映画評「バトルフロント」

☆☆★(5点/10点満点中)
2013年アメリカ映画 監督ゲイリー・フレダー
ネタバレあり

元麻薬潜入捜査官ジェイスン・ステイサムが、もう少しで10歳になる一人娘イザベラ・ヴィドヴィッチと共に、亡妻の故郷へ引っ越す。小学校で気の強い娘はいじめっ子をのしてしまうが、その両親特に母親ケイト・ボズワースが彼に食って掛かり、腕っぷしでは太刀打ちできないと知るや兄の麻薬密造人ジェームズ・フランコに訴える。
 フランコはステイサムの家に入って家探しをして彼が元麻薬捜査官であると知り、それを逆手に彼をやっつけ、かつ、密売ルートの拡張を図ろうと、恋人の売春婦ウィノーナ・ライダーをステイサムが以前逮捕した男の関係者に侍らすが、こちらは余り上手く行かない。
 そこで仲間と共に家に乗り込んで娘共々お陀仏にしようとするが、逆に仲間がお陀仏になってしまう。大騒動の最中ウィノーナが娘を拉致し、フランコの麻薬製造場に連れて来る。ステイサムは警察に応援を頼みながらも単独で、娘を連れて車を走らせる男を必死に追う。

序盤はまだっるこいが、眼目は拉致された娘を父親が奪還する「コマンドー」ヴァリエーション。主人公が元○○というのもこの手の定石で、南部の保守的イメージの下に登場する保安官の扱い以外に新味は殆どないと言って良いものの、思いの外楽しめる。この新味不足具合で☆☆★はかなり誉めているものとご理解されたし。

近年のアクション系の例に洩れず、アクション描写は細切れショットの組み合わせで感心しないが、それでもクロースアップではなくミディアムショットやフルショットを多く使っている為に全体像把握に余り支障なく、一応見ていられる。

お暇なら見てよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2015年04月19日 07:03
ジェイソン・スティサムも似たような役ばかりやっておりますね。
頭が薄くて細マッチョなところが受けているんですかね?
オカピー
2015年04月19日 20:43
ねこのひげさん、こんにちは。

いかにもという感じでないのが人気の元かもしれませんね。少なくともシュワちゃんよりは良いな^^

この記事へのトラックバック

  • B級ステイサム~『バトルフロント』

    Excerpt:  HOMEFRONT  インターポールの潜入捜査官だったブローカー(ジェイソン・ステイサム)は、 引退して娘と二人、亡き妻の地元であるルイジアナの田舎町に引っ越す。娘 .. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-04-16 11:42
  • バトルフロント ★★★★

    Excerpt: 世界のアクションスター、シルヴェスター・スタローンが製作と脚本を担当。「ロッキー」などで脚本家としても高い評価を受けるスタローンが、チャック・ローガンの小説を基に、元麻薬捜査官の運命をスリリングに描き.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-04-16 12:41
  • 『バトルフロント』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「バトルフロント」□監督 ゲイリー・フレダー□脚本 シルベスター・スタローン□原作 チャック・ローガン□キャスト ジェイソン・ステイサム、ジェームズ・フランコ、ウィノ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-04-16 18:42