映画評「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2016年日本映画 監督・中村義洋
ネタバレあり

「呪怨」のハリウッド版が作られる頃から日本のオカルト・ホラー新作を観なくなったので、実に久しぶり。食指が動かされたのは、とぼけた感じが良い竹内結子が主演で、話術に長けた中村義洋が監督だからである。そんなわけで昨今の傾向は解らないながら、このホラーはなかなか面白く観た。

読者の手紙を基に短編恐怖小説を書いている作家の竹内結子が、建築科の女子大生・橋本愛から「住んでいる部屋で変な音がする」という手紙を受け取る。通常の地縛霊と違い、何の関係のない同じアパートの別の部屋でも奇妙な事件があることに興味を覚え、心霊サークルにも所属する女子大生と一緒に調査を始めると、元の住人が別の場所で自殺をしていたことが判明する。
 同業者の佐々木蔵之介や心霊マニアの坂口健太郎を加えてさらに手繰っていくうちに呪い(穢れ)の連鎖があることが判ってきて、遂には明治時代に福岡県で起きた炭鉱事故にまで遡及することになる。

ホラー映画としてはそれほど怖くないが、眼目は歴訪型ミステリーとしての面白さであるから、それをきちんと理解して観ればかなり楽しめる。怖くないと言いつつ、時代が遡るに連れて呪いの怖さがじりじりと醸成され出し、福岡県へ行く終盤ではそれが大いに増幅され、捨てたものでなくなる。いずれにせよ、怖がらせることだけを眼目としたものよりは個人的には【買い】である。

主人公の仕事の紹介編に過ぎないのかと思っていた最初の怪談が終盤この連鎖する呪いの一部であったというのは、些かこじつけっぽいものの、無駄のない作劇として評価しても良いのではないかと思う。

以上、簡単ですが、ご挨拶とさせて戴きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 残穢(ざんえ)‐住んではいけない部屋‐

    Excerpt: リング再起動? 公式サイト。小野不由美原作、中村義洋監督。竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介、山下容莉枝、成田凌、吉澤健、不破万作、上田耕一。原作者モ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2017-05-03 09:10
  • 残穢‐住んではいけない部屋‐

    Excerpt: はい、これ震えました。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2017-05-03 10:23
  • 16-102「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」(日本)

    Excerpt: 元を辿れば、根は同じ  怪談雑誌で読者の体験談をもとにした短編を連載している小説家の「私」。  ある日、読者の女子大生・久保さんから“今住んでいる部屋で奇妙な音がする”という手紙を受け取る。  .. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2017-05-03 12:00
  • 残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋- ★★★★

    Excerpt: 人気作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞作『残穢』を竹内結子と橋本愛の主演で映画化したホラー・ミステリー。奇妙な音がするというマンションの住人からの投書をきっかけに、その原因究明に乗り出した主人.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-05-03 23:41
  • 「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」第28回東京国際映画祭

    Excerpt: コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-05-04 13:40