映画評「東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン」(地上波放映版)

☆☆☆(6点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・松岡錠司
ネタバレあり

リリー・フランキーの同名自伝的小説を松岡錠司が映画化。
 2006年にTVムービー化、2007年初頭にTVシリーズ化された後本作が同年4月に公開され、一番最後の登場となった。地上波放映のカット版(恐らく20分程度短縮)故に正確な評価は難しいが、出来栄えを伺うのに支障がある程ではないだろう。

北九州出身の“ボク”は、小学校の時に自由人である父親“オトン”(小林薫)と別居した母親“オカン”と暫く二人暮らしを続けた後3年間の高校学生寮生活を経て上京、武蔵野美術大学へ進学する。怠惰な学生生活を送って留年の末何とか卒業するが、それでも真面目に働かずにサラ金に借金をし母親に金の無心をし続ける。
 が、似顔絵教室で見かけた青年(荒川良々)と同居を始めたことから突然やる気が起き、絵や原稿書きのバイトで借金を完済、遂に“オカン”を呼び寄せる。彼女は彼の友人たちの人気者になるも、九州時代に患った癌が再発し闘病生活に入ってしまう。

という物語が闘病中の現在とのクロスカッティング(カットバック)で展開していくわけだが、それ以外はシンプルな構成で素直に映像化されていると言って良い。

映画技術的にどうのこうの言う前に(勿論ある程度がっちりと作られていることが前提になる)、実家から遠く離れて一人暮らしをした経験のある男性、及びそうした息子を抱えた若しくは抱えている母親にとってなかなか心に沁みるお話ではないかと思う。

主人公より数年早く上京して怠惰な学生生活を送った僕には相当身につまされる部分がある。東京23区内にあったわが大学は入学するのも難関だが卒業するのもなかなか難しいところで、相当真面目に勉強した(前期では日に5、6時間は予習をした)ものの追い付かず最終的に二年留年したわけだが、周囲にはそんな連中がうろちょろ。月5万円の仕送りのうち下宿代に21000円、一月の食事代に15000円程度を費やし、残りの大半を映画鑑賞に当てた。映画鑑賞に当てる時間を考えると学業が厳しくバイトをする余裕は基本的になかった。ムード的に怠惰という共通点はあるが、酒色・女色・喫煙という点では本作の主人公とは対極的な生活を送っていた。
 しかし、母親からの書留を見るとあの時代をいやが上にも思い出してしまう。年一度か二度わざわざ4時間ほどかけて群馬から汚い下宿にやって来て3時間ほど掃除・買い物・料理・洗濯した後また同じ時間をかけて帰っていく母親にいつも心の中で頭を下げていた。たった3時間の為に・・・。
 また、横浜で働いていた僕の姉は「何があってもサラ金には手を出さないでね。足りなかったら私が出すから」と注意してくれた。サラ金という言葉は当時生まれたように記憶している。

閑話休題。

ゆっくり進行する現在の物語と早めに進行する過去の物語を並列進行させる形式の場合過去が現在に近づくとその差が解りにくくなりお話が混濁してくるという難点がどうしても出て来るが、力作「グッド・シェパード」同様本作でもその問題は回避できていない。

しかし、いくらでもお涙頂戴的にできるお話を敢えて松岡錠司監督が抑え気味に作ったことは高く評価されてしかるべし。抑制されたタッチにもかかわらず、少年時代の主人公が母親に手を引っ張られて線路の上を歩くショットに重ねられる、現在の主人公が老いた母親を引っ張って横断歩道を渡るのをじっくり捉えたショットに僕は涙を抑えることが出来なかった。

配役では成人後の“ボク”にオダギリジョーが扮して好演しているが、若い時の“オカン”に扮した内田也哉子が現在の“オカン”樹木希林に似ているのに暫し驚く。容貌だけではなく動作にも似ているところがあり「演技だとしたら大変なものだなあ」と感心していたが、実の娘ということで納得。

血は水よりも濃し。♪母がまだ若い頃 ぼくの手を引いて~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月12日 19:10
tbありがとう。
なんか、僕はこの作品は、批評眼でみることができず、父や母を思い出して、感傷的になってしまったようです。
どれだけ、自分自身が年をとっても、やはり親の面影を対象化することはなかなか難しいものです。
オカピー
2009年05月13日 02:23
kimion20002000さん、こんばんは。

僕も似たようなものですね。
両親とも健在ですので、kimionさんような感慨はまだありませんが、30年前に大いに迷惑を掛けた記憶が昨日のように思い出されて、思わず涙を流しました。
とてもあれから30年も経ったとは思えず、進歩しない自分が歯がゆく感じております。
シュエット
2009年05月13日 09:40
おはようございます。
これは女性と男性でちっと受け止め方違うみたい。
私はいやだなぁ。息子に手を引かれるなんて!
ゴメンね、なんだかマザコン映画みたいで、私も息子いるけれど、なんか、こんな母と息子の物語って生理的に受け付けないです(笑…しかない)
オダギリジョーとオトンこと小林薫が洗面所でのツーショットなんかはいいなって思うけど…そんな、いいなって思うようなシーンなどはいくつかあるけれど…
やはり大阪育ちの私と、地方との違いかなって気もする。大学時代でも大阪とか東京とか都市人間と、地方からの人って、違ったなって思う。帰省する時はお土産なんか買ってたしね。
友人にボタ山出身の人がいて、未だに原風景として残っているって。
そういう意味では、親子の情愛も含め、地方の方がそうした原風景があるんでしょうね。冒頭の幼い頃の映像を観ていてもそう思ったわ。
これは男にはたまらなく郷愁を誘う映画なんだろうね。

P様の学制時代を垣間見させていただきして、これも面白い。
オカピー
2009年05月14日 01:59
シュエットさん、こんばんは。

そんなもんですかねえ。
自分では母親の手を引くことはできないと思うから、あのショットに涙が出たのではないかと思います。

自分の親父を含めて尊敬できる父親が少なく、母親は多いと思います。
一回の家庭サーヴィスすらしたことがなく、寝ているだけで向上心がゼロの父親しか知らない僕には、映画の中の父と息子の良好な関係くらい嘘っぽいものはないです。それと映画の評価はまた別にしていますけどね。

>郷愁
今僕は人生始まって以来のノスタルジー病にかかっています。現状に相当幻滅しているのでしょう。

>学生時代
ふーむ、他の大学の学生に比べたら勉強もしたけれど、映画も観ましたねえ。
映画評論で飯は食えないと解っていましたから、その方面には進みませんでしたが。

しかし、時間が経つのは早い。
アパートを引き払った時の光景が昨年くらいのことのように記憶されています。
人間はまるで成長していない。困ったものです。

この記事へのトラックバック

  • 東京タワー オカンとボクと、時々オトン/オダギリジョー

    Excerpt: 大泉洋くんのTVドラマスペシャル版、もこみち君の月9ドラマ版と見てきたところに、この映画版となるとさすがに商魂逞しさを感じるというか、原作が感動作なだけにちょっとしつこいんじゃないかと思うんだけど、で.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-05-12 17:38
  • 東京タワー オカンとボクと,時々,オトン

    Excerpt: 母と子,そして父の小さくても大きな物語。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-05-12 17:46
  • mini review 07260「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブ.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-05-12 18:59
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(映画館)

    Excerpt: オカン、ありがとうね。 Weblog: ひるめし。 racked: 2009-05-12 20:54
  • 映画 【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】

    Excerpt: 試写会にて「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキーの大ベストセラーとなった同名小説の映画化。 この映画を「泣ける」と思って見に来る人はある意味肩透かしを食うかもしれない。こ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-05-12 21:30
  • 映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

    Excerpt: 親ってそうなんだよね・・なんの楽しみがあったのだろう、なんのために生きてきたのだろう、人生って一体なんだったのだろう、ただ子供のために生きて死ぬ・・ ボク(オダギリジョー)が幼い頃、.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-05-13 00:12
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: 「リアップ」って効果あるのかなぁ? いやいや、これはやっぱり泣けましたぁ~。 特番ドラマを観て大泉洋が良かったし、映画はもうスルーしようかな~と思ってましたけど、ちょうど時間が合ったの.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-05-13 09:07
  • 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

    Excerpt: 2007年/142分/日本 at:ミッドランド・スクエア・シネマ(名古屋) 210万部を超える空前のベストセラーとなったリリー・フランキーの同名自伝小説の映画化。 映画に先行してテレビで.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-05-13 09:41
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: ぶどうとパン・・・{/fuki_cute/} Weblog: シャーロットの涙 racked: 2009-05-13 16:17
  • 114「東京タワー、オカンとボクと、時々、オトン」(日本)

    Excerpt: いつか必ず来る日  1960年代九州小倉に住んでいた〝ボク〟。自由気ままな〝オトン〟に愛想をつかした〝オカン〟はボクを連れて実家へと帰る。  やがて成長したボクは大分の高校へ、そして東京の美大へと.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-05-13 23:42
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    Excerpt: この作品、沢山映像化されてますが未見です。 本は読みました。 映画館客層は、意外にもかなり年齢層が高かったです。 1960年代。 3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、 .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-05-19 00:29
  • 東京タワー(感想122作目)&疾風伝&メイド刑事

    Excerpt: 東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で 結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ 内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの親子で 主人公が3歳から大学に.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-07-11 14:27
  • 「東京タワー」リリー・フランキー

    Excerpt: 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~扶桑社 2005-06-28売り... Weblog: 凪~小説・写真サイト~ 小説・映画などのレビュー racked: 2009-10-23 23:22