映画評「アトミック・ブロンド」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2017年アメリカ=ドイツ=スウェーデン合作映画 監督デーヴィッド・リーチ
ネタバレあり

シモーヌ・ボーヴォワールの「第二の性」を読み終えた。男女をめぐる色々な現象が家父長制社会から生まれたと理解できて抜群に興味深い。
 70年前ボーヴォワールは女性が体力的・身体能力的に男と伍する映画がこれほど作られるとはなかなか想像できなかったにちがいない。しかし、これはフェミニズムが欧州においてほぼ目的を達したから起きている現象なのか、それともまだまだ足りないからこういう映画で促そうという目論見があるのか研究に値しようか。少なくとも原作の劇画を書いたコンビ(サム・ハート、アントニー・ジョンストン)はどちらも考えていないと思うが。

「007」や「ミッション:インポッシブル」のような極めて漫画的なものを別にすると、スパイものはハードボイルド映画と並んでややこしいものが多く、劇画を原作とするにもかかわらず、本作もその例に洩れない。そこで敢えて簡単にお話を記す。

雪解けが進み東ドイツの共産主義体制が崩壊しようとしている1989年、MI6の女スパイ、シャーリーズ・セロンが、冷戦に絡むスパイを網羅するリストを仲間から奪った人物もしくは組織から奪還しに東ベルリンに赴き、現地で働くスパイのジェームズ・マカヴォイに接触するが、やがて彼女の行動や作戦が筒抜け、二重スパイ“サッチェル”の存在が明らかになり、その正体を暴く必要が生じて来る。
 リストは腕時計型の装備だけでなく、ヒッチコック「三十九夜」(1935年)のミスター・メモリーを髣髴とする記憶男エディ・マーサンの頭にも入っているが、彼を殺され、“サッチェル”と対峙することになる。

根幹だけを抜き取ればそうややこしくないが、実際に観ているとよく解らないところがある。回想型で頻繁に二つの時間軸を往来するところに、却ってややこしさを増した理由があるように思うし、それを別にしてもこの往来が展開にブレーキをかけるような印象を覚えさせる。ここ四半世紀くらいもの凄い率で回想形式が使われているのに嫌気が差しているので、余計に気になる。但し、冷戦時代が終ろうとしている時に冷戦時代的抗争が行われていたという着想は捨てがたい。

スタントマン出身というデーヴィッド・リーチという監督の見せ方は相当スタイリッシュで、アクションを切れ目なく見せる長回しを別にしても、なかなか良く、得点源。誤魔化しが効きにくい長回しということで、シャーリーズも自ら相当頑張ったのだろうが、恐らくはスタント・ウーマンが多くの場面で活躍していると思う。最近はコンピューターを使って一つのショットに見える細工が出来るらしいから。実際、かつらを被っていたり、アクションの前にわざわざサングラスをしたりするのは区別しにくくするためではないかと意地悪く勘繰れたりする。

1989年及びドイツということを考慮したポスト・パンク的でシンセサイザーを使った既成曲(個人的にはデーヴィッド・ボウイが印象深い)を多用して耳を楽しませてくれるのは良い反面、のべつ幕なくかかっている感じで、映画における音楽の効果を考えた時には余り褒められない。

戦後相当進んだところもあるが、日本はまだ「なみだの操」の精神が根強いか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

zebra
2019年08月28日 19:47
オカピーさんこんばんは DVDでみました

ややっこしかったですね。スパイがらみの人間関係は私の頭では 理解に追いつくのに時間がホントかかりました。

もちろん シャーリーズ自身 撮影に取り組むにあたって 格闘技のインストラクターの指導の下で過酷なトレーニングを積んだと聞いていました。

オカピーさん こういう敵味方がわからない状況下での 偉人の格言を見つけました。

「困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ」
(小林多喜二 作家)
オカピー
2019年08月28日 22:45
zebraさん、こんにちは。

>「困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、
>そして誰が本当の味方だったかわかるものだ」
>(小林多喜二 作家)

現役時代、僕が入って来た新人に述べたことに似ていますね。曰く、
「会社に入るとその人の本当の性格が出る。友達関係では無理だ」と。

彼は「友達同士のほうが自分を出せますよ」と反論しましたが、全く解っていないと思いましたね。
 友達は関係維持を重視しますので、相手の嫌がることはなかなか言わない。中にはそういう友達関係にある人もいますが、殆ど例外ですね。会社で他部署との交渉ではどうしても性格が出ます。僕は自分の思いがけぬ短気さにびっくりしましたよ(笑)。
zebra
2019年09月03日 18:35
オカピーさん シリアスな方面にコメントが進んでしまいましたね。

けれども このシャーリー演じた女性スパイ 常に敵がねらっているか、わからない、あるいは信じていたやつが実は味方の振りをしていた敵だった、

疑心暗鬼だらけのなか土壇場で 女性スパイも真相に気づいて
「あの野郎~」な気分でしたからね。
オカピー
2019年09月03日 21:51
zebraさん、こんにちは。

どうもすみません。
真意を読みそこないました。

>疑心暗鬼だらけのなか土壇場で 女性スパイも真相に気づいて
ややこしすぎて溜った憂さを、最後に(観客も)晴らす感じですかねえ。

この記事へのトラックバック

  • アトミック・ブロンド

    Excerpt: 東西冷戦下の1989年。 イギリス秘密情報部MI6の女性諜報員ロレーン・ブロートンは、世界中で暗躍する各国のスパイ名が記録された最高機密リスト奪還と、二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すため、西ベルリ.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-10-17 19:12
  • 「アトミック・ブロンド」

    Excerpt: シャーリーズの美しさとタフなアクションを見る映画。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-10-18 00:57
  • 「アトミック・ブロンド」

    Excerpt: シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに最初の方気を抜いていた為、中盤窮地.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-10-18 13:52
  • アトミック・ブロンド

    Excerpt: TBはここにお願い致します。 Weblog: 銀幕大帝αTB受付 racked: 2018-10-18 14:06
  • 『アトミック・ブロンド』('17初鑑賞117・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月24日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2018-11-05 13:59