映画評「第9地区」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アメリカ=ニュージーランド映画 監督ニール・ブロムカンプ
ネタバレあり

そう思った人はそれほどいないと思うが、2009年のアカデミー賞作品賞にノミネートされたこのSF映画は、21世紀の「猿の惑星」(1968年)と言うべき作品である。

画像

1980年代ヨハネスブルグに「インデペンデンス・デイ」よろしく突如現れたまま動かなくなったどでがい宇宙船に地球人が乗り込み、疲弊した宇宙人を救い出して難民として仮設住宅に住まわせてから二十数年後、そこは第9地区と呼ばれるスラム街と化し、彼らを差別的に扱う地球人との間に軋轢が生じている。
 そんな或る日、MNUなる超国家的組織が宇宙人を第10地区に移住させる名目の下に彼らの武器を収集しようと社員シャールト・コプリーらを第9地区に向わせる。そこで正体不明の液体を被ったコプリー係員は宇宙人風に変身を始め、MNUに実験台にされかかったところを脱出、その液体を母船に帰るエネルギーとして集めていた宇宙人と人間に戻りたい彼の利害が一致、液体を取り戻すべくMNUに乗り込む。

画像

というお話で、「猿の惑星」が戦後における黒人たちの公民権運動を猿たちにオーヴァーラップさせていたのに似て、アパルトヘイトをエイリアンVS地球人の構図に投影させているが、どちらもそれ自体としては大した興趣にならない。
 「猿の惑星」(第1作)が面白かったのは、ブラック・パワーを暗示したからではなく、あくまで人類が(その時点で他の惑星と推測させられるとは言え)猿の支配下にあるという純然たるSF的興味と強烈無比な幕切れによってである。同じように、本作が何とも直球すぎて身も蓋もないと言われても仕方がないアパルトヘイト風刺の為に高く評価されるなどということはあってはいけない。

どちらかと言えば、宇宙船に帰れないエイリアンはアパルトヘイトの有色人種ではなく、新大陸に連れて来られ白人の名前を付けられたクンタ・キンテ(アフリカ人)であるが、勿論それとて映画的価値とはならない。しかも、疑似ドキュメンタリーという手法がSFにおいてはもはや古臭く面白味に貢献しないどころか、寧ろ辟易感を募らせる。

画像

それよりは、宇宙人の武器が彼らのDNAと結び付いて初めて有効な武器になるといった、面白い映画を作ろうという努力が具体的に現れた部分を買っておきたい。
 それに関して低予算(所謂B級映画)と記そうと思ったが、実際には3000万ドルもの巨費が投入されている模様で、キャスト及びスタッフのギャラを別にした製作コストという意味では低予算と程遠い。製作に回ったピーター・ジャクスンが自分で監督して、2000万ドルクラスの男女優を起用したらあっという間に1億ドルの超大作になってしまうだろう。

昔から西洋人は甲殻類を相当グロテスクと思っているらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年02月18日 17:01
ぶっちゃけ正直なところ
キレイ好きな私からすると、本作は
小汚い絵づらが多くて閉口しましたの~(- -)^^
甲殻類、エビやタコがお風呂に入るわけも
ないけれど何せスクリーンから常に異臭が
しているような本作、ま、それがひとつの
狙いでもあったのでしょうけれどもね~。

>21世紀の「猿の惑星」(1968年)と・・・

御意!
私はプロフェッサーのように確信を持って
指摘しておりませんが、「なんか似てるわ」感が
終始漂ってはおりましたね。(笑)
「猿の惑星」第1作目はほんとうに
よくできていて面白かったですね~。
でもですね、本作の公開時
新鮮味があるとか、こんなの観たことないとか
その他大勢さんが手放しで絶賛、何となく
それらが異様な高揚ムードで私ちょっと
引いて傍から見ておりましたよ。(^ ^);
オカピー
2011年02月19日 00:54
vivajijiさん、こんばんは。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの方がアップが多く気持ち悪いと思いましたが、僕もどちらか言えば「勘弁して下さい」派ですなあ^^;

>「猿の惑星」
第一作はサスペンス満点でニコニコ楽しんでいたらあの幕切れでぶっ飛び、「ああ面白かった」という感想が素直に出てきましたね。

>新鮮味がある
右に同じで、新鮮味は殆ど感じなかったですね。
その一番の理由が疑似ドキュメンタリー手法ですよ。そのせいで出鼻がくじかれちゃった。
エイリアンものも昨今は多いし、社会風刺を宇宙SFの形で処理したのは「猿の惑星」という先例があるし。
シュエット
2011年03月01日 11:10
映画に関しては若輩者の私にはオスカー獲った「ハートロッカー」よりもよっぽどこっちの方が面白かった!でしたけど、6点ですか。寂しいナァ(笑)
WOWOWで再見したけど面白かったわ。
「猿の惑星」と較べられたら…ですけど、あの甲殻系の気色悪さには意外とはまってしまったみたい。

オカピー
2011年03月02日 00:14
シュエットさん、どうもーっ。

>映画に関しては若輩者
何を仰るシュエットさん!(笑)

>「ハートロッカー」
数日後にUPする予定ですが、結構買いました。ドキュメンタリーで撮る価値のある珍しい内容と思いましたよ。

それに比べるとですね、上の方でも述べていますが、本作は疑似ドキュメンタリーにしたことで僕は不興を買ってしまったんですよ(笑)。
去年だけでも腐るほどこの手法は見せられました。宇宙若しくは宇宙人を絡めたものだけでも、「THE 4TH KIND フォース・カインド」「アルマズ・プロジェクト」というのがあり、既に食傷気味。
それがなければ、もう少し気分も乗れて観られたかもしれません。
僕は映画を似たものにしてしまう疑似ドキュメンタリーは、特にSFやホラーでは、そろそろ御法度にした方が良いと思います。
2011年03月06日 16:56
TB有難うございました。
世間ではこの映画は高評価で
意表をついた展開に驚きましたが
自分は、エイリアンに敢然と立ち向かう
人類の姿を見るほうが心揺さぶられるので
ちょっと、普通という感じでした。
個人の感性なんですが…
評価が高い理由はなんとなく
分かりましたけど。
オカピー
2011年03月06日 23:36
シムウナさん、こちらこそ有難うございました。

「エイリアン」とか「インデペンデンス・デイ」のような作品の方がお好きということですね。

僕は、発想は悪くないけれども、アパルトヘイトと重ねられるような作りが身も蓋もない感じだったことと、食傷も良いところの疑似ドキュメンタリー手法を採った点がマイナスで、まあまあという印象に留まりました。

この記事へのトラックバック

  • 第9地区~マンデラがエイリアンに!?

    Excerpt: 公式サイト。原題:District 9。ピーター・ジャクソン製作、ニール・ブロムカンプ監督、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ、ヴァネッサ・ハイウッド。 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-02-18 15:07
  • 第9地区

    Excerpt: 美味しさ70点の天丼定食。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-02-18 16:19
  • 戦って闘って争って

    Excerpt:  最近のBS2放映映画はなんとなく覇気に欠けるというか  みんな観たもんばっかでございましてね、じゃWOWOWはと  申しますとこれまたグンと鑑賞年齢が下がるという ... Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2011-02-18 16:34
  • 第9地区

    Excerpt: 2010年アカデミー賞作品賞ノミネート作品。エイリアンが難民として受け入れられるという斬新なアイディアを元に、主人公を襲うとある事件を通してエイリアンと人間の関係を描き出したSFムービーだ。プロデュー.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-02-18 16:38
  • 第9地区◆DISTRICT 9

    Excerpt:  さて第9地区って? 南アフリカヨハネスブルグにある架空の難民キャンプの名称だそうです。そしてこの場所に収容されているのは、何と人間ではなくエイリアンでした!! MOVX京都にて鑑賞。あの「ロード.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-02-18 17:53
  • 『第9地区』 ('10初鑑賞53・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:55の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-02-18 20:26
  • 第9地区/シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ

    Excerpt: 劇場予告編の映像からは全くそんな風には思いませんでしたけど、これってローバジェットの作品なんだそうですね。といってもいったいいくらからがハイバジェットになるのかよくわ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-02-18 21:46
  • 『第9地区』'09・米・新

    Excerpt: あらすじ南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に正体不明の巨大宇宙船が現われ、衰弱した100万のエイリアンを難民として受入れることに。それから20数年後、共同居住区“第9地区"... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-02-18 22:50
  • 『第9地区』

    Excerpt: ----これって、どういう映画ニャの? 2009年、世界を最も驚かせた映画と言われているようだけど…。 「そうだね。キャストはノーネーム、 監督は新人、舞台は南アフリカ…と、 ヒットの要素はまるでない.. Weblog: ラムの大通り racked: 2011-02-18 22:58
  • エイリアンVS.~『第9地区』

    Excerpt:  DISTRICT 9  南アフリカ・ヨハネスブルク上空に、巨大な宇宙船が飛来した。乗っていたエイ リアンたちが「第9地区」に隔離されて20年、増え続ける彼らを「第10地区」に.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-02-18 23:49
  • 第9地区

    Excerpt: 人類、立入禁止。 原題 DISTRICT 9 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 111分 映倫 PG12 脚本 ニール・ブロンカンプ/テリー・タッチ.. Weblog: to Heart racked: 2011-02-19 18:34
  • 第9地区

    Excerpt: ブログネタ:GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 参加中 GW突入しましたね。\(^0^)/ この作品は映画館で予告を見て、 観たいと思った作品です。 しかも、私が映画批評.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-02-21 23:06
  • ★「第9地区」

    Excerpt: 今週の平日休みは、久しぶりにシネコンに行った気がする。 ららぽーと横浜で、話題作2本を鑑賞。 その1本目。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2011-02-22 15:59
  • No.239 第9地区

    Excerpt: 第9地区 [DVD]出演:シャールト・コプリーワーナー・ホーム・ビデオ(2010-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-02-26 20:25
  • 「第9地区」

    Excerpt: この映画、見逃したら絶対に地団駄踏むと思う。 DISTRICT 9 2009年/アメリカ・ニュージーランド/111分/PG12 at:梅田ピカデリー監督: ニール・ブロンカンプ 製作: ピー.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2011-03-01 10:43
  • 『第9地区』 映画レビュー

    Excerpt: 『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクー.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-03-02 15:51
  • 別館の予備(第9地区 感想188作目)

    Excerpt: 別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 3月13日 第9地区(感想188作目) TBアドレス http://t ... Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-03-13 11:25
  • 第9地区

    Excerpt: 57点 2009年のアメリカ映画で、 監督はニール・ブロムカンプ、主演はシャールト・コプリーです。 20年前、突如地球に宇宙船が現れたのだが、 宇宙船に乗っていた宇宙人は宇宙船を動かすこと.. Weblog: 我が頭に巣くう映画達 racked: 2012-03-18 16:12
  • 映画評「アメリカン・ヒーロー」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ニック・ラヴ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-04-08 09:07