映画評「小さいおうち」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・山田洋次
ネタバレあり

中島京子女史の同名直木賞受賞作を山田洋次監督が映画化したドラマ。

大学生の健史(妻夫木聡)が亡くなった大叔母タキ(倍賞千恵子)の自叙伝を託される。元々彼が書けと勧めたものだ。昭和十年ごろ山形から上京した後或る中流階級一家の女中として過ごした日々が中心となって書かれたもので、ここから回想に入っていく。

お話のスタートは、同じ時代を舞台背景とする「永遠の0」と苦笑が洩れるくらいそっくり。

十代のタキ(黒木華)は、金属製おもちゃを作る会社の常務を務める平井氏(片岡孝太郎)の家の女中になり、その妻・時子(松たか子)に可愛がられ、幼い息子・恭一にも好かれる。ある時家を訪れた会社のデザイン屋・板倉正治(吉岡秀隆)が訪れ、その会社員離れした様子に時子が気に入り、遂に彼の見合い話を進めるうちに懇ろの仲になってしまう。タキは彼の出征の日に最後の逢瀬をしようという奥様を止め、預かった手紙を持って彼の家に出かける。

序盤は前作「東京家族」同様完全なる小津安二郎調で、時子の姉を演ずる室井滋は杉村春子じゃねと思って観ていたくらい。ところが、時子と正治の間に慕情が生まれ隠微(淫靡ではないですぞ)なその心理を描出する辺りになるとぐっと趣が変わる(画面構成としては小津調は続き、終盤の水田の描写はまるで「麦秋」)。夏目漱石の心理小説を彷彿とするものがあるのである。そのムードを効果的に醸成している、正治の下宿先階段に関わるショットが本作の画面としては一番お気に入り。

実は隠微なのは二人の関係以上に、タキの心情である。秘められた三角関係ということに変わりはないが、その三角の相手が実は相当微妙で、ストレートに正治なのか、レズビアン的に時子なのか解らない。この作品に関しては解らないまま終わるからこそ秘めた心情の切なさが浮かび上がる。ある人の言う「描写が薄い」のではなく、意図的に曖昧に留めたのである。
 結果的に老いたタキの流す涙の意味が両義的になるが、多分正治に会わ(せ)ないまま死なせた奥様へのお詫びといった思いであろう。彼女が手元に置いていた奥様の手紙や正治の絵も色々含みがあり、正に漱石「こころ」の開けられたままになった障子(正治にあらず)の謎のようにいつまでも頭の中で響き続ける。これを全部あからさまにしたらそれこそ“身も蓋もない”ではないか。

恋愛心理映画として断然評価しつつも、静かな反戦映画としての側面も無視できない。時代の気分を、少々きな臭くなっている我が国の今に重ねているのであろう。「日本の人々は不本意な行動を取らされた。その不本意に気付かずに行動した人もいた」という終盤の台詞は、いかにも山田洋次らしい庶民感覚に横溢した素晴らしいものだ。

山田監督の素晴らしいカット割りはサスペンスにこそ生かされると思っていたが、漸くこの作品でその一端が感じ取れてハッピー。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2015年02月22日 16:21
戦争さえなければ、古き良き時代というべきか・・・・でありますかね。
さすがは山田洋次監督という映画でありますね。
黒木華さんもよい味が出ておりました。
これからが楽しみでありますね。
浅野佑都
2015年02月22日 19:00
 時子の正治へのラブレターを渡さなかったのは、タキが正治を好きだったからだとするコメントが多いんですが、ぼくは断然、プロフェッサーの指摘するもう一つの三角関係、つまり、一人の女性を、男と女が別々に愛してしまう方を取りますね。

ポイントは、時子の親友の、モガである睦子(中島朋子 好演!)にお茶を出すシークエンスですね・・。

そこで最近の時子のことを案ずるタキに、「こういうことだわ。好きになっちゃいけない人を好きになっているのよ」と睦子、タキは「そうなんです」と堰を切ったように泣く。

「好きになっちゃいけない人を好きになっている」のは自分であり、二人の会話は二重の意味を帯びてくるわけですね。

淹れてきたお茶が熱いと、時子に大仰に叱られたタキを、「かわいそうに・・」と、擁護する睦子の言葉も、(好きな人から)叱られてかわいそう、という二重の含みがあって、さすがに上手い・・。

昭和初期に流行った吉屋信子の少女小説のようなエスの慕情が、タキの中にあったのは確かですが、単純に、田舎娘が都会の男(吉岡秀隆)へ恋慕した、とも取れるようにわざとぼかしているのも、プロフェッサーの指摘の通りですね。

安倍政権への危惧も、声高でなく、それでいて肝心なところを押さえた布石をしているのも好感が持てます。
オカピー
2015年02月22日 19:41
ねこのひげさん、こんにちは。

1930年代の小津映画などを見ますと、庶民は案外のんびり暮らしていて、僕らが想像するよりは過ごしやすかったのかなと思わされることもありますが、やはりその時代に戻るのはゴメンですね。
2015年02月22日 20:12
小説も映画も未見ですが、おもしろそうなので映画観たいなと思いました。
あいまいにぼやかされてというけれども、そういう心情は当人もはっきりつかめないものかもしれないですね。
普段から自分の気持ちをいちいち分析したり言語化したりというの、作家でもない人はしてないでしょう。そうでもないのかな?
オカピー
2015年02月22日 20:56

浅野佑都さん、こんにちは。

>ポイント
そういうことですね。

>「好きになっちゃいけない人を好きになっている」
これ、三重ですよ、きっと。
時子の、睦子の、そしてタキの・・・
主語を使わなくても文章が成立する日本語ならではの絶妙な台詞ですよね。
もしそうであれば、断然タキは奥様に惚れ込んでいるということになるのですが。いずれにしても、奥様を崇拝はしていますね。

>吉屋信子
「良人の貞操」は読もうと思っていますよ。

>安倍政権
上手く処理していますよね。
中国の経済に頼っている状況など正にそのままですが、三人の動向が気になって、案外そうしたところに気付いた方は少ないかもしれません。
オカピー
2015年02月22日 21:06
nesskoさん、こんにちは。

原作を読まれている方によりますと、大分違うということです。

>そういう心情は当人も
そういうケースは、実生活を含めて、多いですね。

山田洋次監督にアレルギーを持っていない方であれば、かなりの確率で楽しめると思います。お勧めです。
2017年08月20日 13:27
やっと見ました。
>相当微妙で、
そうですね。露骨に描かれていない、タキ自身言語化できないのかもしれない、そういう思い、だから見る人の想像力が広がる。そこがいいですね。山田洋次はうまいなあ、と。
ひょっとしたら、手紙届に行ったけど、ほんとうに相手が留守で渡せなくて、でも渡せませんでしたと言ったら怒られそうだからだまったままだった、なんていう展開だってあり得ます。でも、ずっと手紙を未開封のまま手元に取って置いたあたりに、タキの時子への強い思慕が感じられるんですよね。
2017年08月20日 17:45
これすごく微妙なのは、遺品を片付けてるときに一枚絵があって、これどうする? というところであの絵がちょっとだけ強調されるでしょう。最後になって、戦後画家になった板倉(絵本の挿絵かなあ?)の原画展をやっていて、あのタキの部屋にかかっていた絵とタッチが似てるんですね。だから、タキは時子が、とも決めつけられない。トリュフォーの「突然炎のごとく」ですか、あれも三人いっしょにあのままでいられればそれがよかったのに、みたいなかんじがありましたが、ちょっとああいう、フランス映画的な味わいがしました。
オカピー
2017年08月20日 17:45
nesskoさん、こんにちは。

作者が結論を出せないから色々と想像できるようにごまかすケースもありますが、本作はその曖昧さが心理の綾を生み深みや含蓄となって、観客の心を揺さぶるんですね。
そう、山田洋次はうまいんです!(笑)

>タキの時子への強い思慕
それが恋愛的なものであっても、使用人としての主人に対するものであっても、強い思慕があったのは確かで、じーんとさせられましたね。


オカピー
2017年08月20日 17:59
nesskoさん、こんにちは。

丁度同じ時間に投稿していましたよ。

>タキは時子が、とも決めつけられない
そういうことなんです。あの絵の存在が最後になってまたまた微妙さを生むのですね。

>「突然炎のごとく」
(永遠ではなかったけれど)友情が成り立つ三角関係もある、ということを示した作品でした。
タキはそこまで達観した心境にはなれませんでしたが、彼女が真に愛したのはどちらだったのだろうと考えると、実に面白いですね。彼女が好きだったのは最初から板倉と決めつけてしまうとそういう楽しみがなくなってしまう。時子を愛していたのかもしれないと発想できない人は、損をしていますね。

この記事へのトラックバック

  • 小さいおうち/松たか子、黒木華

    Excerpt: 第143回直木賞を受賞した中島京子さんの同名ベストセラー小説を山田洋次監督が映画化したラブ・ミステリアスなドラマです。劇場予告編や宣伝チラシの印象は山田洋次監督っぽくない ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-02-22 10:44
  • 小さいおうち~長く生き過ぎた変われない私

    Excerpt: 公式サイト。中島京子原作、山田洋次監督。松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-02-22 11:13
  • 小さいおうち ★★★★

    Excerpt: 第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘めら.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-02-22 11:59
  • 『小さいおうち』('14初鑑賞11・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2015-02-22 13:59
  • 小さいおうち

    Excerpt: この世は小さいおうちの集合体なんだな。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2015-02-22 14:02
  • 『小さいおうち』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-02-22 20:06
  • 静かに反戦を謳う~『小さいおうち』

    Excerpt:  昭和初期、山形から東京へ女中奉公に出されたタキ(黒木華)は、赤い屋根瓦 がかわいい山の手の 「小さいおうち」 に雇われる。そこには、まだ若く美しい 時子奥様(松たか子)がいた。  山田.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-02-24 09:28
  • [映画]小さいおうち

    Excerpt: 2013年、日本 監督:山田洋次 原作:中島京子 脚本:平松恵美子 出演:松たか子、黒木華、倍賞千恵子、吉岡秀隆 GYAO! で視聴。 昭和11年に東京で女中奉公した女性が、当時の出来事を回顧する。.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2017-08-20 13:21
  • 映画評「いつまた、君と ~何日君再来~」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督・深川栄洋 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-05-05 09:27