映画評「キス&キル」

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督ロバート・ルケティック
ネタバレあり

旦那がエージェントであることをひた隠しにする作品と言えばアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トゥルーライズ」(1994年)が思い出されるが、あの作品があくまでスパイ映画として立場がベースであるとしたら、こちらは結婚コメディをベースにスパイ・アクションを絡めたものと理解すると大体の感じが掴める。つまり、こちらのほうが大分小規模ということ。

南仏に両親(トム・セレック、キャサリン・オハラ)と観光にやって来たお嬢様キャサリン・ハイグルがアシュトン・カッチャーと出会ってCIAの殺し屋とも知らずに結婚、平穏無事に暮していた3年後のある日、彼が友人と殺し合いをしていた現場に遭遇して事情を知ることになり、次々と現われる刺客を抹殺しながら愛情を確認していく。

本人が引退したつもりの殺し屋に何故に2000万ドルもの高額な懸賞金がかかるのかよく解らないが、友人や同僚、近所の住民の中に殺し屋がごろごろしている理由は親分が判明することにより理解できる。が、観客にその親分が誰かは序盤のうちに想像がついてしまうのが弱い。

速くて安定したテンポで進行するのでそう退屈もしないが、スパイは結婚しないというスパイ・アクション映画の鉄則を逆手に取った「トゥルーライズ」ほどのひねりもなく、時間つぶしになる程度の出来映えと言ったところ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年11月17日 05:45
ほら話は、大げさにしたほうが面白くなりますね。
その意味でも『トゥルーライフ』は、ド派手で面白かったですね。
オカピー
2011年11月17日 21:33
ねこのひげさん、こんにちは。

>「トゥルーライズ」
最後はたまげましたね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『キス&キル』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「キス&キル」□監督 ロバート・ルケティック □脚本 ボブ・デローサ、テッド・グリフィン □キャスト アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-11-16 12:12
  • キス&キル

    Excerpt: 平凡な女と、凄腕スパイの男が運命的な出会いして結婚。しかし突然夫に2000万ドルの賞金がかけられて命を狙われるはめに。妻や家族を巻き込んだ大騒動をコミカルに描き出したアクション・ラブコメディーだ。主演.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-11-16 15:06
  • キス&キル(2010)★☆KILLERS

    Excerpt: 恋は撃たれるほど強くなる。  東宝シネマズ二条にて鑑賞。実はこの2人、今年32歳の同い年だそうです。どちらかといえばキャサリン・ハイグルの方がお姉さんって感じするのですが。。。。。 キャサ.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-11-16 16:01
  • キス&キル/アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル

    Excerpt: トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演でも良さそうなラブ・アクション・コメディです。『ナイト&デイ』と似たような設定に思えるんですけど気のせいですよね?(笑)。監督は ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-11-16 21:28
  • ■映画『キック・アス』

    Excerpt: いやー、童貞ってアホだな、アメリカ人ってアホだなと、いい意味で思わせてくれる映画『キック・アス』。 こういうノリ、大好き! ニコラス・ケイジ、ようやくアメコミヒーローになる夢がかなったね…。『ゴー.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-11-25 04:58
  • 「キス&キル」

    Excerpt: 楽しく見たよ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-04-12 23:33