映画評「パコと魔法の絵本」(地上波放映版)

☆☆★(5点/10点満点中)
2008年日本映画 監督・中島哲也
ネタバレあり

アメリカのティム・バートン、イギリスのテリー・ギリアム、メキシコのギレルモ・デル・トロのようなサイケデリックかつファンタスティックな色彩を持つ実写映画の監督は日本にはいなかったと思うが、「下妻物語」以降の中島哲也はそのグループに入る資格があると言って良いのではないか。

今回観たのは地上波放映版だが、上映時間を調べたところ本編のカットはなさそうだし、呼吸で見せる映画でもなさそうなのでCMによる中断の影響も最小限と思われる。

或る病院が舞台。ここは医者や看護婦も変なら患者も変てこである。その中でも偏屈な余り他の患者から蛇蝎のように憎まれている大貫老人(役所広司)が、今日もいたいけな少女パコ(アヤカ・ウィルソン)を痛めつける。彼女が両親を失った交通事故で負った傷の為に記憶が一日しか持たず老人と逢ったことを忘れているとも知らずに老人が捨てた金のライターを差し出したので盗んだと思い、激しく頬を打ってしまうのだ。
 しかし、記憶のないはずの少女に翌日「おじさん、昨日もほっぺに触ったよね」と言われたことに心を揺さぶられて彼女の為に何かしようと考え始め、遂に少女の事故の直前に誕生祝いに母親から貰った絵本「ガマ王子とザリガニ魔人」を患者と病院関係者一同で演じて見せることにする。

という我がまま千万な大貫老人とガマ王子をオーヴァーラップさせた寓話。

実写映像に極彩色のCGをふんだんに交えた絵本的な作りは前作「嫌われ松子の一生」と共通する持ち味で、バートンの「ビッグ・フィッシュ」を思い出させるところがある。画一的になりがちな日本にこういう特異な監督が出て来たことは歓迎したいが、バートンの色使いや粘着質なタッチが体質的に苦手であるように中島監督にも肌に合わないところがあり素直に楽しめるところまでは行かない。

お話の進め方にも些か強引なところがあって、老人の変心がいとも簡単に起きてしまうのに物足りなさを覚える。終盤における少女の扱いも唐突で気に入らない。事故の後遺症があるとは言えそれ以外は全く健康に見せかけておくのは大変卑怯である。
 そういう理屈で観るとつまらないタイプの作品とはいうものの、そうした理屈を超えて観させるにはもう一工夫が必要と思われる。例えば「名前を憶えられるだけで不愉快だ」という老人の深層心理をもっと解り易く描いてくれたら変心の理由も納得できたであろう。

役所以下、妻夫木聡、阿部サダヲ、小池栄子、國村隼の怪演は楽しい。ヤンキー看護婦の土屋アンナは劇中劇の“可愛い”部分がダメ。医者に扮する上川隆也は竹中直人のコピーみたい。
 アヤカ・ウィルソンはハーフらしい美少女につき、西洋趣味のファンタジーに相応しく、演技力を問題にするには及ばない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2010年04月01日 05:27
むかしのヒロコ・グレースさんを思い出させる美少女で、それだけで許す!ですけどね。(^_-)-☆
『不思議の国のアリス』を作ったほうがよかったのでは?です。
オカピー
2010年04月02日 02:11
ねこのひげさん、こんばんは。

>ヒロコ・グレースさん
なるほど。
日本人の血が混じると、印象が柔らかくなり、ヴェリー・ベストです。
美少女というだけで許しますですね。(笑)

>『不思議の国のアリス』
「不思議の国のパコ」なんてどうです?(笑)

この記事へのトラックバック

  • パコと魔法の絵本

    Excerpt: 公式サイト。中島哲也監督、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也。「お前に名前覚えられるだけで不愉快だ」という傲岸不遜.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-03-31 19:42
  • 『パコと魔法の絵本』'08・日

    Excerpt: あらすじ舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院。中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日、パコという名の女の子と出会います・・・。感想『下妻物語』、『.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-03-31 20:33
  • 『パコと魔法の絵本』

    Excerpt: ----これって『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の新作だよね。 観る前はあまり期待していなかったようだけど…。 「いやいや。 やはり映画は観てみるもの。 これがもう大感動のクライマックス」 ----.. Weblog: ラムの大通り racked: 2010-03-31 20:55
  • 『パコと魔法の絵本』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「パコと魔法の絵本」□監督・脚本 中島哲也 □原作 後藤ひろひと □脚本 門間宣裕 □キャスト 役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-03-31 21:19
  • パコと魔法の絵本/役所広司、アヤカ・ウィルソン

    Excerpt: 独特な色彩感覚の映像が魅力的な『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の最新作です。予告編は飛び出す絵本がさらに立体映像になったような華やかさ。豪華な顔ぶれの出演者たちによるブラックなファンタジ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-03-31 21:55
  • (映画)パコと魔法の絵本

    Excerpt: 映画館で見たかったけど、見逃した映画の一つ。「パコと魔法の絵本」。予\告では、パコの生き生きとした動きに感動しました。 Weblog: ゼロから racked: 2010-03-31 23:38
  • ★「パコと魔法の絵本」

    Excerpt: だいぶ前から劇場で予告編を流してた期待の1本。 実写と3D・CGの合成みたいな映像は華やかで楽しそう。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也。 この作品も豪華・異色キャストで話題だけ.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-04-01 01:53
  • パコと魔法の絵本

    Excerpt: 命きらめく絵本劇。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-04-01 10:12
  • 飛び出す絵本・映画版~『パコと魔法の絵本』

    Excerpt:  PACO and The Magical Book  患者も職員も、一風変わった人間ばかり集ったとある病院。その中でも超偏屈 で嫌われ者の「クソじじぃ」大貫(�... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-04-01 21:40
  • 249「パコと魔法の絵本」(日本)

    Excerpt: あの子の心に残りたい  変わり者ばかりが集まっている、とある病院。中でも一代で会社を築いてきた我儘放題の大貫は「お前が私を知っているだけで腹が立つ」と傍若無人な振る舞いで、病院中の嫌われ者。毎日同じ.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-04-03 23:41
  • 役所広司 小池栄子 妻夫木聡 / パコと魔法の絵本

    Excerpt: ワケもなくペロペロ 毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの竹井みどり担当、ブロッケンです。 中島哲也監督の映画『パコと�... Weblog: 中川ホメオパシー  racked: 2010-04-04 17:56
  • PS3 NieR Replicant

    Excerpt: 魔法と剣 Weblog: ゲーム攻略サイト racked: 2010-04-24 11:41