映画評「ゴールデンスランバー」(地上波放映版)

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・中村義洋
ネタバレあり

映画界で大人気の伊坂幸太郎の同名小説の映画化。そんなことより、ビートルズ・ファンだからタイトルだけでずっと前から気になっていた作品だ。地上波カット版だけど我慢しましょう。監督はボブ・ディランをモチーフにした「アヒルと鴨のコインロッカー」で既に伊坂氏の作品を映画化したことのある中村義洋。

画像

大学のサークル仲間・吉岡秀隆に釣りに誘われてのこのこやって来た宅配業者の堺雅人が、巧妙に仕掛けられた罠に嵌って、ラジコン爆弾による首相暗殺事件の犯人にさせられ、吉岡爆死の後、やむなく仙台を逃げるに逃げるが、彼の大学時代のサークル仲間や共感を得た人々が協力をしてくる。

ケネディー暗殺事件のもじった逃亡サスペンスの面白さは一通りあるが、TVのカット版でどうも緊張感が途絶えてしまうし、話がうまく繋がらないところがあるので、正確に評価するのは少々難しい。20分前後のカット故、採点は凡その感じということでご理解ください。

画像

テーマは【信頼】で主人公が他の人たちを信じているだけでなく、他の人が彼を信じているところから成り立つ、言わばメロドラマ構成なので、比較的万人向けに作られていると言うべし。協力の仕方が自然とは言い切れないものの余りわざとらしくなく好感が持てる。

協力と言えば、主人公が古い思い出のある車のエンジンが掛かっただけで泣く場面があるが、僕はビートルズの事実上のラスト・アルバムである「アビー・ロード」最後から3番目の曲「ゴールデン・スランバー」が流れる度に涙が出て来て困った。一昨日観た「ローマの休日」ではオードリー・へプバーンの初めて登場するシーンで涙がポロリ。最近の僕は全くどうかしている。

画像

閑話休題。
 伏線の使い方もなかなか気が利いていて、序盤の時系列の細工も嬉しいし、その後の“はな丸”、行方をくらました主人公が両親に出す手紙が洒落っ気抜群。車がバッテリー交換だけで動いてもヨロシイ。他の誰かが先に手を加えていたかもしれない。

悪霊島」を持ち出すまでもなくややこしい版権の問題があるのだろうが、ビートル・マニアの斉藤和義ではなく、ポール・マッカートニーのボーカルで「ゴールデン・スランバー」で是非聞きたかった。理由はないけど涙が際限なく出ただろうねえ。

今年の四月までは「黄金のまどろみ」を満喫してきた僕ですが、今は180度逆です。早く平穏な生活に戻りたい。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年10月09日 21:27
これは、なかなかよい作品でありました。
堺雅人さんはいま公開中の『ツレがうつになりまして』で宮崎あおいさんと好演してますが、こちらのほうが似合いの夫婦でありますね。
あおいさん、離婚してこちらと引っ付いたほうが・・・大きなお世話ですが

ところで、明日『幸せの黄色いハンカチ』が阿部寛さん主演でありますよ。東日本大震災も取り入れて、山田監督が脚本や監修に全面協力して現代版の『幸せの黄色いハンカチ』にしているそうです。
オカピー
2011年10月10日 11:30
ねこのひげさん、こんにちは。

僕らのような普通の人間は、ちょっと気のきいた出来の“メロドラマ”が丁度良いんですよ。「容疑者Xの献身」とか。
ここでの“メロドラマ”は勿論内容ではなく、必ずしも現実性やリアリズムに則っていないという主題へのアプローチの仕方を指しているわけですけど、程々に甘さがあるほうが映画として必ずしも傑作ではなくても心に残りますよ。勿論傑作であるメロドラマもあります^^ゝ

>『幸せの黄色いハンカチ』
とりあえず録っておこうかなあ。ビデオ撮影は好きではないんですけどね。いくら頑張っても、健さんに代わる役者がいるはずないし・・・渥美清と同様に。
倍賞千恵子と武田鉄也もゲスト的に出演されるようですね。
東日本大震災と言えば、山田洋次監督は「男はつらいよ」シリーズの最後の方の作品で神戸大地震(正式名失念)を取上げていましたね。そういう意味では山田監督らしいです^^
2011年10月13日 09:49
プロフェッサー、おはようございます。

本作は、私の認識は青春コメディですね。それで楽しむことができました。
鑑賞してまず最初に想ったことはふたつ。

“マンガだ”

と、

“やはりビートルズで聴きたかった”

でも、なかなか楽しめました。序盤の時系列の描きかた、そして主人公と竹内が顔を合わせないのがいいですね。

では、また。
オカピー
2011年10月13日 20:17
イエローストーンさん、こんにちは。

>青春コメディ
コメディーとまでは感じなかったものの、相当コミカルでしたね。

>マンガ
永島敏行なんかは正にそうでした。

>ビートルズ
30年前に比べると版権がうるさいんですよ、ビートルズは。

>序盤の時系列の描きかた、そして主人公と竹内が顔を合わせないのがいいですね。
ここが上手かったです。それで☆が増えたと言っても良いです。

この記事へのトラックバック

  • ゴールデンスランバー

    Excerpt: 「よく出来ました」止まりだけど面白い。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-10-09 10:45
  • 『ゴールデンスランバー』 ('10初鑑賞13・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 17:20の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-10-09 10:58
  • ゴールデンスランバー

    Excerpt: 無実の男、首相暗殺犯に断定 製作年度 2009年 上映時間 139分 原作 伊坂幸太郎 脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一 監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌 斉藤和義『Golden Slu.. Weblog: to Heart racked: 2011-10-09 11:34
  • 『ゴールデンスランバー』

    Excerpt: ----これは超話題の映画だニャ。 「うん。人気の伊坂幸太郎原作。 小説は読んでいないけど、 発表されたとき、そのタイトルを聞いて うわあ。やるな…と思った」 ----タイトルで? 「そう。これは有名.. Weblog: ラムの大通り racked: 2011-10-09 15:29
  • ゴールデンスランバー/堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆

    Excerpt: とても楽しみにしていた伊坂幸太郎原作小説の映画化作品です。といっても相変わらず験を担いで?伊坂幸太郎さんの原作小説には手をださずにいます。一冊だけ買ったんですけどね、 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-10-09 17:36
  • ゴールデンスランバー

    Excerpt: 完成披露試写会に招かれて行ってきました。 舞台挨拶もあったのですが、 これが豪華メンバー! 中村義洋監督を始め、主演の堺雅人さん、 竹内結子さん、吉岡秀隆さん、劇団ひとりさん、 香川照之さん.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-10-09 18:08
  • ゴールデンスランバー

    Excerpt: 伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-09 21:23
  • 『ゴールデンスランバー』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-10-09 22:25
  • 「ゴールデンスランバー」 ~懐かしいビートルズの曲が流れる青春コメディ

    Excerpt: 「アビイ・ロード」、何度聴いたことでしょう。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2011-10-13 09:50
  • 『ゴールデンスランバー』

    Excerpt: 新宿厚生年金会館であった『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。 ここで行われる試写会には過去にも何度か訪れているけれど、一番の混みだったんじゃないかと思うくらいに座席の数が次々と人で埋ま.. Weblog: Cinema+Sweets=∞ racked: 2011-10-21 00:23
  • No.202 ゴールデンスランバー

    Excerpt: 【ストーリー】 山本周五郎賞を受賞した伊坂幸太郎の逃亡劇を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」でも伊坂作品の監督を務めた中村義洋が映画化。主演に堺 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-10-28 03:23