映画評「真夜中のカーボーイ」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1969年アメリカ映画 監督ジョン・シュレシンジャー
ネタバレあり

TVで観た後1980年頃名画座で観、その後またTVで2回観ていると思う。つまり多分4回目(そのうち3回が原語完全版)。

テキサスの若者ジョン・ヴォイトが自分の肉体でご婦人方を喜ばせる男娼になろうと長距離バスに乗ってニュー・ヨークへやって来る。しかし、想像と現実では大違い、初めて相手になった姥桜シルヴィア・マイルズからは逆に金を取られるわ、酒場で知り合った足の悪い小男ダスティン・ホフマンに紹介された男は男色専門の斡旋業だわで、なかなか思うように行かない。
 金もない為再会したホフマンにその仇名の如くネズミの巣のような彼の住居へ住まわせて貰い、詐欺と盗みとでやりくりする小男に付き合ううちに、性格的には正反対ではあるが同病相憐れむ関係になる。ホフマンが肺病を悪化させた為、彼は遊技場で知り合ったホモの中年男から金を奪って(恐らくこの暴力場面等で当初Xレイトとされた)長距離バスの切符を買い、ホフマンの長年の夢であるフロリダへ向かう。が、バスの中で男はこと切れる。

先日「さらば愛しき女よ」(1975年)でシルヴィア・マイルズを見て本作を思い出し、無性に見たくなった。その前に本作と関連付けたくなる「スケアクロウ」(1973年)を観たので益々我慢できなくなって二十年ぶりくらいに観る。

何回観ても凄い映画と思う。“フラッシュ・バック”という映画用語を僕の頭にインプットした映画なのである。
 例えば、序盤長距離バスの中で母親に捨てられて祖母と過ごした少年時代やガールフレンドとのカー・セックスなどが頭を過るところがある。回想とは違う、実際の人間の感覚に近い瞬間的なフラッシュ・バックの鮮烈なことよ!

一番最初の勤め先を辞める場面で、厳密に言うとフラッシュ・バックではないフラッシュ・フォワード(或いは想像)が出て来る。この手法は、終盤中年男から金を奪い取るところで事実上のカット・バックとして再登場し、ぐっと強烈な印象を醸成する。つまり男から奪うところでヴォイトはホフマンを階上から下ろし外に連れ出すところをフラッシュ・フォワードするのである。主人公の想像という以上に未来の事実なのだろうが、とにかく二つの時間軸のカット・バックであり、ひどく効率の良い効果的な見せ方だと腰を抜かすような衝撃を覚えたものである。
 日本でCMでも使われたニルソンの「うわさの男」を使う呼吸も映画史上でもトップ・クラスの秀逸ぶりで、こんな呼吸の映画を観たら内容をさし措いてその年のベスト1にしてしまう。

その内容であるが、これを友情物語と決めつけることには違和感がある。二人の関係は同病相憐れむと同時に、性格の違うところを以って互いに補完する関係である。特にお上(のぼ)りさんで人の良いヴォイトにとってはこすからいニュー・ヨーク育ちの小悪党ホフマンは必要欠くべからざるもの(者)なのである。彼らがそうせざるを得ないのは当時のニュー・ヨークが他人にひどく厳しい社会であるからで、その現実を英国人ジョン・シュレシンジャーが皮肉っぽく描出したわけである。
 カウボーイという謂わばアメリカの理想像を、売春する似非カウボーイにアメリカを横断させることで、木っ端みじんにぶち壊す。最後に若者がカウボーイの服を脱ぐのはもはやアメリカにそんな理想像などないという意味であろう。メタファー的意味とは別に、彼が現実的に生きることを決心したことがよく解る行動になっている。

翻って現在の日本。貧乏人に対して“自己責任論”を押し付けて寛容さがなくなっている。先月の新聞によれば、国民の自己判断による寛容度では日本は先進国で下位に甘んじている。

「スケアクロウ」ではジーン・ハックマンとアル・パチーノの凸凹コンビが抜群だったが、それに先んじるこちらのダスティン・ホフマンとジョン・ヴォイトも断然素晴らしい。

伝統伝統と盛んに言う保守層の一部が、日本の伝統ではないかと僕が半ば勝手に決めつけている寛容さを失っている。例えば、奈良時代以降の古典文学を読むと、日本人はLGBTに寛容であったこと、即ち“日本にLGBTの伝統はない”という不勉強な一部自民党議員が仰る見解が大嘘であることが判る。それは明治時代に欧米から輸入された150年程度の非伝統的観念である。今年は新元号のおかげで「万葉集」に触れる人が増えるだろうが、それ以外の日本の古典ももっと読みなさいよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年04月03日 12:54
封切りで観て、その後TVで観て、2003年に何十年かぶりにレンタルビデオで再見、8年後に中古DVDを買って観たはずですから、僕も4回かな。
「フラッシュ・フォワード」の件は、僕も2011年に追加記事で書きました。
表現としてボイトが(ホフマンを助けようと、フロリダ行きを)急いでいる感じが上手く出ていると書いてますね。
高校生当時、翻訳本も買って読んだので思い出深い映画です。
オカピー
2019年04月03日 21:07
十瑠さん、こんにちは。

>封切りで観て
そこに数年の年齢差が出るんですよね。
リバイバルもなかったらしいので、名画座で観られたのはラッキーでした。

>表現としてボイトが急いでいる感じ
確かにそうですね。そういう表現が僕には思い至らなかった。無念(笑)。

>翻訳本
それはそれは。
群馬県の図書館にはないようなので、読めませんね。
蟷螂の斧
2019年04月10日 20:49
オカピー教授。こんばんは。
僕は大学4年の冬。この映画をテレビから録画して見ました。日本語版です。

>初めて相手になった姥桜シルヴィア・マイルズ

安っぽい香水が似合いそうなオバサンと映画評論家が言ってました。この映画の中でインパクトがある場面の一つです

>「何がジェーンに起ったか?」

そのうち見たいです

>奪われる命のほうが多い

僕が尊敬するジョン・レノンも救われたかも知れません

>とぼけた西部劇二本

子供の頃にテレビで見た「西部無法伝」を今でも思い出します。
面白かったです
オカピー
2019年04月11日 17:42
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>インパクトがある場面の一つ
初めてTVで観た時は、この場面とラスト・シーンが印象に残りましたね。
フラッシュバックで腰を抜かしたのは大学生になって少し生意気になり、映画館で観た時と思います。

>>「何がジェーンに起ったか?」
去年NHK-BSに出たように思います。惜しかったです!「

>ジョン・レノンも救われたかも知れません
僕もそう思うなあ。やつは何であんな馬鹿なことをしたのか。

>「西部無法伝」
ありゃ、珍しくこれは未見ですよ。
「夕陽に立つ保安官」と「地平線から来た男」がその二本でしたが、「西部無法伝」もコミカル系でしたでしょ?
蟷螂の斧
2019年04月13日 06:52
オカピー教授おはようございます。
映画館で見たんですか?何とも羨ましい話です

>酒場で知り合った足の悪い小男

誰もが言うように「卒業」とは全く違う役。素晴らしいです

>やつは何であんな馬鹿なことをしたのか。

あいつ一人だけでなく、もっと大規模な陰謀・・・・

>ありゃ、珍しくこれは未見ですよ。

BSあたりで放映してくれないかなあ・・・
僕が見たのは日本語版。名古屋章さんの吹き替えがピッタリでした。
もちろん大笑いする場面がいくつかある映画でした
オカピー
2019年04月13日 20:28
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「卒業」とは全く違う役
元祖カメレオン俳優という感じですかね。
「大統領の陰謀」なら「卒業」と結びつかないこともないですが、その後も「トッツィー」とか「レインマン」もあり、色々と楽しませてくれます。

>大規模な陰謀
アメリカ当局は過激な思想家とみなしたところもありましたからねえ。
一応アメリカ司法の判断で無罪放免となったと思ってはいますが。

>大笑いする場面がいくつかある映画でした
60年代から割合コメディーにもよく出た俳優ですから、その延長上の西部劇諸作だったのでしょうね。
放映権とか色々ややこしいところもありますが、昔の映画を大量にやってくれないかなあ。NHKはBS2がなくなって以来、BSプレミアムで西部劇を大量に放映しているので可能性はあるように思いますが。
蟷螂の斧
2019年04月15日 19:40
オカピー教授。こんばんは。いつも勉強になりますありがとうございます。

>「トッツィー」

あれも驚きましたまさか女装とは
共演のジェシカ・ラングも好演

>一応アメリカ司法の判断で無罪放免

・・・

>BSプレミアムで西部劇を大量に放映

あるいはムービープラスやシネフィル

>月曜日終了

僕なんぞよりは遥かに仕事が出来る若者たち(同僚)。
あなた達は凄い
でも・・・(以下省略)
オカピー
2019年04月16日 17:55
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>共演のジェシカ・ラングも好演
そうでしたね。
僕は彼女が「キング・コング」で出て来た時、カワイ子ちゃん女優で終わると思いましたが、とんでもなく化けました。

>ムービープラスやシネフィル
今のところ、当方は、WOWOWとNHK。
今いちばん古い映画が充実しているのはどこでしょうかねえ?
“シネフィルWOWOW”の番組表を見たら、最近はなかなか出て来ない戦争映画「コマンド戦略」がありました。昔はこういうのを地上波でよくやっていましたね。
「コマンド戦略」のように1980年代より前の作品を希望しますが、なかなかないですね。

>遥かに仕事が出来る若者たち(同僚)
そんなこともないでしょうが。
 同僚と言えば、昨日片道100kmの距離をものともせず、昔の同僚が遊び(本当は仕事がてら)にやってきました。その彼はオーディオ関連商品を売る事業主なのですが、彼から、僕たちの後輩である女性が設計事務所を起こして従業員を雇ってばんばん仕事をしているという情報を得ました。
 確かにHPがありました。技術部に所属していた会社員時代にならったことを最大限生かしている。高卒ですが、大学の講師をしていた時期もあり、凄いものです。休みには自転車に乗っているそうで、何と埼玉県からわが群馬県の榛名山くんだりまで来ている。素晴らしいパワーですよ。
蟷螂の斧
2019年04月17日 17:28
オカピー教授。こんばんは。

>とんでもなく化けました。

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」が良かったです

>「コマンド戦略」

時々放映されていますが、まだ見ていません・・・

>設計事務所を起こして従業員を雇ってばんばん仕事をしている

素晴らしい人です

>高卒ですが、大学の講師をしていた時期もあり

多方面で頭が良い人でしょう。

>埼玉県からわが群馬県の榛名山くんだりまで

無尽蔵のエネルギー

>遊技場で知り合ったホモの中年男

日本語版。ジョン・ヴォイトに対して割りと知的な話しかけ方をした記憶があります親切そうなイメージではありましたが・・・
オカピー
2019年04月17日 22:26
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「郵便配達は二度ベルを鳴らす」
映画は中の上くらいでしたが、ジェシカ・ラングが良かったですね。

>多方面で頭が良い人でしょう
僕も一目置いていまして、大卒もいる中、部門で唯一女性で名刺を持っていたのが印象に残っています。

>無尽蔵のエネルギー
会社を営む為に却ってそういうものに力を注ぐ必要もあるのでしょうね。

>知的な話しかけ方
そうでした。
一部に彼はマゾヒストとしているサイトがあります。いたぶられるところはありますが、僕はやや疑問なのであります。男色家であるのは間違いないですがね。
蟷螂の斧
2019年04月18日 21:29
>奈良時代以降の古典文学を読むと、日本人はLGBTに寛容であったこと

えっ!そうなんですか?

>男色家であるのは間違いないですがね。

「スケアクロウ」に出てくる更生施設の牢名主のジャック・ライリー(リチャード・リンチ)も気さくで親切な人かと思ったら、実は・・・

>会社を営む為に却ってそういうものに力を注ぐ必要

やっぱり勉強が出来るだけでは駄目だと言う事でしょう。オールマイティ
オカピー
2019年04月19日 19:22
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>>日本人はLGBTに寛容であったこと
「日本書紀」の初めの方に、男の神官が死んだ同僚を追って死ぬ話があり、井原西鶴は「男色大鑑」という作品の最初に言及、作品の結論として“男色は、女性との恋愛よりきれいで良い”と言っています。
武士道について触れた「葉隠」では、“男色相手のいない侍は、夫のいない妻に等しい”と男の恋人を持つことを勧めています。
一般論としても、侍や僧侶が稚児さんを恋人に持っていたのはほぼ常識で、様々な書物で扱われていますね。今日本で“稚児”と言えば、大概同性愛相手の少年という意味に使われていると思います。
同性愛が禁じられるのは明治になってキリスト教的な思想が入って来たからですが、西洋とて産業革命以前は結構同性愛者は公然といました。ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、芸術家に多かったようですね。産業革命でマンパワーが必要になったため、子供を増やさない同性愛が避けられるようになったようです。

トランスジェンダーについては、日本では平安時代に書かれた「とりかへばや物語」というのが有名です。大人しい少年が女性として、勇ましい少女が男性として暫し暮らす、というお話。

>「スケアクロウ」
刑務所の男色は特に欧米では当たり前のようで、単なる性欲処理である場合が多いのでしょうね。昔僧侶が男色したのも、多くは、女犯(にょぼん=女性との関係)が厳禁だったからでしょう。

>やっぱり勉強が出来るだけでは駄目だと言う事でしょう。
それはよく感じます。政治家・官僚にも勉強はできるが能力のない人は多いですね。
蟷螂の斧
2019年04月20日 12:40
オカピー教授。こんにちは。

>侍や僧侶が稚児さんを恋人に持っていた

能楽の世界も関係あるんですか?

>産業革命でマンパワーが必要

その時以上に今の方が人手が足りません

>刑務所の男色

「ショーシャンクの空に」

>勉強はできるが能力のない人は多いですね。

「今太閤」の再来が出現して欲しいです

>当時のニュー・ヨークが他人にひどく厳しい社会

ビリー・ジョエルのアルバム「52番街」って・・・
オカピー
2019年04月20日 18:55
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>能楽の世界
足利義満が世阿弥とそういう関係を持っていたというのは割合知られてしますが、一般的にどうだったかは不案内です。

>今の方が人手が足りません
使われていない人員が多くいるのも事実ですが、とは言っても急場をしのぐマンパワーが必要なのもまた事実。とは言え、一時しのぎの為に余り外国人に頼ると、職業カースト(3Kが最下層)ができる可能性があり、それも怖い。そうなると日本人は最下層の職種でもう働かなくなります。分離で騒いでいる英国では、外国人が英国を嫌って出て行くと掃除婦などがいなくなって困ることになると言われています。

>「ショーシャンクの空に」
そう言えば、「網走番外地」の第一作でも、婉曲的に触れられていたような記憶もありますね。

>「今太閤」の再来
これがなかなか(笑)
 派閥の力が弱くなった結果、平議員がぺこぺこ野郎ばかりになっていかんですね。かつて派閥は嫌われていましたが、機能しなくなると望まれる。我々外野もまたいい加減な欲張り(笑)

>ビリー・ジョエルのアルバム「52番街」
よく解りませんが、52番街はジャズ・クラブが栄えた町だそうで、だからややジャズィな演奏が多いアルバムになっているんですね。
 僕はその前の「ストレンジャー」が好きで、ビートルズの合間によく聴いたものです。
蟷螂の斧
2019年04月21日 17:36
オカピー教授。こんにちは。

>「ストレンジャー」

日本人好みの名曲これをベースにした曲もあります。

>52番街はジャズ・クラブが栄えた町

なるほど。勉強になります。ありがとうございます

>機能しなくなると望まれる

決め手がないです

>「網走番外地」

そういう雰囲気や台詞がありました

>外国人が英国を嫌って出て行くと掃除婦などがいなくなって困る

英国ではなく米国のアニメを思い出しました。「トムとジェリー」のお手伝いさん。あの人のキャラ、好きです

>一般的にどうだったかは不案内です。

そして歌舞伎。
オカピー
2019年04月22日 18:14
オカピー

>>「ストレンジャー」
>これをベースにした曲

何かあったような気がしますが、思い出せないなあ。
「ニューヨーク52番街」の最初の曲“ビッグ・ショット”はサザン・オールスターズ(桑田佳祐)が「DJ・コービーの伝説」で拝借していますが。

>「トムとジェリー」
1960年代半ばに放映されたシリーズの主題歌(日本語)だけはよく憶えていますが…

>そして歌舞伎
恐らく女形(おやま)には、そういう傾向のある人も多いかもしれませんね。言葉遣いなども非常に優しいですし。

この記事へのトラックバック

  • 真夜中のカーボーイ

    Excerpt: 男の魅力で女性相手にひと稼ぎしようと、テキサスの田舎からニューヨークにやって来たカウボーイ気取りのジョーだったが現実は甘くない。 ある日、肺病で足の悪いラッツォに出会う…。 社会派ヒューマンドラマ。 Weblog: 象のロケット racked: 2019-04-05 18:49
  • 映画評「歓びのトスカーナ」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年イタリア映画 監督 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-04-21 08:59