の一つという気も・・。

 しかし、同じような感じの自主映画「シュトルム・ウント・ドランクッ」もそうですが、爽やかな軽い印象の俳優を起用して、現代の若者にも通ずる青春群像劇となっていまししたが、台詞の聴き取りづらさもあって,あの時代のアナーキストが、あんな調子のいい感じだったのかと思わせるのは違和感がありますね・・。
彼らのほとんどは思想犯であり、オウムや連赤とは違いますし・・。リーダーの中浜哲の顔つきからして今の若者とは全く違います!

 
 プロフェッサーが最近評価された、マイケル・ムーアの『華氏119』の終盤でトランプ政権とナチスを強引に重ね合わせましたね。
 
ワイマール共和政を生み、国民が書物に親しみ、街には地元新聞もあり、映画や音楽といった文化面、建築工学や物理学など、世界最高の知性を有したドイツ人でさえ、ヒトラーの甘言に感化されました。
日本がこの先、健全な国である保証はないでしょうし、こういう作品は取り続けてほしい・・。

俳優陣は、女性が良かったですね‥特に韓英恵には感銘を受けたです・・。

>自分の妻を“自分の嫁”などと当時は絶対言わない)

テレビの関西系漫才師の影響なんでしょうが、若者に多く見受けられますね・・。封建的な価値観を実際に経験していない彼らが、簡単に「家の嫁が・・」などとは滑稽でしょう。
言葉で本当に難しいのはちょっと前の時代でして、生きてる人も多いので間違いはすぐにわかるけれど制作サイドはあまり頓着しない。「マイ・バックページ」などは良くやってる方でした。
この作品の時代なら文献などで、きちっと考証が可能なので怠慢ですね。
美術的にも低予算の「シュトルム・ウント・ドランクッ」のほうが、より雰囲気を出していました。



  今、野球の日韓戦、日本の勝利で決着しましたが、稲葉は優勝の瞬間、感極まって泣いてましたね!まじめな男ですからね。
今日は、全日本の良さが出て、韓国にいつもの驚異的な粘りがなかったですね。
オカピー
2019年11月18日 15:22
浅野佑都さん、こんにちは。

>タイトルはベネディクトの日本文化論『菊と刀』のもじりであり、
そう思いましたが、書名を知るのみで読んでいないので、文章にするのは避けました。

>“菊”はヒロインの四股名と天皇のダブルミーニングでしょう。
そうですね。

>70年代初頭の吉田喜重監督作『エロス+虐殺』、『煉獄エロイカ』
多分東京時代に観られたと思いますが、未見。

>台詞の聴き取りづらさもあって
近年の作品に目立つ傾向で、字幕をオンにしようと思いましたが、字幕はなかった。この映画こそ必要なのに。

>あんな調子のいい感じだったのか
恐らくは違うでしょうね。
瀬々監督は明らかに現在を投影して作っているので、どうしてもああいう軽佻浮薄な感じになる。
当時のアナーキストは映画のような優男ではなかったでしょう。

>ヒトラーの甘言に感化されました。
ポピュリズムは全体主義だからダメだと僕が強調したいのは、ヒトラーのように、極端になるからです。

>こういう作品は取り続けてほしい・・。
そうですね。
考えない人々が多くなると、大衆が全体主義になるかもしれない。安倍一強体制は既にその傾向にありますが。

>封建的な価値観を実際に経験していない彼ら
“嫁”は“家”の概念の切り離せない封建的な言葉ですから、核家族で育ったか現に核家族である彼らが使うのはちゃんちゃらおかしいですね。

>言葉で本当に難しいのはちょっと前の時代
全くその通りで、大昔の言葉などそれらしくさえあれば細かいことは良いわけですが、僕らが生きて来た60年プラスαについてはどうしても気になりますね。
本作は敢えて現在的に作ったことが伺われるのですが、言葉や風俗はきちんとしてくれないと、その時代を選んだ意味が希薄になる。

去年辺りから野球の実況を聞いていて気になったのは、「~になる」という表現の異様な多さと、現在完了の代りの現在形ですね。既に2アウトになっているのに「2アウトになります」という表現を使ったりする。近年昔ほど野球を一生懸命観て(聞いて)来なかったせいで、最近やっと気づきましたが、変な流行ですねえ。

>稲葉は優勝の瞬間、感極まって泣いてましたね!まじめな男ですからね。
真面目な男ですねえ^^
しかし、勝てて良かった。日韓戦だけは客も入ったようだし。
今回盛り上がりを欠いたのは、WBC以上にアメリカが若手を出して来るので、WBCよりは格下に観られているせいかなあ。
アメリカが本気になれば野球はもっと世界的な競技になるのですが。残念ですね。
浅野佑都
2019年11月18日 22:43
>既に2アウトになっているのに「2アウトになります」という表現
これは、注意して聞いていないと聞き流してしまうのですが、たぶん、毎試合言ってますね・・。
おそらくは、レストランなどで見聞きする「カレーライスになります」等と同じ感覚で丁寧語のつもりで言ってるのか?
カレーになる前は何だったのか?と言いたくなりますよ(笑)

 もう一つ、ここ10年くらいの気にいらない言葉として、「勝ち切る」や「(シュートを)決め切る」があります・・。
代表戦などでも、日本が惜敗したときには「勝ち切れない○○ジャパン」等々・・。
今では、NHKも含むアナや解説者、選手のコメントなどにも浸透してしまっています。
そもそも「~切る」は、「あることを完全にする」とか、澄み切った空など「完全に○○な状態」を意味しますね。
 
勝ち切るの意味としては、白熱した試合を制するということなんでしょうが、中途半端な「勝ち」というのはありません。リードしている状態を「勝っている」ということはありますが、「勝つ」は結果に対して使われる。
「勝つ」「逃げ切る」「守り切る」「競り勝つ」と言えばいいのに、わざわざ「勝ち切る」と変な言葉で表現する必要はないわけで・・。

僕は、ネットの対戦ゲームのユーザーコメントで多い、「(ゲームの中の)ラスボスは強敵だったけど勝ち切れた・・」・・などから使われだしたのだと推理しています(ゲームは面白くするために簡単には勝てないようになっていますからね)。

流石にフィギュアスケートで「ロシアの選手が4回転の大技を決め切った」とは、今のところ言ってないですが(笑)
オカピー
2019年11月19日 17:26
浅野佑都さん、こんにちは。

>>2アウト
>たぶん、毎試合言ってますね・・。

今年から、野球に限らずスポーツ中継を聞いていてやたらに使われる「~になる」という表現を気にするようになりました。
 どの局のアナも程度の差こそあれ、使っているから、流行でしょう。


>カレーになる前は何だったのか?と言いたくなりますよ(笑)

「なる」には「当たる、相当する」という意味があり、接客業が使うのはその意味ですね。つまり“状態”を指している。それ自体は明治時代でも使うことがあったようです。例えば、「お代は10銭になります」といった具合。頻繁になったのは平成も後半に入ってからでは?
 カレーを出すという前提があって初めて、「こちらが注文されたカレーに当たります」の意味となるわけですね。前提がない場合は使えない。しかし、どうして「なる」が丁寧語になるのかは解りません。姉貴に言わせますと、「ご覧になる」といった表現の「なる」が入っているんじゃない?とのこと。

違和感を感じる理由としては、「なる」は一般的には“変化”を表す動詞であって“状態”を示すことは滅多にありません。
 “変化”を表す動詞の現在形は日本語では未来を示し、“状態”の動詞(である、等)の現在形はそのまま現在を示します。
 両者は、野球と体操くらい違います。野球のルールに体操の採点を取り入れて、今のセーフは惜しいので9.0と言っているような感じでしょう。野球ファンは怒りますよ(笑)

「~になる」は、評判の悪い「~に終わる」の言い換えのケースもあるようです。「○○選手は4位になりました」は昔なら「4位に終わりました」でしょう。本来「~に終わる」はネガティヴな意味はないはずなのですが、そういう人が多かったのは知っております。


>ここ10年くらいの気にいらない言葉として、「勝ち切る」や
>「(シュートを)決め切る」があります・・。

確かによく聞きます。僕はそれほど気にしませんでしたが、確実に今日から気になりますね(笑)

前にも言った野球用語最近はスポーツ全般用語になってきた「痺れる(緊張する)」が問題なのは、新しい意味で使っているか否か曖昧な時があることですね。
 この間ニュースか何かで「シーソーゲームで痺れました」と言うのを聞いたのですが、これは“緊張する”という意味にも取れるし、従来の“陶酔する”という意味にも取れる。
 言葉は変わるのはやむを得ないにしても、過渡期にはそういう弊害が出ますね。今のところスポーツを観ない人には、痺れる=陶酔する、でしょう。また、これは世代間でギャップのある言葉の例かもしれません。