プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「オリエント急行殺人事件」(2017年版)

<<   作成日時 : 2018/10/05 12:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2017年アメリカ=マルタ合作映画 監督ケネス・ブラナー
ネタバレあり

アガサ・クリスティーの有名ミステリーをケネス・ブラナーが映画化、自ら私立探偵エルキュール・ポワロに扮して出演もしている。

ミステリーの中でも本格ミステリーでは犯人とそのトリックを明かすことは厳禁だから、結末まで記すことの多い本ブログでもそれは遵守する。余りにも有名だからもう大半の人が知っているでしょうがね。

ポワロがイスタンブールから欧州に向けて出発するオリエント急行で休暇を楽しんでいたところ、偽物の骨董品を売って恨みを買っていた富豪ラチェット(ジョニー・デップ)が殺される。
 他の乗客は、宣教師(ペネロペ・クルス)、教授(ウィレム・デフォー)、公爵夫人(ジュディ・デンチ)とその侍女、ラチェットの秘書(ジョシュ・ギャッド)と執事(デレク・ジャコビ)、医師(レスリー・オドム・ジュニア)、未亡人(ミシェル・ファイファー)、家庭教師(デイジー・リドリー)、若い伯爵夫婦といった顔ぶれ。
 少なからず刺し傷があり犯人は被害者に相当の憎しみを持っていたようで、ポワロが調べていくと富豪と関連する人物が次々と現れ、その線から犯人を絞るのは容易ではない。しかも全員にアリバイがある。

僕は原作を読み、映画化決定版とも言える1974年シドニー・ルメット版を観ているので、お話としては面白味をそれほど感じることもできないし、さらに興醒めになった点が二つある。

一つは原作になかなか忠実だった1974年版より本格ミステリー度を弱めていること。ポワロが犯人を絞る前に自ら犯人だと名乗り出、ポワロを襲う人物が出て来るなど、サスペンスに傾いていて、本格ミステリーとしては物足りない。特に、解決即ち大団円の部分にポワロものらしさを求めるムキには、ヒューマニズムを拡張・強調しすぎて、肩すかしに感じる人がいるかもしれない。

もう一つは、ポリティカル・コレクトネスにより時代性を無視し古典を破壊し続けるハリウッド映画の悪癖。典型的なのは医師(原作における医師ではなく、大佐に相当する。この二者を合体させた人物)が黒人になっていることだが、実際に人種差別への言及が幾つか出て来る。かなり極端に反リベラルを突き進む大統領が生れたから、アメリカ映画人は益々この傾向を強めていくだろう。
 嘘(世界的に政治家の間に流行していますな)と虐めとあらゆる差別が嫌いとは言っても、主題を離れて映画がそれを扱うと鼻白む。扱っても良いがもっとそこはかとなく出来る筈である。本作は露骨すぎはしまいか? 僕の過剰な反応だろうが、それによって本作は何を見せたかったのか曖昧になった感じがするのである。

顔触れも豪華とは言え、オールスター映画の中でも横綱級の1974年版には大分及ばない。

肝心の汽車がロングにおいてはCGと思われる。つまらんねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オリエント急行殺人事件
トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。 車両に居合わせたのは、共通点といえば目的地のみというさまざまな境遇の13名で、全員にアリバイがあった。 そして、もう一人乗り合わせたのが、“世界一の探偵”エルキュール・ポアロ。 列車という密室で再び殺人者が人を襲う前に、彼は事件を解決しなければならない…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/10/05 21:13
オリエント急行殺人事件 (2017)
TBはここにお願い致します。 ...続きを見る
銀幕大帝αTB受付
2018/10/06 12:04
「オリエント急行殺人事件」
最後の審判を下すのは、ポアロ!? ...続きを見る
或る日の出来事
2018/10/09 07:37
「オリエント急行殺人事件」1974年版所感及び2007年版との比較
ケネス・ブラナーの新バージョンが本格ミステリーとしては欲求不満を起こす出来栄えだったので、15年くらい前に再鑑賞し13年前にブログに記事をあげたこの決定版を再々鑑賞、簡単に比較してみることにした。2017年版の映画評とかなりダブるが、悪しからず。 ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/10/10 10:59
『オリエント急行殺人事件(2017)』('17初鑑賞135・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月8日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。 12月19日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:45の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/10/10 14:14
「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画
なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと言える。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/10/13 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
予告編を見てなんとなくまずそうな予感がして見てないのですが、予感はあたってるみたいですね。テレビかGyaoの無料視聴の機会があればスターがいっぱい出てるので見てみたいですが、予告編でもケネス・ブラナーがへんにいきっている雰囲気が鼻についてね。
いま、ナイジェリアは映画産業がどんどん盛り上がっていて、ノリウッドと呼ばれていますが、当然作っているのも出ているのもアフリカ人。アメリカで人種差別をなんとかしようというのは意味があるのでしょうけれど、映画はアメリカだけではないのでね。日本映画は日本人が中心ですし。アメリカ人ももっと外国の映画を観るようにしたほうがいいんじゃないでしょうか。
nessko
URL
2018/10/05 23:01
nesskoさん、こんにちは。

クリスティー若しく本格ミステリーのファンは、多分、がっかりすると思います。
こういう言い方は失礼ですが、この作品に横たわっている純粋に映画的な問題が全く気にならない方は楽しめるかもしれません。

>ナイジェリア
この国の潜在能力は凄いと思います。何しろ2050年の人口予測は倍増して約3億、2100年の人口予測は9億人! ナイジェリアが発展すれば、民度が進んでアフリカの戦争(主に内戦ですが)もなくなっていくような気がします。現在の先進諸国の変わり方を見ますとね。

>アメリカで人種差別をなんとかしようというのは意味があるのでしょうけれど

それを主題にすれば、すっきり見られるのですよ。
そうでもない童話だったり、有名な原作ものだったり、を変な風に改竄するから気持ち悪いものになる。

>アメリカ人ももっと外国の映画を観るようにしたほうがいいんじゃないでしょうか

仰る通り。
まず一般的なアメリカ人は外国の映画を観ないと思いますね。日本はその点まだまだましですが、僕らが若い頃に比べると外国映画を(中心に)観る人が減った感じがします。
20世紀以降アメリカ人は、トランプだけでなく、世界は自分たち中心に回っていると思っている。困ったものです(笑)
オカピー
2018/10/06 18:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「オリエント急行殺人事件」(2017年版) プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる