映画評「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー」

☆☆★(5点/10点満点中)
2013年アメリカ=中国=香港合作映画 監督キアヌー・リーヴズ
ネタバレあり

キアヌー・リーヴズの初監督作品という話題性はあったが、大々的な公開にはならなかったらしい。

太極拳達人の若者タイガー・チェンが、開発の為に取り壊しが沙汰されている師匠の寺を守ろうと、キアヌー・リーヴズが秘密に公開している中継の試合に出てお金を稼ぐうちに、太極拳本来の精神を失って血迷い、師匠にも暴行を働くが、リーヴズが殺人を目的としていることに気付いて正気を取り戻し、殺人事件を捜査している香港警察のカレン・モクに密告する。これにて事件がひとまず解決した後タイガーは捕物の最中に逃げ出したリーヴズと対決することになる。

アンダーグラウンドの試合がペイ・パー・ヴューで公開され、若者の生活が半ば「トゥルーマン・ショー」状態になっているという設定が少し面白い一方、血迷った青年がやがて正気を取り戻して悪党と戦い、開発事業と寺が上手く共存していくという幕切れはまるでブルース・リー時代の香港映画に限りなく近い勧善懲悪的泥臭さで苦笑が洩れる。あの時代よりパッケージが洗練されているので採点は悪くないが、本質は変わらず全体として余り誉められない。

アクションに関してはカット割りを含めてまあまあながら、気が抜けるワイヤー・アクションは本格的なカンフー映画ではノー・サンキューである。唯一効果を発揮しているのは“気”でリーヴズが飛ばされる箇所で、こういう使い方なら歓迎したい。

タイガー・チェンは氷川きよしに似ているという噂がありますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2015年02月24日 02:40
キアヌ・リーブスは日本がお気に入りのようで、たびたびあちこちで目撃され写真にも撮られてます。
皇居のそばを歩いていたとか、六本木のレストラン、山手線に乗っていたとか・・・
日本での映画の撮影があるのかもしれませんね。
オカピー
2015年02月24日 20:12
ねこのひげさん、こんにちは。

アジアの血が少し混じっているそうですね。
「47 RONIN」という変則的「忠臣蔵」にも主演していますし、日本が好きなのでしょう^^

この記事へのトラックバック

  • キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー★★★

    Excerpt: 『マトリックス』シリーズや『47RONIN』などのキアヌ・リーヴスが映画監督に初挑戦し、出演も果たしたアクション。世界中に中継される闇格闘技に出場した太極拳の使い手が、試合を取り仕切る組織の陰謀に対峙.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-02-23 12:06
  • キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー (Man of Tai Chi)

    Excerpt: 監督 キアヌ・リーヴス 主演 タイガー・チェン 2013年 アメリカ/中国/香港映画 105分 アクション 採点★★★ アメリカでは何かっつうと銃撃戦と爆発が起きて、イギリス人はとりあえずパブ。香港.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2016-03-15 12:22