映画評「フェイク シティ ある男のルール」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督デーヴィッド・エアー
ネタバレあり

刑事ものがお得意の作家兼脚本家ジェームズ・エルロイの脚本作品(カート・ウィマー、ジェイミー・モスと共同)というだけで観たくなる方は相当の映画ファン。

刑事キアヌー・リーヴズが強引に韓国人チンピラ・グループのアジトに押し掛けてあっと言う間に倒して誘拐された姉妹を救い出す、というプロローグは主人公紹介の一幕。
 そんな強引な捜査をする彼の残した証拠をもみ消してくれるのが上司のフォレスト・ウィッテカーで、この部署が行う半ば必要な悪を監視しているのが内部調査部のヒュー・ローリー、妻を失った彼を慰めるのが看護婦のマーサ・ヒガレダという人物配置である。

彼の違法捜査を同僚テリー・クルーズが内部調査班に密告したと聞かされたリーヴズが彼を追跡しスーパーに入った時に、覆面の強盗犯二人組がマシンガンを撃ちまくってクルーズらを撃ち殺して逃走する。同僚の死体から三種類の銃弾が発見されて疑いを抱かれた為にリーヴズは身の潔白を証明しようと若い担当刑事クリス・エヴァンズに協力させて捜査を進めると、現場に残されていたDNAから浮かび上がった麻薬密売関係者二人は事件以前に死んでいることが判明、二人の名を騙る人物に接近することになる。

中盤以降は捜査過程にハードボイルド映画的な面白味が十分あり、演出的にも文字通りハードボイルドで甘さがなくなかなか気に入った。汚職警官を巡るお話というのが70年代的で、アクション場面もそれに応じるかのように細切れのカット割りでなく昔風にきちんと撮っている。20年くらい前までは当り前なことだったが、こんなことにも嬉しがらないといけないのだから嫌になっちまいます。

終盤の展開は推して知るべしといったところで余りひねりがないが、こねくりまわして作者が何を見せようとしているかちんぷんかんぷんになるくらいなら先が見える映画の方が余程良い。
 ともかく、刑事が「必殺仕置人」になるお話と理解すればよろしく、同じ仕置人でも「パニッシャー:ウォー・ゾーン」はハードボイルドなれども描写が行きすぎなので、殺しの数が多いとは言え、こちらのほうが常識の範疇としてお薦めできる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年04月11日 01:00
こんばんは。
「トレーニング・デイ」の続編ともとれる内容が面白かったです。

>こんなことにも嬉しがらないといけない
そうですね。
オカピー
2010年04月11日 11:18
hashさん、こんにちは。

>「トレーニング・デイ」
この監督の脚本作品ですね。
本作では脚本に絡んでいないのがちょっと不思議ですが、
監督に専念して結構良い仕事をしたと思います。

>こんなこと
映画のショットは情報を与えるものという観念のない人ばかりになったのでしょう。ミュージック・クリップやCMとは違うんですがね。

この記事へのトラックバック

  • フェイク シティ  ある男のルール

    Excerpt: 最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。 原題 STREET KINGS 製作年度 2008年 上映時間 109分 脚本 ジェームズ・エルロイ 、カート・ウィマー 、ジェイミー・モス 監督 デヴィッド・.. Weblog: to Heart racked: 2010-04-04 19:38
  • フェイクシティ ある男のルール

    Excerpt: http://movie.blogmura.com/rpc/trackback/894/xrx032tuva8b Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-04-04 19:39
  • フェイク シティ ある男のルール/キアヌ・リーヴス

    Excerpt: キアヌ・リーヴスの主演作とくればSF映画で超人か宇宙人役というイメージがすっかり固まってしまいましたけど、予告編を観た限りでは刑事モノのクライムアクションムービーみたいです。ワタシ的には共演のフォレス.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-04-04 21:43
  • 『フェイク シティ ある男のルール』

    Excerpt: (原題:Street Kings) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----ニャンだか、最近はお喋り.. Weblog: ラムの大通り racked: 2010-04-04 23:22
  • 09-57「フェイクシティ ある男のルール」(アメリカ)

    Excerpt: ストリート・キング  ロサンジェルス市警のベテラン刑事トム・ラドローは、正義のためには手段を選ばない一匹狼。その強引なやり方が同僚たちからも問題視されていたものの、上司のジャック・ワンダーだけはトム.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-04-05 01:07
  • 『フェイク シティ ある男のルール』'08・米

    Excerpt: あらすじロス市警のラドロー刑事は、事件解決のためには手段を選ばず、強引なやり方を貫き通す男。上司のワンダー警部だけは彼を理解し、かばってくれていた。そんな時ラドローは、かつてコンビを組んでいたワシント.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-04-05 09:04
  • 『フェイク シティ ある男のルール』

    Excerpt: 今回観たのはキアヌ・リーヴス主演のクライムサスペンス、『フェイク シティ ある男のルール』。 いやー、久しぶりにキアヌはかっこいい役をやってますねー。 ********************.. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-04-06 20:14
  • 『フェイク シティ ある男のルール』 ('10初鑑賞51・WOWOW)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月7日(水) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-04-09 21:50
  • フェイク シティ ある男のルール

    Excerpt: Street Kings (2008年) 監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーブス、フォレスト・ウィテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス 躊躇せず犯罪者を射殺する刑事が、元相棒が殺害.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-04-11 00:51
  • フェイク シティ ある男のルール (Street Kings)

    Excerpt: 監督 デヴィッド・エアー 主演 キアヌ・リーヴス 2008年 アメリカ映画 109分 アクション 採点★★★★ 顎で使われる人って、どんな場所でもたとえそれが初対面の人であっても、いきなり顎で使われ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-04-14 10:25
  • ヒュー・ローリーのアメリカ英語 VS. ジェームス・リプトンのイギリス英語 ~ Inside the Actor's Studio

    Excerpt:  前回紹介したMatthew Engelさんの"Why do some Americanisms irritate people?"。この記事を読むと、イギリス... Weblog: マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は初歩からビジネス英語まで  racked: 2011-08-02 23:04