映画評「インモータルズ-神々の戦い-」

☆☆★(5点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督ターセム・シン
ネタバレあり

キリスト教は一神教であるから、この手のお話をこしらえるには異教徒のギリシャ・ローマ神話から拝借するしかないわけで、最近この手の作品が続出しているのはご存知の通り。半世紀前にイタリア映画がギリシャ・ローマ神話をお安く大量に映画化していたのを思い出す。と言ってもリアルタイムで観たわけではなく、1970~80年代にTVでかなりの本数を観させて貰ったのである。

本作はプルタルコスの「英雄伝」で一番最初に取り扱われるテレウスが主人公で、登場人物は大体こんな感じだと記憶するが、お話は出鱈目の限り。幻想的な映画を撮らせればなかなか興味深い映像を見せる映像作家ターセム・シンは、こういう講談調のチャンバラには畑違いではないか。

断崖の上に立つ村の若者テセウス(ヘンリー・カヴィル)は、母を殺した悪王ハイぺリオン(ミッキー・ローク)を倒そうとする。王様はテセウスの国だけでなく神々すら葬り去ろうと、絶大な力を放つ“エピロスの弓”の争奪戦を彼との間で繰り広げ、結局悪王が“弓”を使って神々のかつて封じ込めたタイタン族を解き放った為に遂にゼウスを始めとする神々が降り立って闘いを始める。

お話の基軸は“エピロスの弓”を巡る争奪なのだが、とにかく本作の一番弱い点がこの争奪の描写に象徴的に現れている。下記の如し。
 テセウスが母を埋葬しようとして弓を発見した後、ハイぺリオンの兵士たちと闘っている間に弓が悪王に渡るのだが、ここで活躍するのが犬(ハイエナ?)である。この場面がまず暗くて弓が犬に持ち運ばれたのも当初気付かなかったくらいだが、原因は暗さだけでなく、ショットやシーンの繋ぎのまずさである。とにかく連続性に乏しくお話が解りにくい。タイタン族を解放した時に起きた衝撃で倒れたらしいハイぺリオンからテセウスの仲間スタヴロス(スティーヴン・ドーフ)が弓を奪い返すシーンも、ハイぺリオンがどうなったか具体的に見せて貰えないうちに彼がいきなり「弓を取り戻したぞ」と告げるのではお粗末と言うしかない。
 全てがこの調子で、特にシーンの繋ぎに疑問を覚える部分が多く、お話に乗れないまま終わる。環境描写が甚だまずく、人物の位置関係をきちんと示していない為にシーンが上手く繋がらないのである。

映像の世評は高いものの、不思議なことに映画館で観た人が誉めるVFXがTVで観るとダメなケースが結構多い(その逆もまたしかり)。僕には本作の景色はちょっと上手い人が書いた絵にしか見えない。構図にさすがに良いものがあるが、本作のような講談映画でしかもこれだけ筋運びがたどたどしくては、挽回するには程遠い。

また、女神アテナ(イザベル・ルーカス)などを殺してしまうのはさすがに一神教の作者が作った作品であると苦笑が洩れる。

ミッキー・ロークの髪型はどの映画でも同じで、皆さん、興醒めませんかや?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年11月22日 05:24
たしかに、ここのところ大量に作られている神話ものは、首をかしげるものが多く、この作品もなんじゃこれは?でありました。
ギリシャ神話、好きなんですけどね・・・・

VFX・・・・・・映画館の大画面で見るのを想定して作られているからでしょうね~
テレビで見ると、冷めた目で見ているというのもあるかも・・・・・

ミッキー・ロークの髪型・・・・たしかに!
まさか、カツラ・・・・・やっぱり役によって変えたほうがいいですな~
変えすぎて、どちらが本当の髪の毛なのかわからない人もおりますが・・・・
オカピー
2012年11月22日 21:11
ねこのひげさん、こんにちは。

「トロイ」の後なりを潜めていましたが、ここ数年凄い勢いで作られいますね。1950~60年代のイタリア神話ものはお金がかかっていないからそれこそタケノコのように作られました。さすがにそこまでは行きませんけど。

>VFX
そうかもしれません。
音楽でも僕がオーディオ業界にいた頃、ヒットチャートを賑わせているジャパニーズ・ポップスはラジカセなどに焦点を合わせていたせいか、大型システムで聞くと音が悪くて聞くに堪えないものが多かったですねえ。
最近マドンナのボックスを買いましたが、これはもの凄く音が良いです。

>髪型
プロレスラーも、ギャングも、王様も同じではねえ。特に今回僕は興醒めました。

この記事へのトラックバック

  • インモータルズ -神々の戦い-

    Excerpt: 神も人間もみな戦う。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-11-19 12:20
  • インモータルズ―神々の戦い―

    Excerpt: 永遠の戦い 公式サイト。原題:IMMORTALS。ターセム・シン監督、ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、スティーヴン・ドーフ、ルーク・エヴァンス、イザベル・ルーカス、ケラン・ラ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-11-19 16:20
  • 『インモータルズ -神々の戦い-』 ('11初鑑賞156・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-11-19 21:20
  • 『インモータルズ-神々の戦い-』

    Excerpt: (原題:Immortals) ----“神々の戦い”って、 よく考えたらスゴいタイトル。 神様同士が戦争しちゃうの?。 「いやいや。 そういうわけじゃないよ。 このお話、監督が“映像の魔術師”と言.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-11-19 23:06