映画評「浮草」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1959年日本映画 監督・小津安二郎
ネタバレあり

NHK-BSで放映したのを録画して観る。本作自体は久しぶりの再鑑賞だが、ほぼ同じお話のオリジナル「浮草物語」(1934年)を10年くらい前に観たばかりなので、それほど久しぶりという気がしない。

旅役者の一座がある町を興行に訪れる。座長・中村鴈治郎はこっそり足を一軒の家に運ぶ。昔の愛人・杉村春子に生ませた息子・川口浩に会う為だ。浮草稼業故に、大学進学を目指す息子を誇りに思っているが、自分と違う人生を歩ませたいので、その事実をずっと息子には伏して伯父として交流している。
 現在の愛人・京マチ子は昔の情婦がこの町に居ることに気付き、しかも息子がいると知って、妹分の若尾文子を使って彼を誘惑させる。が、二人は本気で愛し合うようになり、密かに旅に出てしまう。
 これを知った座長は激怒するが、帰って来た息子の、自分を父親と知った時の反応から謙虚に反省、息子を娘に預け、寄りを戻した愛人と列車車中の人となる。

戦後の小津作品としては珍しく動的な作品で、「風の中の牝鶏」(1948年)と似た主人公による暴力場面があり、登場人物の人情が、いつもの機微という形ではなく、表立って描かれている。主人公と愛人が繰り広げる修羅場では室内なのに花が散ったりもする。劇場内なので舞台用の花と解釈できる余地を残すにしても、小津御大としては異色と言える演出である。

下層階級を描く時小津は情を前面に出すこうしたスタンスを取るような気がするが、「晩春」(1949年)など中流階級を扱う際のハイブロウな雰囲気がなくて感情移入がしやすく、小津ファン以外にも人気が高いようだ。
 序盤のうちは例の如く繰り返す台詞が五月蠅く感じられるものの、次第にのめり込んで気にならなくなる。結果的に、集中できない最近の僕には珍しく一気に見てしまい、「小津はやはり上手い」と唸った。

小津唯一の大映作品で、カメラマンが名人・宮川一夫につき、いつも以上に端正な絵が楽しめる。動的な内容に対し、固定ショットのみの撮影はいつも通り静的でロー・ポジションのカメラや人物の切り返し等に特に変化はないものの、序盤一座が船(オリジナルでは列車)で町を訪れる直前のショットにハッとさせられる。船の手すりに沿って背景の灯台が右から左に移動していくのだ。船がカメラに固定されているので、固定ショットなのに移動撮影のような効果を生んでいるのである。「そんなの珍しくないじゃないの」と言う勿れ。確かに珍しくないのだが、他の監督の作品ではそれが「移動撮影のようだ」と思わせることはまずない。小津映画という固定観念を割り引いたとしても、実に美しく感じられるのである。

因みに、オリジナルで息子を演じた三井弘次(当時の名は、三井秀男)が最後に泥棒して逐電してしまう座員として出演しているのも面白い。

やはり寅さんを思い起こすよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年12月07日 10:10
本当にうまいですね。
うちの親戚には、旅役者の女性とできて、いなくなった男がいるそうで、そのまま行方不明になったそうです。
戦前の話だそうですけどね。
寅さんみたいな奴だったのかな?
オカピー
2014年12月07日 20:45
ねこのひげさん、こんにちは。

>うちの親戚
そういう小説みたいな人は我が家の家系にはいないようです。
残された家族には不幸ですが、傍から見れば面白そう。

>寅さん
デラシネの悲しさを寅さんは痛感していました。本作の座長は寅さんよりは幸せだけれど、浮草稼業の悲しさを知っているという意味では共通していましたなあ。

この記事へのトラックバック