映画評「エリザベス ゴールデン・エイジ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2007年イギリス映画 監督シェカール・カプール
ネタバレあり

「青ひげ」のモデルになったと言われるヘンリー8世から彼が二番目の妻アン・ブーリンに産ませたエリザベス1世にかけての英国歴史絵巻は人間の業がよく現れ、権謀術数が渦巻いて大変面白いので色々な映画が取り上げている。エリザベス1世が主役となるものではジーン・シモンズ主演の「悲恋の女王エリザベス」と10年ほど前に公開された「エリザベス」が代表的なところで、本作は後者の後日談を描く正統な続編であるが、こういう歴史ドラマの続編が10年近いスパンを経て作られるのは珍しい。

画像

男性との幸福を捨てて女王になったエリザベス(ケイト・ブランシェット)が、海賊問題で協力をしなかった為に、スペイン王フェリペ2世から宣戦布告され、1588年“アルマダの海戦”でスペインの無敵艦隊を退ける。

実際の戦いでは大した活躍をしなかった探検家・軍人サー・ウォルター・ローリーがエリザベスの恋心をくすぐる重要人物として登場してくるのは、本作では副次的な要素として扱われているものの直接の開戦原因となった【海賊問題】を実感を伴うように表現する為だろう。

画像

世界の海の覇権を巡って戦ったこの海戦で見えてくるのは、ヘンリー8世の離婚問題から始まる両国の宗教的対立。
 ご存知のように8世はアン・ブーリンの前の妻キャサリン・オブ・アラゴン(アラゴンはカスティーリャと共にスペインを構成する国)との離婚を巡ってバチカンと対立して英国国教を起こした経緯があり、カトリックの本山バチカンの理解では庶子に過ぎないエリザベスが女王であることが面白くないカトリック信者であるフェリペ2世がスコットランド女王メアリー・スチュワート(サマンサ・モートン)を利用して戦争を起こす、というのが見かけ上の図式である。

画像

その流れの中でエリザベスは従妹でもあるメアリーを暗殺企てのかどで処刑せざるを得なくなり、この辺りの苦悩も史実に沿って描かれるが、実際には【海賊問題】【宗教問題】などが複合して開戦に至ったと思えば間違いない。学校の教科書より解り易いですなあ。

それだけでは映画として物足りないというので扱われるのがエリザベスの人間性。彼女が独身を貫いた理由は、政略結婚が当たり前の時代における巧妙な戦略だったと推察されるのだが、映画ではその手の仮説に走らずに、結婚できない彼女が同じ名前を持つ侍女エリザベス・スロックモートン(アビー・コーニッシュ)を【代理の冒険者】として活躍させるのに反比例して本人の孤独が増していくという辺りを華麗な演出で積み重ねる箇所があり、個人的内面も多少は楽しめる構成になっている。

画像

スペクタクルとしての一番の見せ場は言うまでもなく“アルマダの海戦”での戦闘だが、意外と具体性を欠いてさほど感心しない。船団の大部分はCGと思われるが、その是非はともかく手に汗を握る前に終ってしまう感じである。大昔のラオール・ウォルシュ辺りならもっとダイナミックに捌くだろうとなんてことを言っても“ないものねだり”になってしまうが、この辺りに関して重量感より華麗なタッチが得意そうなシェカール・カプールは畑違いの感強し。

演技陣ではケイト・ブランシェットの迫力に尽きる。

ジョン・レノンが"I'm so tired"で「いまいましいサー・ウォルター・ローリーめ」と歌った理由が解りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月03日 00:53
こんばんは。
>10年近いスパンを経て
更に10年後位に晩年を描く続編が出来たら面白いですね。
歴史に疎いので、映画になるような出来事があったかどうか知りませんが・・・
オカピー
2009年03月03日 02:33
hashさん、こんばんは。

>更に10年後位に晩年を描く続編が出来たら面白いですね。
映画製作という意味において面白いですね。

史実を考えると、イギリスの黄金時代を築くところまで来てしまったので、エリザベス中心では余りネタがないと思います。
シュエット
2009年03月04日 11:35
豪華絢爛というところでは本作は楽しめた作品かとも思うけれど、やはり前作「エリザベス」と比べると、私としてはどんと評価は下がりました。ひたすらケイト頼みの作品かと…
その中で意外や クライヴ・オーウェンが良くって、彼を改めて見直しました。
彼はイギリスの俳優だったんですね。どうりで!って思いました。彼もなかなか作品に恵まれていない。
オカピー
2009年03月05日 02:00
シュエットさん、コメント有難うございます。

今回は歴史ドラマとして、世界史の教科書代わりに楽しみました。
歴史の授業もこうして映画で観せてもらえば解り易くて良いでしょうね。^^

私生活面も繋ぎ的に取り上げられていましたが、余り史実を曲げるわけにも行かないので、あの程度に仕立てるしかなかったんでしょう。

>オーウェン
英国的なムードですね、さすがに。
出自は隠せない(誰も隠してない?)ものです。

この記事へのトラックバック

  • エリザベス:ゴールデン・エイジ

    Excerpt: 敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・.. Weblog: to Heart racked: 2009-02-27 15:53
  • 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

    Excerpt: 1585年、女王としてイングランドを治めるエリザベス1世(ケイト・ブランシェット)。揺るぎない 信念で王の威厳を保っていたが、依然国内外でカトリックを信奉するものたちの謀略が渦巻いて いた。中でも、欧.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-02-27 15:57
  • 映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】

    Excerpt: 映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送って.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-02-27 16:51
  • エリザベス:ゴールデン・エイジ/ケイト・ブランシェット

    Excerpt: どちらかというとエリザベス女王よりもスペインの無敵艦隊のほうに興味があったりして楽しみにしてました。劇場予告編での無敵艦隊の映像にもちょっとゾクゾクしちゃった。それにしてもケイト・ブランシェットの女王.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-02-27 17:09
  • ★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

    Excerpt: やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30~のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-02-27 23:42
  • エリザベス~ゴールデンエイジ

    Excerpt: 豪華絢爛の黄金期へ Weblog: シャーロットの涙 racked: 2009-02-28 00:21
  • エリザベスゴールデン・エイジ(映画館)

    Excerpt: 敵は、外にも中にも――― そして私の心にも。 Weblog: ひるめし。 racked: 2009-02-28 12:37
  • エリザベス ゴールデン・エイジ

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年2月16日 公開 そうです私、カツラですけど・・・・・・何か? やっぱりね! 最初から"おもちゃ屋"よりも".. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-03-01 15:13
  • 43「エリザベス ゴールデン・エイジ」(イギリス)

    Excerpt: 女として、王として  25歳でイングランド国王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の意志を継ぎ、プロテスタントの女王として即位したが、国内には多くのカトリック信者がおり、不安と憎悪が渦巻いていた。.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-03-02 00:43
  • エリザベス ゴールデン・エイジ

    Excerpt: Elizabeth: The Golden Age (2007年) 監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、クライブ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ “ヴァージン・クィーン”の.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2009-03-03 00:49
  • エリザベス ゴールデン・エイジ

    Excerpt: 私の名前はエリザベスよ!と言ったのは山田花子・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2009-03-03 12:39
  • 「エリザベス ゴールデン・エイジ」

    Excerpt: ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 2007年/イギリス/114分 at:TOHOシネマズ梅田 25歳で、突然にイングランド国王の座に担ぎ上げられたエリザベス女王を描いた.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-03-04 11:09
  • 【映画感想】エリザベス:ゴールデン・エイジ(ケイト・ブランシェット)[2009-049]

    Excerpt: 前作以上にエリザベス女王の孤独と苦悩に焦点を当てた続編。彼女の失脚を狙うカトリック教徒たちの暗躍などのエピソードも描かれますが、前作ほど王室内のドロドロとした人間関係などが描かれていなくて、あっさりと.. Weblog: 映画+小説+家族=MyLife racked: 2009-04-19 23:55
  • エリザベス:ゴールデン・エイジ

    Excerpt: この記事は、姉妹ブログ『写真と映画のブログ』『映画と写真のブログ』から転載されたものです。 エリザベス:ゴールデン・エイジ 1585年のヨーロッパは、二つの宗教が対立する時代だった。 .. Weblog: モノクロのアニメ racked: 2009-09-19 16:24