プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ペントハウス」

<<   作成日時 : 2013/12/25 10:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督ブレット・ラトナー
ネタバレあり

実はどうも僕は詐欺に遭ったようなのだ。その額400万円なり。権利がらみの、冷静に考えれば誠にインチキ臭い商売なのだが、こちらの投信知識を逆に利用されて取られた。厳密には、先月まで彼らは配当なるものを出しているので、途絶えた瞬間に詐欺が確定する。その間に消費生活センターに行ったり、弁護士にも相談したが、僕と家人とは出費が増えるだけの無駄な抵抗は止めようということで合意した。まだ騙そうとしているような雰囲気を感じているので、とりあえず来年早々、換金を申し出て反応を見ることにしている(既に逃げていたら後の祭りだけど)。皆さん、○○権の付く投資話は100%詐欺と思った方が良いのでご用心を。

恥ずかしいこんな話をした理由は、本作が詐欺のお話だからである。

超高級マンションの管理マネジャー(日本語にすると相当変)、ベン・スティラーが、投資コンサルタントのような仕事をしている大富豪アラン・アルダに、少しでも増やそうと従業員の年金全額を預けるが、結局大金はどこかへ消え老人は逮捕される。官憲に強いコネを持つアルダは保釈金を払って釈放されて部屋に軟禁されるが、返済する資金がないらしい。
 部屋の一隅に大金を隠し持っていることに気付いたスティラーは一緒に首になったマイケル・ペーニャや部屋から追い出された落ちぶれインテリ、マシュー・ブロドリック、ベテラン泥棒エディー・マーフィーなどとタッグを組んでその金を奪取する計画を練って遂行する。

広い意味でフランク・キャプラ的映画と言って良いだろう。ビルにスティーヴ・マックィーンのフェラーリと共にぶら下がるサスペンスは1920年代のサイレント時代のスラップスティック・コメディをもじっているよう。カー・アクションには「フレンチ・コネクション」を意識しているような部分もあった。

キャプラの名前を出したように基本的なストーリー構成はオーソドックス、犯罪映画としても殆ど定石的展開で新味はないが、カタルシスはあるし無難に楽しめる。採点的には上記で充分と思うが、見掛け上はその☆の数より面白く感じられると思う。

マシンガン・トークのエディー・マーフィーは、最初むっつり右門よろしく黙っていて突然喋り出すところが可笑しかったが、全体としては役不足、展開的に有機的に機能していず、つまらない。

僕のケースは振り込め詐欺よりは多少ましかな。欲で身を亡ぼしたのだ。この年になってスクルージ(「クリスマス・キャロル)の気分を味わうとはね。ペントハウスならぬテント・ハウス生活になりかねない、正に憂鬱なクリスマスでありますTT

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ペントハウス/ベン・スティラー、エディ・マーフィ
コメディー俳優のベン・スティラーがエディ・マーフィとの初共演を実現したクライム・アクション・ムービーです。珍しくベン・スティラーがシリアスな作品に出るのかなと思いまし ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/12/25 10:49
ペントハウス
公式サイト。原題:Tower Heist(タワー強盗)。ブレット・ラトナー監督、ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、ティア ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/12/25 11:06
『ペントハウス』
□作品オフィシャルサイト 「ペントハウス」□監督 ブレット・ラトナー □脚本・原案 テッド・グリフィン □脚本 ジェフ・ナサンソン □原案 アダム・クーパー、ビル・コラージュ キャスト ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アル... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/12/25 12:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オーソドックスではありますが、楽しい映画でありました。

詐欺被害は無念でありますね。
連中は悪いことをしたと思わないので、またやるでしょうからこんどは引っ掛からないように気をつけてください。
ねこのひげ
2013/12/28 10:44
ねこのひげさん、こんにちは。

無念です。
違う業者が現れる可能性があるので、要注意ですよね。
気を付けます。有難うございます<(_ _)>
オカピー
2013/12/28 21:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ペントハウス」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる